シラバス Syllabus

授業名 デザイン思考と経営戦略
Course Title Design thinking and management strategy
担当教員 Instructor Name 土屋 繼(Kei Tsuchiya)
コード Couse Code NUC524_N22A
授業形態 Class Type 講義 Regular course
授業形式 Class Format On Campus
単位 Credits 2
言語 Language JP
科目区分 Course Category 専門教育科目 / Specialized Subject
学位 Degree BBA
開講情報 Terms / Location 2022 UG Fushimi Term2

授業の概要 Course Overview

本学の教育ミッションを具現化する形で設定されています。
デザイン思考とは何か?そしてデザイン思考をどのように経営に取り入れるべきか。
デザイン思考を経営に生かした先進事例の議論を通じて、自社の問題解決や新規事業開発に適応するための示唆を得る。
本科目を学ぶことで、学生はデザイン思考の内容とその思考を使った経営とは何かを知ることができる。

It has been established in a way that embodies the educational mission of the university.
What is "design thinking"? And how should design thinking be incorporated into management?
Learn from advanced examples that made use of design thinking in management and get suggestions to adapt to their problem solving.
By studying this course, students will be able to know what design thinking is and what management using this thinking is.

本授業の該当ラーニングゴール Learning Goals

*本学の教育ミッションを具現化する形で設定されています。

LG2 Diversity Awareness
LG3 Ethical Decision Making
LG4 Effective Communication

受講後得られる具体的スキルや知識 Learning Outcomes

デザイン思考の基本的な知識、デザイン思考を経営に生かすための多様な視点

understand what design thinking is, adapt design thinking to own problem solving.

SDGsとの関連性 Relevance to Sustainable Development Goals

Goal 4 質の高い教育をみんなに(Quality Education)

教育手法 Teaching Method

教育手法 Teaching Method % of Course Time
インプット型 Traditional 20 %
参加者中心型 Participant-Centered Learning ケースメソッド Case Method 70 %
フィールドメソッド Field Method 10 %
合計 Total 100 %

学習方法、レポート、課題に対するフィードバック方法 Course Approach, Report, Feedback methods

本講義は、全日程をケースメソッドならびにワークショップで実施します。
使用ケースの提示と同時にレポートに関するアサインメントも提示します。
履修の前提条件として、1ケースあたり最低3時間の予習を行うものとします。
各ケースでのディスカッション後、簡単な解説時にディスカッションにおける発言のフィードバックを行います。

授業スケジュール Course Schedule

第1日(Day1)

セッション1
テーマ:イントロダクション
ケース:海森市民病院2019(A)
概 要:「デザイン思考」とは何か?についてクラスディスカッションをします。
そもそもデザイン思考がどういう思考なのか、その特徴や捉え方についてディスカッションすることでその理解を深めます。

セッション2
テーマ:デザイナー的な思考を考察する①
ケース:動画ケース(講義時に投影します)
概要:動画ケースを利用し、デザイナー的であり、実践的な思考がどのようなものなのかディスカッションします。そしてそういった思考プロセスを考察することでデザイン思考に関する理解をより深めます。

セッション3
テーマ:デザイナー的な思考を考察する②
ケース:庭師のように考える(A)(B)
概 要:セッション2に続きデザイン思考に関する理解をディスカッションを通じて多角的に深めます。


●使用するケース
海森市民病院2019(A) nucb
当日投影:動画ケース
庭師のように考える(A)(B) 講師オリジナル

第2日(Day2)

セッション4
テーマ:デザイン思考から生まれたアイディアを企業活動に取り込むには
ケース:「フェーズ・ゼロ:IDEOによる新サービスの導入(A)」
概 要:デザイン思考から生まれたアイディアがどのように企業活動の中で取り扱われるのかディスカッションを通じて考察します。

セッション5
テーマ:デザイン思考から生まれたアイディアを企業活動に取り込むには(続き)
ケース:講義内で配布
概 要:セッション4を踏まえ、ディスカッションを継続します。

セッション6
テーマ:デザイン思考の実践
ケース:サムスン:デザイン思考から何を得たのか
概要:実際にデザイン思考を実践するプロセスやその土壌づくりについてディスカッションし、考察します。


●使用するケース
「フェーズ・ゼロ:IDEOによる新サービスの導入(A)」CCJB-HBS-70097-02
「サムスン:デザイン思考から何を得たのか」Diamond Harvard Business Review, April 2016, P.40-49

第3日(Day3)

セッション7
テーマ:デザイン経営とは何か①
ケース:デザインにぴんとこないリーダーたちのための”デザイン経営”ハンドブック 特許庁
概 要:デザイン経営とはどういうものなのか?ケースを通じてその特徴を議論します。

セッション8
テーマ:デザイン経営とは何か②
ケース:N26 ドイツ チャレンジャーバンク(A)
概 要:デザイン経営とはどういうものなのか?ケースを通じてその特徴を考察します。

セッション9
テーマ:デザイン経営とは何か③
ケース:セブン銀行(A)
概要:引き続きデザイン経営についてケースを通じてディスカッションします。

●使用するケース
デザインにぴんとこないリーダーたちのための”デザイン経営”ハンドブック 特許庁
N26 ドイツ チャレンジャーバンク(A)
セブン銀行(A)

第4日(Day4)

セッション10
テーマ:デザイン経営とは何か④
ケース:「D.BRAIN:差別化とは何か」
概 要:デザイン経営について具体的に何を考えるべきなのか、ケースを通じてディスカッションします。

セッション11
テーマ:デザイン経営とは何か⑤
ケース:講義内で配布
概 要:引き続きデザイン経営について具体的に何を考えるべきなのか、ケースを通じてディスカッションします。

セッション12
テーマ:デザイン経営とは何か⑥
ケース:「ウーバー:世界の移動手段を変革する」
概 要:プラットフォーマーのデザイン経営とはどういうものなのか?ウーバーのケースを通じてその特徴を考察します。



●使用するケース
「D.BRAIN:差別化とは何か」講師オリジナル
「ウーバー:世界の移動手段を変革する」CCJB-HBS-16011-02

第5日(Day5)



第6日(Day6)



第7日(Day7)



成績評価方法 Evaluation Criteria

*成績は下記該当項目を基に決定されます。
*クラス貢献度合計はコールドコールと授業内での挙手発言の合算値です。
講師用内規準拠 Method of Assessment Weights
コールドコール Cold Call 0 %
授業内での挙手発言 Class Contribution 70 %
クラス貢献度合計 Class Contribution Total 70 %
予習レポート Preparation Report 30 %
小テスト Quizzes / Tests 0 %
シミュレーション成績 Simulation 0 %
ケース試験 Case Exam 0 %
最終レポート Final Report 0 %
期末試験 Final Exam 0 %
参加者による相互評価 Peer Assessment 0 %
合計 Total 100 %

評価の留意事項 Notes on Evaluation Criteria

積極的な授業参加が求められる一方で、他人の意見を聞く姿勢が問われます。

使用ケース一覧 List of Cases

    ケースは使用しません。

教科書 Textbook

  • なし「なし」なし(なし)

参考文献・資料 Additional Readings and Resource

「デザイン思考が世界を変える」ティム・ブラウン 早川書房 2014 ISBN 978-4150-5040-7
「実践 デザイン・シンキング」日経デザイン 編 日経BP社 2014 ISBN 978-4-8222-6494-9

授業調査に対するコメント Comment on Course Evaluation

色々な思考を考察することができた、様々な意見が飛び交い勉強になった、という肯定的なコメントがある一方、分量が多い、難易度が少し高い、などのコメントがありました。
経営戦略と授業名にあるように学生の皆さんには馴染みがないことが多く、そのようなコメントになったかと思いますが、学部の授業とは言え、皆さんが社会に出る時に多少は役に立つであろう授業内容を設計していますので、大きく変更する予定はありません。

担当教員のプロフィール About the Instructor 

慶應義塾大学経済学部卒業、慶應義塾大学大学院経営管理研究科修士課程修了(MBA)。
米国コンサルティングファーム A.T.カーニーを経て、1999年よりベンチャー業界に従事。パッケージソフトウェア・ク ライアント端末・半導体・ネットワーク・Webメディア・携帯コンテンツなど、日本市場における広義のIT業界に幅広く関わり、2度のIPOを経験。
東証1部上場サイボウズ株式会社子会社代表を経て、2011年よりインテリアデザイン・内装業界に転身し、総合内装会社の代表取締役に就任。2014年
に広告代理店大手博報堂の傘下に入り、2016年6月に退任。2016年よりスタートアップ界隈に復帰し、現在、株式会社黒鳥社・株式会社承継代表取締役の他、業界を問わず数社の役員を務める。ビジネスモデル学会プリンシパル。
また昨年秋より大阪に本社を構える、創業四十数年となる日本サインの社長執行役に就任、事業再生にも携わる。

BA in economics from Keio University and MBA from Keio Business School.
After working at the US consulting firm A.T. Kearney, he has been involved in the start-up business since 1999. He has been involved in a wide range of IT industries in the Japanese market, including package software, client terminals, semiconductors, networks, Web media, and mobile phone apps, and has twice experienced IPO.
After working as a representative of a listed subsidiary of Cybozu Co., Ltd. on the Tokyo Stock Exchange, he turned into the interior design and interior industry in 2011 and assumed the position of representative director of a comprehensive interior company. In 2014 his company was acquired by Hakuhodo, a major advertising agency, and retired in 2016. After that, he returned to the start-up area and currently serves as the director of blkswn publishers, Inc. and also is engaged in several companies as a director.
In addition, he was appointed as the President and Chief Executive Officer of Nippon Sign, which was established more than 40 years ago and has its headquarters in Osaka.







ページ上部へ戻る