シラバス Syllabus

授業名 アカデミックライティング
Course Title Academic Writing
担当教員 Instructor Name 竹内 伸一(Shinichi Takeuchi)
コード Couse Code NUC508_N22A
授業形態 Class Type 講義 Regular course
授業形式 Class Format On Campus
単位 Credits 2
言語 Language JP
科目区分 Course Category 専門教育科目 / Specialized Subject
学位 Degree BBA
開講情報 Terms / Location 2022 UG Fushimi Term1

授業の概要 Course Overview

本科目は、リーダー行動の原点となる「話す」「書く」のうち、「書く」に焦点を当てる。
高校時代に培った作文スキルを、大学生にふさわしいアカデミックライティングスキルに発展させる。
本科目を履修した学生が、1)論理構造、2)語彙、3)語法、において、大学1・2年生が書く文章に求められる水準をクリアできるようになること。

This course focuses on "writing" out of "speaking" and "writing", which are the starting points of leader behavior.
This course make students' composition skills they had developed in high school develop into the academic writing skills appropriate for university students.
Students who take this course should be able to meet the standards required of first- and second-year university students in terms of 1) logical structure, 2) idioms, word usage, and grammar, 3) vocabulary.

本授業の該当ラーニングゴール Learning Goals

*本学の教育ミッションを具現化する形で設定されています。

LG1 Critical Thinking
LG4 Effective Communication

受講後得られる具体的スキルや知識 Learning Outcomes

- 論理構造を伴った文章が書ける。
- 大学生が用いるにふさわしい語彙および語法を獲得している。
- よい文章とそうでない文章を識別でき、そうでない文章を適切に推敲できる。

- To be able to write sentences with a logical structure
- To acquire vocabulary, idioms, word usage, and grammar of a level appropriate for university students
- To distinguish the difference between good and bad writing and be able to revise bad one appropriately

SDGsとの関連性 Relevance to Sustainable Development Goals

Goal 4 質の高い教育をみんなに(Quality Education)

教育手法 Teaching Method

教育手法 Teaching Method % of Course Time
インプット型 Traditional 20 %
参加者中心型 Participant-Centered Learning ケースメソッド Case Method 80 %
フィールドメソッド Field Method 0 %
合計 Total 100 %

学習方法、レポート、課題に対するフィードバック方法 Course Approach, Report, Feedback methods

教育手法は、講義および解説20%、ケース討議20%、演習60%で構成する。演習はクラス討議形式(一部グループ討議形式)で行う。
毎回の授業準備として、1)新聞の社説を200字に要約する作業(ワープロ可)、2)教科書の該当ページをまとめる作業(ワープロ不可・手書きのみ可)、のふたつを求める。どちらも授業終了時に紙で提出する。
1)と2)は必ずしも内容的につながりをもたないが、1)は担当教員が準備する社説の主題の流れにしたがって、2)は教科書の目次にしたがって、順番に取り上げていくことで、両者はどこかで接近し、どこかで交錯する。

提出物についてのフィードバックは、1)の社説要約レポートを毎回数名ずつ授業で取り上げ、クラス全員で推敲することを通して行う。

授業スケジュール Course Schedule

第1日(Day1)

コースオリエンテーション
社説①-1の検討と要約
社説①-2の検討と要約


●使用するケース
なし

第2日(Day2)

教科書第10章優秀作の発表とコメント
講義「レポートが求めているもの」
社説②-1の検討と要約
社説②-2の検討と要約

第3日(Day3)

教科書第11章優秀作の発表とコメント
講義「文献やインターネットからの引用の仕方」
社説③-1の検討と要約
社説③-2の検討と要約

第4日(Day4)

教科書第12章優秀作の発表とコメント
Q&A(Day1-3で積み上がった質問への回答)
社説④-1の検討と要約
社説④-2の検討と要約

第5日(Day5)

教科書第13章優秀作の発表とコメント
ケース討議「図書館に行こう!」
社説⑤-1の検討と要約
社説⑤-2の検討と要約

●使用するケース
「図書館に行こう!」(授業者オリジナル)

第6日(Day6)

教科書第14章優秀作の発表とコメント
ケース討議「社会から信頼される大学」
社説⑥-1の検討と要約
社説⑥-2の検討と要約

●使用するケース
「社会から信頼される大学」(授業者オリジナル)

第7日(Day7)

教科書第15章優秀作の発表とコメント
社説⑦-1の検討と要約
社説⑦-2の検討と要約
授業内テスト
授業改善のためのアンケート

成績評価方法 Evaluation Criteria

*成績は下記該当項目を基に決定されます。
*クラス貢献度合計はコールドコールと授業内での挙手発言の合算値です。
講師用内規準拠 Method of Assessment Weights
コールドコール Cold Call 0 %
授業内での挙手発言 Class Contribution 30 %
クラス貢献度合計 Class Contribution Total 30 %
予習レポート Preparation Report 30 %
小テスト Quizzes / Tests 30 %
シミュレーション成績 Simulation 0 %
ケース試験 Case Exam 0 %
最終レポート Final Report 10 %
期末試験 Final Exam 0 %
参加者による相互評価 Peer Assessment 0 %
合計 Total 100 %

評価の留意事項 Notes on Evaluation Criteria

上記には該当項目がないため、最終レポート(10点)と表現しているが、実際には最終レポートではなく、特別加点として10点を加算する。よって、本科目の成績評価は、予習レポート(30点)+クラス貢献(30点)+授業内テスト(30点)+特別加点(10点)で100点満点とする。

使用ケース一覧 List of Cases

    ケースは使用しません。

教科書 Textbook

  • 石黒圭「論文・レポートの基本」日本実業出版社(2012)

参考文献・資料 Additional Readings and Resource

授業では用いないが、履修者にお薦めする書籍。

本田勝一『<新版>日本語の作文技術』朝日文庫、2015年。
 ※文章作成のための伝統的教科書であり名著。

渡邊淳子『大学生のための論文・レポートの論理的な書き方』研究社、2015年。
 ※本科目の教科書にしようかと最後まで迷った本。

授業調査に対するコメント Comment on Course Evaluation

開講初年度につきコメントなし。

担当教員のプロフィール About the Instructor 

 1988年早稲田大学教育学部卒業。マツダ株式会社を経て、2004年慶應義塾大学大学院経営管理研究科修士課程修了、2011年慶應義塾大学大学院商学研究科博士後期課程単位取得退学、2015年広島大学大学院教育学研究科博士課程後期修了(博士(教育学))。2004年ケースメソッド教育研究所代表、2006年株式会社ケースメソッド教育研究所代表取締役。2006年慶應義塾大学大学院経営管理研究科特別研究助手、同講師、特任准教授を経て、2016年徳島文理大学人間生活学部教授、2018年名古屋商科大学大学院マネジメント研究科教授。
 マツダ株式会社では国内販売会社の経営管理を人材育成の側面から主導し、国内拡販プログラムとしてのMazda Sales Expansion、ならびに社内変革プログラムとしてのStrategic Initiativesに参画。当時の親会社フォードの主要ブランド6社との国内事業交流イニシアチブであるFord Exchange Programメンバーとして、米国ディアボーンでも活動した。
 現在の専門領域はケースメソッド教育で、その探求のための学問バックグランウンドは教育哲学・教育方法学・専門職教育史・教育経営学・組織行動学・管理会計学と、教育学と経営学の両面からアプローチできる立場にある。ケースメソッド教育の組織導入実績および著書・論文・記事多数。

Education:
Ph.D. in Education, Hiroshima University
MBA, Keio University
BA in Literature, Waseda University

Biography:
With dual expertise in education and business administration, Dr. Takeuchi has extensive achievements in organizational implementation of case method in both academic and business settings. Prior to pursuing an academic career, Dr. Takeuchi was actively engaged in business administration and personnel training as well as in strategic reform and exchange projects in Japan and overseas at Mazda Motor Corporation. He is also the founder and representative director of Case Method Laboratory, Inc., which specializes in capacity development through case method. His academic background ranges from philosophy of education, educational methods, history of professional education, school administration and organizational behavior to managerial accounting. He has authored a number of books, research papers and articles on case method education.

Refereed Articles

  • (2021) A Study on the Feasibility of "Exploratory Learning" : Using Case Method and Out-of-School Education System. Bulletin of the Faculty of Education, Shizuoka University. Educational research series 53 0286732X
  • (2021) An Attempt to Reconstruct ‘Moral Education Based on the Case Method of Teaching’: Based on Four Approaches: Online Class Delivery, Out-of-School Education System, Cooperation with Education NPO’s, and Student Participation in Teacher Education Programme. Bulletin of the Center for Educational Research and Teacher Development, Shizuoka University 31 13480707
  • (2021) Active learning in Japan: Breaking barriers at individual, institutional, and policy levels. Policy Futures in Education
  • (2020) The demise of active learning even before its implementation? Instructors’ understandings and application of this approach within Japanese higher education. Education Inquiry ISSN 2000-4508
  • (2020) Institutional Practices of Online Classes at Nagoya University of Commerce & Business. IDE(Institute for Development of Higher Education) 623(8): 0389-0511






ページ上部へ戻る