シラバス Syllabus

授業名 セミナー 3
Course Title SEMINAR 3
担当教員 Instructor Name 伊藤 武彦(Takehiko Ito)
コード Couse Code NUC505_N22A
授業形態 Class Type 演習 Practicum
授業形式 Class Format On Campus
単位 Credits 2
言語 Language JP
科目区分 Course Category 専門教育科目 / Specialized Subject
学位 Degree BBA
開講情報 Terms / Location 2022 UG Fushimi Spring

授業の概要 Course Overview

本科目は本学ミッションにあるようなリーダーになって生魂の基本であるロジカルに考え、コミュニケーションする力の基礎を醸成する科目です。
本科目は最終目標であるケースとノートの作成を行う中で、国際性、リーダーシップ、エシックスなど本学のミッションに関連したトピックスを確認し、完成度を高めます。
年末までにケースを作成することがこのゼミのゴールです。
そのために企業の選定、調査内容の確認、書いたもののレビューを教員とゼミ生が全員で行っていきます。
ケースとノートの完成が最終目標です。

This course aims to develop student's logical and theoretical ability with align to our school's mission.
This class will explore case development and our mission area.
This seminar aims to complete Case writing within two years. Each student needs to prepare their case presentation and other students needs to contribute them.
To achieve the above goal, participants and faculty work together for selecting case, confirming items, and reviewing written-case, in the classroom.
Completion of Case and Note development.

本授業の該当ラーニングゴール Learning Goals

*本学の教育ミッションを具現化する形で設定されています。

LG1 Critical Thinking
LG2 Diversity Awareness
LG3 Ethical Decision Making
LG4 Effective Communication

受講後得られる具体的スキルや知識 Learning Outcomes

企業分析力
問題発見力解決力
論理的記述力
プレゼンテーション&コミュニケーション力

Skill of corporate analysis
Skill of problem findings and solving
Skill of logical writing
Skill of presentation an communication

SDGsとの関連性 Relevance to Sustainable Development Goals

Goal 4 質の高い教育をみんなに(Quality Education)

教育手法 Teaching Method

教育手法 Teaching Method % of Course Time
インプット型 Traditional 0 %
参加者中心型 Participant-Centered Learning ケースメソッド Case Method 100 %
フィールドメソッド Field Method 0 %
合計 Total 100 %

学習方法、レポート、課題に対するフィードバック方法 Course Approach, Report, Feedback methods

必ず自分で何らかを調べ、発表できるように準備をすること。
そのためには図書館、ネットなどからの検索などを随時行うこと。
Participants should prepare some presentation, case or research results, on each class.
Utilize library and net-search is a valuable approach for this preparation.

授業スケジュール Course Schedule

第1日(Day1)

最初の1−3週はケースの完成、その後はノートの作成を行います。
そのあとは参加者が書いてきたケースや調べたことを発表し、それをクラス全員で診て、課題を議論します。
Week 1-3, will review to finish CASE. Then, we shall move to complete NOTE.
After week 1-3: Presentation of written case/materials, review them, and discuss the issues.

●使用するケース
ケースは使用せず、各自の作成ケースを随時議論します。

第2日(Day2)

最初の1−3週はケースの完成、その後はノートの作成を行います。
そのあとは参加者が書いてきたケースや調べたことを発表し、それをクラス全員で診て、課題を議論します。
Week 1-3, will review to finish CASE. Then, we shall move to complete NOTE.
After week 1-3: Presentation of written case/materials, review them, and discuss the issues.

●使用するケース
ケースは使用せず、各自の作成ケースを随時議論します。

第3日(Day3)

最初の1−3週はケースの完成、その後はノートの作成を行います。
そのあとは参加者が書いてきたケースや調べたことを発表し、それをクラス全員で診て、課題を議論します。
Week 1-3, will review to finish CASE. Then, we shall move to complete NOTE.
After week 1-3: Presentation of written case/materials, review them, and discuss the issues.

●使用するケース
ケースは使用せず、各自の作成ケースを随時議論します。

第4日(Day4)

上記同様参加者が書いてきたケースや調べたことを発表し、それをクラス全員で診て、課題を議論します。
Presentation of written Note/case/materials, review them, and discuss the issues.

●使用するケース
ケースは使用せず、各自の作成ケースを随時議論します。

第5日(Day5)

上記同様参加者が書いてきたケースや調べたことを発表し、それをクラス全員で診て、課題を議論します。
Presentation of written Note/case/materials, review them, and discuss the issues.

●使用するケース
ケースは使用せず、各自の作成ケースを随時議論します。

第6日(Day6)

上記同様参加者が書いてきたケースや調べたことを発表し、それをクラス全員で診て、課題を議論します。
Presentation of written Note/case/materials, review them, and discuss the issues.

●使用するケース
ケースは使用せず、各自の作成ケースを随時議論します。

第7日(Day7)

上記同様参加者が書いてきたケースや調べたことを発表し、それをクラス全員で診て、課題を議論します。
Presentation of written Note/case/materials, review them, and discuss the issues.

●使用するケース
ケースは使用せず、各自の作成ケースを随時議論します。

成績評価方法 Evaluation Criteria

*成績は下記該当項目を基に決定されます。
*クラス貢献度合計はコールドコールと授業内での挙手発言の合算値です。
講師用内規準拠 Method of Assessment Weights
コールドコール Cold Call 0 %
授業内での挙手発言 Class Contribution 100 %
クラス貢献度合計 Class Contribution Total 100 %
予習レポート Preparation Report 0 %
小テスト Quizzes / Tests 0 %
シミュレーション成績 Simulation 0 %
ケース試験 Case Exam 0 %
最終レポート Final Report 0 %
期末試験 Final Exam 0 %
参加者による相互評価 Peer Assessment 0 %
合計 Total 100 %

評価の留意事項 Notes on Evaluation Criteria

使用ケース一覧 List of Cases

    ケースは使用しません。

教科書 Textbook

  • 伊藤武彦「配布資料」オリジナル(2022)

参考文献・資料 Additional Readings and Resource

各自の課題に応じて随時

授業調査に対するコメント Comment on Course Evaluation

就職活動時期と重なるため、各自の進捗に応じて個別に対応したことが現実的でケースも就活も進めることができたというコメントがありました。

担当教員のプロフィール About the Instructor 

伊藤 武彦 Takehiko Ito
名古屋商科大学大学院 研究科長補佐 教授 The NUCB Graduate School Associate Dean/Professor
http://mba.nucba.ac.jp/research/faculty/entry.html?u_bid=145&u_eid=13107

1991年早稲田大学商学部卒業。富士総合研究所入社、ベンチャー経営、マーサー・ジャパン名古屋オフィスヘッド、同 プリンシパルを経て㈱ライトマネジメントジャパンプリンシパル。2005年より名古屋商科大学大学院にて教壇に立ち、2008年同教授。
B.A. in Waseda Univ. (1991) M.B.A. in Durham University Business School (2000) Start working at NUCB as visiting lectular from 2005 and professor from 2008
主な職歴: Career History
1992 ~ 1995  みずほ総合研究所株式会社 MIzuho Research Institute Inc.
1995 ~ 1997  株式会社日本システムデザイン Nihon System Design Inc.
1997 ~ 2007  マーサー ジャパン株式会社 Mercer Japn Co.
2001 ~ 2003   株式会社アクシアム Axiom Co.
2007 ~ 2010  ライト・マネジメント・ジャパン株式会社 RIght Management Japan Co.

Takehiko Ito is a Associate Dean/Professor of NUCB Business School and Councilor of Kurimoto Education Institute. He holds M.B.A. in Durham University Business School (U.K.) and B.A. in Waseda University (Japan). He is also a candidate of Ph.D. in Osaka University (Japan). He works approximately twenty years in business fields and had joined NUCB as a full time faculty. In business field, he achieved record breaking promotional track in Mercer, the largest human resource consulting company in the world, and Right Management, the third largest in the world. He played management role, including start-up e-recruiting company, more than twenty years and published four books in Japan. Takehiko Ito specializes leadership, sustainability, leadership development/assessment, presentation, human resource management as well as marketing heads role in the above two firms. He was also visiting professor role in South Africa, Zimbabwe, Lithuania and many guest speaker's opportunity in domestic/global conferences.

Refereed Proceedings

  • (2020). Entrepreneur Social Responsibilities in Japanese companies. Case Study of two different type of companies.. Macao University Journal and Silk Road Project .Silk Road Project hosted by Macao University. 1. 3. Macao, China
  • (2020). Sustainability in Undergraduate Business Education: Developing Talents for Our Sustainable Future. Academy of Management Proceedings .Academy of Management Annual Conference. 1. 3. Vancouver, Canada (due to COVID-19, will held through internet)
  • (2019). ESR Case Study. Silk Road Entrepreneurship Education Network .Silk Road Entrepreneurship Education Network. 1. 2. Macao, China






ページ上部へ戻る