シラバス Syllabus

授業名 セミナー 2
Course Title SEMINAR 2
担当教員 Instructor Name 加藤 和彦(Kazuhiko Kato)
コード Couse Code NUC502_N22B
授業形態 Class Type 演習 Practicum
授業形式 Class Format On Campus
単位 Credits 2
言語 Language JP
科目区分 Course Category 専門教育科目 / Specialized Subject
学位 Degree BBA
開講情報 Terms / Location 2022 UG Fushimi Fall

授業の概要 Course Overview

本科目の履修を通して、"フロンティアスピリット"を備えたイノベーティブで倫理観あるリーダーとして、ビジネス界や社会の発展をもたらす知識を創出し、アジアと世界をつなぐ能力を養成します。特に、学生自身が、スタートアップのプランを構築することで、"フロンティアスピリット"にフォーカスします。
社会人になった時に役立つ能力やスキルを、ケースライティングを通じで身につけることを目的とします。
一人の独立した社会人(ビジネスパーソン)として、生きていくことができる総合的なマインドの養成を目標にします。

Through this course, students will develop the ability to connect Asia and the world as innovative and ethical leaders with a "frontier spirit," creating knowledge that will bring about the development of the business world and society. In particular, students will focus on the "frontier spirit" by building their own start-up plans.
The purpose of this course is to help students acquire abilities and skills through case writing that will be useful when they enter the workforce.
The goal is to cultivate a comprehensive mindset that will enable students to live as independent members of society (business people).

本授業の該当ラーニングゴール Learning Goals

*本学の教育ミッションを具現化する形で設定されています。

LG1 Critical Thinking
LG2 Diversity Awareness
LG3 Ethical Decision Making
LG4 Effective Communication

受講後得られる具体的スキルや知識 Learning Outcomes

・新規ビジネスプラン策定能力
・プレゼンテーション能力
・ケースライティング(経営者視座)能力
・ディスカッション能力
・就職活動スキル
・業界俯瞰と課題抽出スキル 等

Ability to develop new business plans
Presentation skills
Case writing (management perspective)
Discussion skills
Job hunting skills
Industry overview and problem identification skills, etc.

SDGsとの関連性 Relevance to Sustainable Development Goals

Goal 4 質の高い教育をみんなに(Quality Education)

教育手法 Teaching Method

教育手法 Teaching Method % of Course Time
インプット型 Traditional 30 %
参加者中心型 Participant-Centered Learning ケースメソッド Case Method 70 %
フィールドメソッド Field Method 0 %
合計 Total 100 %

学習方法、レポート、課題に対するフィードバック方法 Course Approach, Report, Feedback methods

適時指示される課題に取り組んでください。
就職や社会に出た後の人生に役立つような課題を提示していきます。
GoogelCassroomを通じてフィードバックを行います。

授業スケジュール Course Schedule

第1日(Day1)

Term1
Wk1:Introduction/動画視聴
Wk2:業界 企業の選択・決定
Wk3:業界の課題3
Wk4:企業の課題3
Wk5:学外授業 (名古屋証券取引所)
Wk6:動画ケース(星野リゾート)
Wk7:Guest Speaker①

Term2
Wk1:新規事業提案のStory決め
Wk2:Guest Speaker②
Wk3:動画ケース(USJ)
Wk4:プレゼンテーション①
Wk5:プレゼンテーション②
Wk6:プレゼンテーション③
Wk7:総括

第2日(Day2)

演習

第3日(Day3)

演習

第4日(Day4)

演習

第5日(Day5)

演習

第6日(Day6)

演習

第7日(Day7)

演習

成績評価方法 Evaluation Criteria

*成績は下記該当項目を基に決定されます。
*クラス貢献度合計はコールドコールと授業内での挙手発言の合算値です。
講師用内規準拠 Method of Assessment Weights
コールドコール Cold Call 0 %
授業内での挙手発言 Class Contribution 50 %
クラス貢献度合計 Class Contribution Total 50 %
予習レポート Preparation Report 50 %
小テスト Quizzes / Tests 0 %
シミュレーション成績 Simulation 0 %
ケース試験 Case Exam 0 %
最終レポート Final Report 0 %
期末試験 Final Exam 0 %
参加者による相互評価 Peer Assessment 0 %
合計 Total 100 %

評価の留意事項 Notes on Evaluation Criteria

※シラバスや評価方法は、予告なく変更することがあります。

使用ケース一覧 List of Cases

    ケースは使用しません。

教科書 Textbook

  • -「会社四季報 業界地図 2022年版 」東洋経済新報社(2021)978-4492973301
  • -「日経 業界地図 2022年版 」日本経済新聞出版(2021)978-4532324223

参考文献・資料 Additional Readings and Resource

上記教科書は、どちらか1冊だけ購入してください。


<参考図書>
山本康正「2025年を制覇する破壊的企業」SB新書(2020)ISBN:978-48156-07593

都度、紹介します。

授業調査に対するコメント Comment on Course Evaluation

担当教員のプロフィール About the Instructor 

●学位  博士(商学)早稲田大学

●研究分野 
 経営戦略 経営情報論 国際経営戦略 ベンチャービジネス論

●主論文
 A Study of Network Effects in the Platform Products’ Strategy ―How Platform Providers Take Dominant Positions
 in Multi-Homing Situations― 日本経営学会 経営学論集 第86集(Web版) 2016年6月
 階層介入型プラットフォーム製品戦略の考察~事例にみる戦略の効果と課題~ 経営システム学会誌 Vol.30(No.3) 2014年3月
 コンピュータ・ソフトウェアの階層介入戦略の考察 日本経営学会誌(第32号) 2013年11月  

●著書
 IoT時代のプラットフォーム競争戦略 加藤 和彦 中央経済社 2016年1月 ISBN:978-4502174711

●Academic degree

MA in International Studies (The University of Sydney)
MBA (BOND University)
Ph.D.(Waseda University)

●Research Field
Business Strategy, Information Technology, International Business, Entrepreneur

●Main articles in English
A Study of Network Effects in the Platform Products' Strategy -How platform providers take dominant positions in multi-homing situations-, No.86, Japan Academy of Business Administration, 2016
A Study of layer intervention platform products' strategy-The dominant mechanism and strategic indication by referring to Java and VMware cases-,Proceedings in IFSAM 2014 World Congress in Tokyo, 2014

●Main book
Platform competitive strategy in the IoT era, Kazuhiko Kato, Chuokeizaisha, 2016

Refereed Articles

  • (2021) Consideration of effectuation and causation on the process of new business development - Through the examples of Western digital and NVIDIA -. The Development Engineering Society of Japan 1343-7623
  • (2021) Successes and challenges of HORIBA's business development based on effectuation. The Development Engineering Society of Japan 1343-7623
  • (2021) Research on network effect promoting factors in platform strategy for creating movable estate ― Consideration from MaaS case of MONET Technologies Inc. ―. BMA Journal 21(1): 2432-1850
  • (2020) “Movable Estate” creation strategy and issues in MaaS(Mobility as a Service) - An observation through a case of the alliance of Toyota Motor Corporation and Softbank Corp. -. The Development Engineering Society of Japan 1343-7623
  • (2020) Background of the automotive industry's smart city strategy and the merits and demerits of the WTA (Winner takes all) - Observations from Toyota's Woven City case study -. The Development Engineering Society of Japan 1343-7623

Refereed Proceedings

  • (2017). A study of the two-sided platform strategy in the sharing economy. Proceedings of JAMS International Conference on Business & Information 2017 (ICBI2017) .ICBI:International Conference on Business & Information. 1. 2. Seijoh University
  • (2014). A study of layer intervention platform products' strategy―The dominant mechanism and strategic indication by referring to Java and VMware cases―. Proceedings of the 12th World Congress of IFSAM, Tokyo, Japan .IFSAM 2014 World Congress in Tokyo. 1. 2. Meiji University






ページ上部へ戻る