シラバス Syllabus

授業名 租税法入門
Course Title Introduction for Tax Law
担当教員 Instructor Name 竹内 茂樹(Shigeki Takeuchi)
コード Couse Code NUC294_N22A
授業形態 Class Type 講義 Regular course
授業形式 Class Format On Campus
単位 Credits 2
言語 Language JP
科目区分 Course Category 専門教育科目300系 / Specialized Subject 300
学位 Degree BSc
開講情報 Terms / Location 2022 UG Nisshin Spring Intensive

授業の概要 Course Overview

税に関する基礎知識を幅広く学ぶことにより、幅広いビジネス関連知識を持ったビジネスリーダーを育てます。
そして、合理的なビジネス構築、ひいてはビジネス社会の発展をもたらす知識の創出に貢献できるグローバル人材を育てます。法令順守や倫理観の保持は必須の条件です。
ビジネスで取引を行うに当たっては、税の存在を抜きに考えることはできません。また、皆さん個人としても、人生の節目節目(就職、医療費、相続、年金)で税の問題に直面するはずです。そこで授業では、我が国における租税の基本的な事項について幅広く学ぶとともに、可能な限り、皆さんが社会に出たときに直接役に立つような情報を提供したいと考えています。
我が国税制の基本的事項を理解するとともに、具体的な場面で利用できる知識の獲得を目指します。

Through learning overall basic tax knowledge, we will develop business leaders with a wide range of business-related knowledge.
We will develop global human resources who can contribute to the creation of knowledge that leads to rational business construction and, consequently the development of the business society. Compliance with laws/regulations and ethical standards are essential.
When you are doing business transactions, the existence of taxes is definitely needed to be considered. As an individual, you will also face tax problems at milestones in your life (such as getting employed, paying medical expense, inheritance, or receiving pension benefit). In the class, students will study basic concepts and calculations of taxes in our country, and also acquire practical information that is directly useful when you go out into society as much as possible.
Students will understand the basic tax matters of Japan's tax system, and we aim to obtain the practical knowledge that can be used in concrete situations.

本授業の該当ラーニングゴール Learning Goals

*本学の教育ミッションを具現化する形で設定されています。

LG1 Critical Thinking
LG4 Effective Communication
LG5 Business Perspectives (BSc)

受講後得られる具体的スキルや知識 Learning Outcomes

・税務執行に関する基礎知識
・社会に出てから役立つ税の基礎知識(所得税、法人税、相続・贈与税、消費税)

・Basic knowledge about tax enforcement systems
・Basic knowledge about variolus taxes useful after graduation

SDGsとの関連性 Relevance to Sustainable Development Goals

Goal 4 質の高い教育をみんなに(Quality Education)

教育手法 Teaching Method

教育手法 Teaching Method % of Course Time
インプット型 Traditional 40 %
参加者中心型 Participant-Centered Learning ケースメソッド Case Method 60 %
フィールドメソッド Field Method 0 %
合計 Total 100 %

学習方法、レポート、課題に対するフィードバック方法 Course Approach, Report, Feedback methods

教科書として指定した「『税金』のしくみとルール(改訂新7版)」を基本に、必要に応じ、教員作成のレジュメや資料で補足をしていきます。また、授業ではアクティブラーニングを基本とし、授業スケジュールに沿った予習課題を設定しレポートを提出してもらいます。参考文献で指定した税務大学校講本も参考になるはずです。

授業スケジュール Course Schedule

第1日(Day1)

《税一般》
・税とは何か / 身近な税
・我が国の税収規模 / 徴税組織 /節税と脱税 ☛【映画等で描かれた税】
・租税の成立過程

《個人所得税》
・個人所得税の仕組み・計算(+住民税等の地方税について)

●使用するケース
・授業範囲に係るケース

第2日(Day2)

《個人所得税》
・就職(源泉徴収票)、住宅購入、年金
・確定申告書の作成(還付申告等)

《法人税》
・法人税の仕組み・計算(+事業税・法人住民税等の地方税について)
・決算利益と課税所得 ☛【大企業の課税報道】
・確定申告書

●使用するケース
・授業範囲に係るケース

第3日(Day3)

《法人税》
・優遇税制
・法人と個人事業者の比較

《相続税・贈与税》
・相続税の仕組み・計算
・贈与税の仕組み・計算
・財産の評価(路線価等)
・相続時精算課税
・相続税対策

●使用するケース
・授業範囲に係るケース

第4日(Day4)

《消費税》
・新しい消費税の仕組み(インボイス制度)

《その他の税》
《まとめ講義》

【期末試験】

●使用するケース
・授業範囲に係るケース

第5日(Day5)



第6日(Day6)



第7日(Day7)



成績評価方法 Evaluation Criteria

*成績は下記該当項目を基に決定されます。
*クラス貢献度合計はコールドコールと授業内での挙手発言の合算値です。
講師用内規準拠 Method of Assessment Weights
コールドコール Cold Call 10 %
授業内での挙手発言 Class Contribution 40 %
クラス貢献度合計 Class Contribution Total 50 %
予習レポート Preparation Report 0 %
小テスト Quizzes / Tests 0 %
シミュレーション成績 Simulation 0 %
ケース試験 Case Exam 0 %
最終レポート Final Report 0 %
期末試験 Final Exam 50 %
参加者による相互評価 Peer Assessment 0 %
合計 Total 100 %

評価の留意事項 Notes on Evaluation Criteria

レポート/プレゼン資料等で引用が必要な場合には、引用ルールに従って明示をお願いいたします。盗用・剽窃については採点しません。

使用ケース一覧 List of Cases

    ケースは使用しません。

教科書 Textbook

  • 梅田泰宏「「税金」の仕組みとルール(第7版)」フォレスト出版(2021)
  • 竹内茂樹「教員準備レジュメ・資料等」()

参考文献・資料 Additional Readings and Resource

・国税庁税務大学校講本
「税法入門」「所得税法」「法人税法」「相続税法」「消費税法」
(以下のサイトから無料でDLできます)
https://www.nta.go.jp/about/organization/ntc/kohon/index.htm

授業調査に対するコメント Comment on Course Evaluation

(初年度担当科目)

担当教員のプロフィール About the Instructor 

【資格・学歴等】
三重県出身
米国公認会計士(ワシントン州)、税理士
一橋大博士(経営法)、筑波大修士(International Business)
日本税法学会、租税訴訟学会、日本税務会計学会所属

Academic history and qualifications:
・Born in Mie Prefecture
・CPA (State of Washington), Japanese certified tax accountant
・Member of the Japan Tax Jurisprudence Association and the Society of Tax Litigation
・PhD in Business Law, Hitotsubashi University
・Master’s in International Business, Tsukuba University



(実務経験 Work experience)

【主な職歴】
・国税庁国際業務課主査(条約に基づく情報交換)、国税庁派遣インドネシア駐在、東京国税局国際情報第一課課長補佐(移転価格調査担当)、東京国税不服審判所審査官(国際課税事件担当)などを歴任。他に、税務相談室、税務大学校研究部、財務省国際局
・移転価格関連では、東京国税局で、移転価格調査、事前確認審査、事務運営指針策定、調査事務全般の運営経験を有する
・2011年、EY税理士法人に入所後は、多くの移転価格調査対応案件を成功裏に導くとともに、APA、移転価格ポリシー・ 文書化等を提案し担当している。また、通常の法人税調査での寄附金課税(国外関連者関連)に係る税務調査への対応 も数多い
・書籍、雑誌等への寄稿も多い


Summary:
・In the past, Shigeki has served as the Assistant Director of the International Operations Division (in charge of information exchange) of the NTA, an expatriate dispatched from the NTA to Indonesia, the Deputy Director of the Transfer Pricing Division of the Tokyo Regional Taxation Bureau (in charge of transfer pricing audits) and an Examiner at the Tokyo Regional Tax Tribunal (in charge of international taxation cases). Other than the above, he has also worked at the International Bureau of the Ministry of Finance, National Tax College, etc.
・In the field of transfer pricing, he has experience working at the Tokyo Regional Taxation Bureau by having engaged in transfer pricing audits, APAs, the formulation of administrative guidelines and audit administration.
・Since joining EY Tax in 2011, not only has he led many transfer pricing audit cases to success, but he has proposed and been in charge of APA and transfer pricing policies and documentation. He has also supported many clients in their response to tax audits relating to donation tax issues (relevant to foreign related parties) found during corporate tax audits.
・A lot of articles.

Refereed Articles

  • (2021) The characteristic of the Japanese transfer pricing regulations and corporate behaviors. Hitotsubashi University






ページ上部へ戻る