シラバス Syllabus

授業名 生徒・進路指導論
Course Title Student and Career Guidance Theory
担当教員 Instructor Name 磯部 征尊(Masataka Isobe)
コード Couse Code NUC285_N21A
授業形態 Class Type 講義 Regular course
授業形式 Class Format Live Virtual
単位 Credits 2
言語 Language JP
科目区分 Course Category 教職課程科目 / Teacher Training
学位 Degree BSc
開講情報 Terms / Location 2021 UG Nisshin Spring Intensive

授業の概要 Course Overview

本科目は,Mission Statementの「イノベーティブで倫理観あるリーダーの育成」との関連性が極めて強い。
 暴力行為、少年非行、不登校、いじめなど生徒の問題行動は依然として深刻な状況にあり、これらに対応する生徒指導の重要性が高まっています。しかし、見落としてはならないのは、生徒指導の意義はこうした消極的目的のみならず、生徒の人格を発達させる積極的目的にもあるということです。
 生徒指導とは本来、一人一人の生徒の個性の伸長を図りながら、同時に社会的な資質や能力・態度を育成し、さらに将来において社会的に自己実現が出来るような資質・態度を形成していくための指導・援助であり、個々の児童生徒の自己指導能力の育成を目指すものです。
 「学ぶこと」「働くこと」「生きること」を融合し、子どものキャリア発達を促進するキャリア教育も、こうした生徒指導と方向性を同じくするといえるでしょう。その中核には、「生き方指導」としての進路指導がありますが、決して卒業後の進路を選択させることに限定されるものではなく、まして受験指導や就職斡旋とは全く異なるものです。自己理解と進路理解の相互作用の中で、生き方を主体的に意思決定できるように生徒を支援すること、これこそが進路指導のもつ最大の意義といえるでしょう。
本科目を学ぶことで、学生は,自己理解と進路理解の相互作用の中で、生き方を主体的に意思決定できるように生徒を支援すること、つまり,進路指導のもつ最大の意義を理解できるようになる。

This subject is highly-related with "training for innovative and ethical reader" of the Mission Statement.
Juvenile delinquency refuse to go to school and the importance of the student guidance which corresponds to these are still rising in the serious situation for student's problem behavior bullying.
But the significance of the student guidance, such, it's rather negative,-like as well as I make the character of the student develop it's rather aggressive like it's said that they have that.
Student guidance is to aim at the thing which brings the social quality, ability and attitude up at the same time and the guidance to form the quality and the attitude which can self-actualize socially in the future while planning for extension of the individuality of the individual's student primarily. And also, it is to aim at upbringing of own leadership ability of each school children.
"To learn." "To work." "To live." it can be said that directionality with student guidance is same for the carrier education which fuses and promotes child's carrier development.
The main is college and career counseling as "life-style guidance."
The thing which can never be limited to make them choose course after graduation, the taking an examination guidance and the getting a job service are completely different from this college and career counseling.
You'd be able to call to support a student the biggest significance college and career counseling has in order to decide about a life-style in independent way in the interaction of own understanding and the course understanding.
Students can understand the biggest significance college and career counseling has in order to decide about a life-style in independent way in the interaction of own understanding and the course understanding.

本授業の該当ラーニングゴール Learning Goals

*本学の教育ミッションを具現化する形で設定されています。

LG1 Critical Thinking
LG2 Diversity Awareness
LG3 Ethical Decision Making
LG4 Effective Communication

受講後得られる具体的スキルや知識 Learning Outcomes

1.生徒指導の意義と原理を理解している。
2.学校内外における生徒指導の組織と連携体制の構築方法を把握している。
3.問題解決的・予防的・開発的生徒指導の基礎技術を身に付けている。
4.キャリア教育(進路指導)の意義と原理を理解している。
5.キャリア教育(進路指導)におけるカリキュラム・マネジメントの方法を把握している。
6.キャリアを振り返り、見通すための記録作成や相談の基礎技術を身に付けている。

1.Understanding for the significance and princile of the student guidance
2.Understanding for a construction method of a cooperation system and the organization of the student guidance in the school inside and outside of the country
3.Understanding for a basic technology of problem solving-like, prevention-like and developing student guidance
4.Understanding for the significance and principle of the college and career counseling
5.Understanding for a way of curriculum management in college and career counseling
6.Understanding for a basic technology of the record making and the consultation to look back to a carrier and look through is learned.

SDGsとの関連性 Relevance to Sustainable Development Goals

Goal 4 質の高い教育をみんなに(Quality Education)

教育手法 Teaching Method

教育手法 Teaching Method % of Course Time
インプット型 Traditional 30 %
参加者中心型 Participant-Centered Learning ケースメソッド Case Method 35 %
フィールドメソッド Field Method 35 %
合計 Total 100 %

学習方法、レポート、課題に対するフィードバック方法 Course Approach, Report, Feedback methods

 授業の展開にあたっては、アクティブ・ラーニングの視点を意識し、毎回講義の後にグループでケース・スタディを行います。また、プログラム開発や指導・相談に関するロールプレイなど、高校現場での実践を意識したワークも実施しつつ、受講生がフィードバックしやすくなるように工夫します。

授業スケジュール Course Schedule

第1日(Day1)

1週目(集中講義1日目)の講義スケジュールは、以下の通りです。
第1回:教育課程における生徒指導の目的と機能
第2回:個人・集団のアセスメントと問題解決的生徒指導
第3回:予防的生徒指導の意義と課題―校則指導の論理と展開―
第4回:開発的生徒指導―各教科・領域におけるガイダンスカリキュラム―

第2日(Day2)

2週目(集中講義2日目)の講義スケジュールは、以下の通りです。
第5回:生徒指導の体制確立と協働のためのシステムづくり
第6回:問題行動の予防・解決に向けた組織的対応(1)―暴力行為―
第7回:問題行動の予防・解決に向けた組織的対応(2)―いじめ―
第8回:問題行動の予防・解決に向けた組織的対応(3)―不登校―

第3日(Day3)

3週目(集中講義3日目)の講義スケジュールは、以下の通りです。
第9回::教育課程におけるキャリア教育の目的と機能
第10回:キャリア教育の体制確立と協働のためのシステムづくり
第11回:キャリア教育のプログラム開発―職場体験を中核として―
第12回:キャリア発達理論に依拠したガイダンスの展開




第4日(Day4)

4週目(集中講義4日目)の講義スケジュールは、以下の通りです。
第13回:キャリアカウンセリングの理論と実践
第14回:キャリア教育の評価とポートフォリオの活用
定期試験

第5日(Day5)



第6日(Day6)



第7日(Day7)



成績評価方法 Evaluation Criteria

*成績は下記該当項目を基に決定されます。
講師用内規準拠 Method of Assessment Weights
予習レポート Preparation Report 5 %
コールドコール Cold Call 5 %
授業内での挙手発言 Class Contribution 5 %
ケース試験 Case Exam 10 %
参加者による相互評価 Peer Assessment 5 %
シミュレーション成績 Simulation 0 %
小テスト Quizzes / Tests 5 %
最終レポート Final Report 25 %
期末試験 Final Exam 40 %
合計 Total 100 %

評価の留意事項 Notes on Evaluation Criteria

3分の2以上の出席が単位認定のための前提条件になります。

使用ケース一覧 List of Cases

    ケースは使用しません。

教科書 Textbook

  • 田中博之(監修)「アクティブ・ラーニングによる学級づくり」金子書房(2017)
  • 文部科学省「高等学校キャリア教育の手引」教育出版(2012)

参考文献・資料 Additional Readings and Resource

文部科学省『生徒指導提要』教育図書、2011年
小泉令三・古川雅文・西山久子 『キーワード キャリア教育: 生涯にわたる生き方教育の理解と実践』北大路書房、2016年
長谷川啓三・佐藤宏平・花田里欧子編『事例で学ぶ 生徒指導・進路指導・教育相談:中学校・高等学校編』遠見書房、2014年
八並光俊、國分康孝編『新生徒指導ガイド―開発・予防・解決的な教育モデルによる発達援助―』図書文化、2008年

授業調査に対するコメント Comment on Course Evaluation

授業調査結果より、グループワークや発表形式が好評だったことが分かりました。今後も、グループワーク・発表を充実させた講義になるように努めたいと思っています。

担当教員のプロフィール About the Instructor 

2018- , 学校法人東海学園非常勤講師
2016-2018 , 至学館大学・至学館大学短期大学部非常勤講師
2014- , 愛知教育大学創造科学系技術教育講座准教授
2011-2014 , 新潟県新潟市立亀田小学校教諭
2008-2011 , 新潟大学教育学部附属新潟小学校教諭
2005-2008 , 新潟県十日町市立水沢小学校教諭








ページ上部へ戻る