シラバス Syllabus

授業名 流通機構と機能 2
Course Title Distribution System and Role 2
担当教員 Instructor Name 李 東俊(DongJoon Lee)
コード Couse Code NUC282_N21B
授業形態 Class Type 講義 Regular course
授業形式 Class Format On Campus
単位 Credits 2
言語 Language JP
科目区分 Course Category 専門教育科目400系 / Specialized Subject 400
学位 Degree BSc
開講情報 Terms / Location 2021 UG Nisshin Term4

授業の概要 Course Overview

本科目とMission Statementとの関連性は、ビジネス界や社会の発展をもたらす知識を取得することである。
本講義は流通論の応用コ-スである。我々の日常生活は企業と密接に結びついていることになかなか気がつかない。しかし、生産-流通-消費という経済活動が円滑に行われることによって、我々は自給自足では得られない豊かで多様な暮らしを享受している。し かしながら、流通が果たしている役割については十分に理解されておらず、また、多くの誤解も含まれているようである。この講義では、商品が生産者から消費者まで移動する過程と仕組みという観点から、流通理論と現実について理解することを目的としている。また、流 通機能や制度に関する明確な理解を深めることである。更に、本講座では「ケースメソッド」を導入し、受講生の活発な意見交換を行う。卒業後、様々な組織で働くとき、学生諸君は自分の仕事を誤りなく達成出来るような明確な判断基準を涵養することでもある。
本講義の到達目標は、現実の世界で生じる経済活動を流通論の観点から理解することである。


The connection between advanced microeconomics and NUCB mission statement is to acquire knowledge that will contribute business and society.
This is the applied course of distribution theory. This course focuses on economic activities, such as production, distribution, and consumption. However, we do not think that our casual life is closely related to such activities benefit us. The goal of the course is to understand distribution theory, phenomenon, system, and policy. Simple models will be used for helping students’ comprehension about distribution theory. This course mainly develops a common framework used in distribution theory and business cases. It also provides a place to exchange opinions for students by introducing case study.
The goal of the lecture is to understand the economic behaviors that will happen to the real world from the prospective of distribution theory.

本授業の該当ラーニングゴール Learning Goals

*本学の教育ミッションを具現化する形で設定されています。

LG1 Critical Thinking
LG2 Diversity Awareness
LG4 Effective Communication

受講後得られる具体的スキルや知識 Learning Outcomes

(1)流通業者の役割についての理解
(2)小売業や卸売業についての理解
(3)小売業の業態や業種についての理解
(4)卸売業の業態や業種についての理解
(5)商品の分類についての理解
(6)流通チャネルについての理解
(7)自動車流通についての理解 

By the end of the course, you will be able to:
(1) understand the roles of distributors such as wholesalers and retailers
(2) understand retail and wholesale industries
(3) understand the classification of retail industry
(4) understand the classification of wholesale industry
(5) understand the classification of products
(6) understand the distribution channels
(7) understand the car retailing channel 

SDGsとの関連性 Relevance to Sustainable Development Goals

Goal 4 質の高い教育をみんなに(Quality Education)

教育手法 Teaching Method

教育手法 Teaching Method % of Course Time
インプット型 Traditional 70 %
参加者中心型 Participant-Centered Learning ケースメソッド Case Method 30 %
フィールドメソッド Field Method 0 %
合計 Total 100 %

学習方法、レポート、課題に対するフィードバック方法 Course Approach, Report, Feedback methods

[1]レポートや中間試験にについて
基本的にレポート提出してもらう。レポートに対するフィードバックは提出してから2週間後に行う。中間試験は行わない。
[2]試験に対する学習方法
毎回行う講義内容を理解しておく。そして、その内容に関するいくつかの課題を理解して解くことが望ましい。
[3]この科目に対する自学自習方法
週1回の授業だけでは十分理解することが難しいと思われますので、ケースの予習や講義の復習および講義中に質問をしながら、授業に臨む姿勢をお勧めする。
[4]この講義における情報センターの利用について
情報センターから本講座に関する様々な参考文献や情報を得ることができる。シラバスで提示している参考文献を情報センターから積極的に利用し、本講座と関連する内容を幅広く勉強してもらう。

授業スケジュール Course Schedule

第1日(Day1)

オリエンテーションと流通の役割と機能

第2日(Day2)

卸売業者と小売業者

第3日(Day3)

商品の分類

第4日(Day4)

生産者によるチャネル管理

第5日(Day5)

製品戦略

第6日(Day6)

価格戦略

第7日(Day7)

ケースと期末試験対策

●使用するケース
Hurricane Sandy: Supply, Demand, and Appropriate Responses to the Gas Shortage, IES 586, Source: Harvard Case Center.
Competitive Bypass of Pacific Gas & Electric, C15-86-713.0, Source: Harvard Case Center.

成績評価方法 Evaluation Criteria

*成績は下記該当項目を基に決定されます。
講師用内規準拠 Method of Assessment Weights
予習レポート Preparation Report 15 %
コールドコール Cold Call 0 %
授業内での挙手発言 Class Contribution 15 %
ケース試験 Case Exam 0 %
参加者による相互評価 Peer Assessment 0 %
シミュレーション成績 Simulation 0 %
小テスト Quizzes / Tests 0 %
最終レポート Final Report 0 %
期末試験 Final Exam 70 %
合計 Total 100 %

評価の留意事項 Notes on Evaluation Criteria

(1)講義への貢献度の評価は、講義中の個人発言によるが、発言の内容を重視するので、意味のない発言や的を外した発言は評価しない。発言は理論や経験に基づく内容や紹介を高く評価する。
(2)他者に対するコメントや批判をするときには、必ず、その問題点にたいする解決案を用意してから行うことを前提とする。

使用ケース一覧 List of Cases

    ケースは使用しません。

教科書 Textbook

  • 崔容熏、原頼利、東伸一「はじめての流通」有斐閣ストゥディア(2014)978-4-641-15010-2

参考文献・資料 Additional Readings and Resource

(1) 矢作敏行 『現代流通理論とケ-スで学ぶ』有斐閣アルマ (2005) ISBN4-641-12014-5.
(2) 中田信哉、橋本雅隆 編著 『基本流通論』 実教出版 (2006) ISBN4-407-30849-4.
(3) 青木均、石川和男、尾碕眞、斎藤忠志 『新流通論』 創成社 (2007) ISBN4-794-42254-7.
(4) 住谷宏 編著 『流通論の基礎』 中央経済社 (2008) ISBN4-502-39720-2.
(5) 成生達彦『流通の経済理論』名古屋大学出版会 (1994) ISBN4-815-80244-0.

授業調査に対するコメント Comment on Course Evaluation

前年度の授業評価の結果を参考にして、授業の内容や範囲およびスピードを改善していく。

担当教員のプロフィール About the Instructor 

李東俊(DongJoon Lee)は2019年4月から大阪産業大学経済学部教授、同大学大学院経済学研究科教授。1996年に経済学修士号(Master of Economics)、2009年に経済学博士(Ph. D. in Economics)を京都大学経済学研究科から取得。1996年から2005年まで三星生命やLeading Investment証券などでファンドマネージャーとして勤務。2010年4月から2019年3月まで名古屋商科大学、同大学院で勤務。研究分野は応用ミクロ経済学、産業組織論、流通理論、国際貿易などである。

Dr. DongJoon Lee has been working as a full professor at Osaka Sangyo University and Graduated School of Economics since 2019. He received Master degree in 1996 and Ph. D. in 2009 at Kyoto Graduated School. He worked as a fund manager at Samsung Insurance and Leading Investment Securities from 1996 to 2005. He also worked at Nagoya University of Commerce and Business and Graduate School of Management from 2010 to 2019. He is interested in applied microeconomics, industrial organization, distribution theory, and international trade, and so on.


Refereed Articles

  • (2021) Note on collusion with network externalities in price versus quantity competition. International Journal of Economic Theory 1742-7363
  • (2021) Network externalities and endogenous timing in managerial firms. Managerial and Decision Economics 1099-1468
  • (2020) Endogenous vertical structure with network externalities. The Manchester School 88(6): 1467-9957
  • (2020) Endogenous Vertical Structure and Trade Policy in an Import-competing Market with Fulfilled Expectations. The International Economy 23 1884-4367
  • (2020) Additional Transportation Costs benefit Consumer Surplus and Social Welfare in a Bilateral Duopoly. Bulletin of Applied Economics 7(2): 2056-3736






ページ上部へ戻る