シラバス Syllabus

授業名 経営戦略論
Course Title Strategy
担当教員 Instructor Name 原田 勉(Tsutomu Harada)
コード Couse Code NUC282_N21A
授業形態 Class Type 講義 Regular course
授業形式 Class Format Live Virtual
単位 Credits 2
言語 Language JP
科目区分 Course Category 専門教育科目300系 / Specialized Subject 300
学位 Degree BSc
開講情報 Terms / Location 2021 UG Nisshin Spring Intensive

授業の概要 Course Overview

本講義は、経営戦略の手法を習得することにより、ミッションステートメントにある「"フロンティアスピリット"を備えたイノベーティブで倫理観あるリーダーの育成」を目指すものである。
本講義の目的は、経営戦略立案に必要な代表的ツールを紹介し、それを実際に用いた演習を通じて戦略的な考え方を修得することにある。指定したテキストに記載されているショートケースの分析を中心に、クラスのなかで討議する。授業は、Zoomを使用した遠隔授業で、レクチャー、演習、全体討議、という流れで構成される。演習は主として4~5名のブレイクアウトセッションで実施し、その結果をクラス全体で発表してもらい、全体討議を行う予定である。
本講義の到達目標は、データが与えられたときに、独自の戦略立案を行うことができることにある。

This lecture is intended to contribute to the mission statement of this school, to educate innovative and ethical leaders who possess a ʻFrontier Spiritʼ.
The purpose of this course is to introduce representative analytical tools to formulate corporate strategy and to have several exercises using those tools. The exercises are based on short cases in the textbook. Students are expected to make active contribution to case discuss in groups and classes. Each class consists of lecture, case exercise, and class discussion via Zoom. Each exercise is to be discussed in a small group of 4-5 students using breakout sessions in the Zoom. The results in a group are to be presented in class.
The achievement goal of this course is that given some date, students can analyze and construct original strategic plans.

本授業の該当ラーニングゴール Learning Goals

*本学の教育ミッションを具現化する形で設定されています。

LG1 Critical Thinking
LG4 Effective Communication

受講後得られる具体的スキルや知識 Learning Outcomes

戦略的思考、分析ツールの理解および活用

Strategic thinking, understanding and use of analytical tools

SDGsとの関連性 Relevance to Sustainable Development Goals

Goal 4 質の高い教育をみんなに(Quality Education)

教育手法 Teaching Method

教育手法 Teaching Method % of Course Time
インプット型 Traditional 50 %
参加者中心型 Participant-Centered Learning ケースメソッド Case Method 30 %
フィールドメソッド Field Method 20 %
合計 Total 100 %

学習方法、レポート、課題に対するフィードバック方法 Course Approach, Report, Feedback methods

レクチャーの後に行うグループ演習は全体討議の際に発表してもらい、そこでインストラクターおよび他のクラスメンバーからフィードバックを受け、議論していくことになる。受講者は事前に指定したショートケース(ページ数にして2~3ページ)を読み、設問に対する回答を準備する必要がある。そのうえで、授業のなかでその回答をグループメンバーと照らし合わせ、議論していくことになる。

授業スケジュール Course Schedule

第1日(Day1)

第1回  戦略とは何か
第2回  全社戦略
第3回  事業コンセプト
第4回  競争戦略

●使用するケース
ドットコム社のマーケティング戦略(テキストに収録)
ピックス社の事業コンセプト(テキストに収録)

第2日(Day2)

第5回  ケース分析「ネットトヨタ南国」
第6回  ケース分析「未来工業」
第7回  マーケティング1
第8回  マーケティング2

●使用するケース
ネッツトヨタ南国(授業内で動画視聴のうえ討議)
未来工業(授業内で動画視聴のうえ討議)

第3日(Day3)

第9回   競合分析
第10回  組織マネジメント:分業原理
第11回  組織マネジメント:モチベーション
第12回  ケース分析「道頓堀ホテル」


●使用するケース
道頓堀ホテル(授業内で動画視聴のうえ討議)

第4日(Day4)

第13回  グループダイナミクス
第14回  ケース分析「八甲田山」
期末試験

●使用するケース
八甲田山(授業内で動画視聴のうえ討議)

第5日(Day5)



第6日(Day6)



第7日(Day7)



成績評価方法 Evaluation Criteria

*成績は下記該当項目を基に決定されます。
講師用内規準拠 Method of Assessment Weights
予習レポート Preparation Report 30 %
コールドコール Cold Call 0 %
授業内での挙手発言 Class Contribution 20 %
ケース試験 Case Exam 0 %
参加者による相互評価 Peer Assessment 0 %
シミュレーション成績 Simulation 0 %
小テスト Quizzes / Tests 0 %
最終レポート Final Report 0 %
期末試験 Final Exam 50 %
合計 Total 100 %

評価の留意事項 Notes on Evaluation Criteria

事前に課したケース課題については、授業前に読み、設問に対する回答をA4の紙1枚にまとめて授業の開始時に提出すること。

使用ケース一覧 List of Cases

    ケースは使用しません。

教科書 Textbook

  • 原田 勉「実践力を鍛える 戦略ノート[戦略立案編]」東洋経済新報社(2010)

参考文献・資料 Additional Readings and Resource

授業で使用するレジュメ等は配布する。指定したテキスト以外に購入が必要な参考文献はない。

授業調査に対するコメント Comment on Course Evaluation

楽しく受講でき、本当にためになる授業を心がけます。グループ討議・演習が講義の半分以上を占めることになるので、さまざまな課題に積極的に取り組める方の受講を希望します。

担当教員のプロフィール About the Instructor 



Refereed Articles

  • (2014) Dynamic Strategies and Management of Focusing Devices. Journal of Management and Sustainability 4(2):
  • (2014) Focusing Device as Innovation Mechanism and Cluster Growth. Economics of Innovation and New Technology 23(1):
  • (2012) Advantages of Backwardness and Forwardness with Shifting Comparative Advantage. Research in Economics 66(1): 1090-9443
  • (2010) The Division of Labor in Innovation between General Purpose Technology and Special Purpose Technology. Journal of Evolutionary Economics 20(5):
  • (2010) Path-dependent Economic Growth with Technological Trajectory”, Economics of Innovation and New Technology. Economics of Innovation and New Technology 19(6):






ページ上部へ戻る