シラバス Syllabus

授業名 法学概論
Course Title Introduction to Law
担当教員 Instructor Name 菅沼 博子(Hiroko Suganuma)
コード Couse Code NUC281_N21B
授業形態 Class Type 講義 Regular course
授業形式 Class Format On Campus
単位 Credits 2
言語 Language JP
科目区分 Course Category 専門専門科目200系 / Specialized Subject 200
学位 Degree BSc
開講情報 Terms / Location 2021 UG Nisshin Term4

授業の概要 Course Overview

本講義では、法学の基礎知識を学習します。これらの学習を通じて、本学のMission Statementに掲げられたビジネス界や社会の発展をもたらす知識の創出をするために必要な基礎知識を身につけることができます。
本講義では、ビジネスや日常生活の様々な場面で、紛争を予防したり、解決したりするうえで、リーガルマインドが果たす役割について学びます。
本講義は、LG1(批判的思考)及びLG2(多様性の意識)を学修目標としています。

This class provides the basic knowledge of Law. Through these learning, students acquire the basic skills for creating the knowledge in order to bring about the development of the business community and the society stated in the NUCB Mission Statement.
We study the role of a legal mind in order to prevent or solve legal disputes in the activities of companies or the civil life.
This class fits with the LG1(Critical Thinking) and LG2(Diversity Awareness).

本授業の該当ラーニングゴール Learning Goals

*本学の教育ミッションを具現化する形で設定されています。

LG1 Critical Thinking
LG2 Diversity Awareness

受講後得られる具体的スキルや知識 Learning Outcomes

本講義を受講することにより、社会生活において必要なリーガルマインドを養うことが期待されています。

Students enrolled in this class are expected to acquire a legal mind in the social life.

SDGsとの関連性 Relevance to Sustainable Development Goals

Goal 16 平和と公正をすべての人に(Peace and Justice Strong Institutions)

教育手法 Teaching Method

教育手法 Teaching Method % of Course Time
インプット型 Traditional 50 %
参加者中心型 Participant-Centered Learning ケースメソッド Case Method 50 %
フィールドメソッド Field Method 0 %
合計 Total 100 %

学習方法、レポート、課題に対するフィードバック方法 Course Approach, Report, Feedback methods

〔準備学習〕
・予習の際に、教科書の該当箇所に目を通し、疑問が生じた箇所を意識しながら、講義を聞いてください。
・復習については、教科書・レジュメなどをよく見直すようにしてください。
・学習を進めるなかで、疑問点が生じた場合は、メールでアポイントメントをとるかオフィスアワーを利用して、質問してください。

〔課題〕
・中間レポートを提出してもらいます。詳細については初回の講義で示します。レポートは採点して返却します。

〔中央情報センター(図書館)の活用について〕
・レポート作成において活用してください。

授業スケジュール Course Schedule

第1日(Day1)

ガインダンス/法学概論
開講にあたり、講義の目標、進め方、学習方法を説明する。法学を学ぶ意義を示す。

●使用するケース
「法を守るということ」(教科書収録)

第2日(Day2)

憲法

●使用するケース
「信教の自由と政教分離」(教科書収録)

第3日(Day3)

民法・財産法

●使用するケース
「売買での意思表示」(教科書収録)

第4日(Day4)

刑法

●使用するケース
「犯罪と刑罰に関する様々な法律」(教科書収録)

第5日(Day5)

商法・会社法

●使用するケース
「取締役の義務と責任」(教科書収録)

第6日(Day6)

知的財産法

●使用するケース
「インダストリアルデザインの保護」(教科書収録)

第7日(Day7)

まとめ/定期試験についての説明

●使用するケース
オリジナルケース(作成中)

成績評価方法 Evaluation Criteria

*成績は下記該当項目を基に決定されます。
講師用内規準拠 Method of Assessment Weights
予習レポート Preparation Report 15 %
コールドコール Cold Call 0 %
授業内での挙手発言 Class Contribution 30 %
ケース試験 Case Exam 0 %
参加者による相互評価 Peer Assessment 0 %
シミュレーション成績 Simulation 0 %
小テスト Quizzes / Tests 25 %
最終レポート Final Report 0 %
期末試験 Final Exam 30 %
合計 Total 100 %

評価の留意事項 Notes on Evaluation Criteria

重点強化クラブレポートの対象外科目とします。

使用ケース一覧 List of Cases

    ケースは使用しません。

教科書 Textbook

  • 関根豪政/北村貴「体験する法学」ミネルヴァ書房(2020)9784623088171

参考文献・資料 Additional Readings and Resource

・青木人志『グラフィック法学入門』新世社、2012年、ISBN978-4883841844
・青木人志『「大岡裁き」の法意識』光文社、2005年、ISBN978-4334033002
・木村草太『キヨミズ准教授の法学入門』講談社、2012年、ISBN978-4061385276
・森村進『自由はどこまで可能か』講談社、2001年、ISBN978-4061495425
・横田明美『カフェパウゼで法学を』弘文堂、2018年、ISBN978-4335357336

授業調査に対するコメント Comment on Course Evaluation

授業調査の結果を受けとめ、よりよい授業を目指します。

担当教員のプロフィール About the Instructor 

【学位】
博士(法学)(一橋大学)(2020年3月)

【研究分野】
憲法

Acquired Degree:
Doctor of Law, Hitotsubashi University

Field of Study:
Constitutional Law

Refereed Articles

  • (2020) The Judgment of the Act on Uniformity of Collective Agreements. Jichikenkyu 96(12): 02875209
  • (2019) The Defamation of Religion and its Regulation in Germany. THE RELIGIOUS LAW (38): 0288-6820
  • (2018) An Introduction to Research on General Laws and the Principle of Proportionality. The Hitotsubashi journal of law and international studies 17(3): 13470388
  • (2017) Justification of the Crime of Religious Defamation from the Perspective of Constitutional Law (2). The Hitotsubashi journal of law and international studies 16(1): 13470388
  • (2016) Justification of the Crime of Religious Defamation from the Perspective of Constitutional Law (1). The Hitotsubashi journal of law and international studies 15(3): 13470388






ページ上部へ戻る