シラバス Syllabus

授業名 地方自治論
Course Title Local Government in Japan
担当教員 Instructor Name 永久 寿夫 (Toshio Nagahisa)
コード Couse Code NUC268_N22B
授業形態 Class Type 講義 Regular course
授業形式 Class Format On Campus
単位 Credits 2
言語 Language JP
科目区分 Course Category 専門教育科目300系 / Specialized Subject 300
学位 Degree BSc
開講情報 Terms / Location 2022 UG Nisshin Term4

授業の概要 Course Overview

地方自治の役割は、その地域に住む市民や企業などがよりよい環境のなかで良好な生活ができるよう、地域の社会的課題を解決したり、社会資本やサービスを供給するところにあります。その機能を学ぶことは、地域のビジネス界や社会の発展をもたらすことに直結します。
地方自治の制度や組織、意思決定や実施の過程、さらにはそのためのお金の流れについて、国や民間の役割にも焦点を当てながら、基礎的な知識を学ぶとともに、それを通じて現代の地域社会における市民と地方自治が直面する課題について理解を深める。
・地方自治のかたちと役割について基礎的な知識を習得する。
・地域社会が直面する社会的課題を理解する。
・市民や民間が地方自治体とともになすべきことについて、自ら考える力を身につける。

The local government is responsible for solving social problems and for providing social capitals and public services so that local citizens go about their daily lives and run a business in good condition. Studying the roles of the local government directly helps us in improving our lives and local businesses.
This class aims at comprehending social problems the local governments and citizens hold in Japan through studying the systems, the process of policy-making and the finance in the local governments as well as the relations with citizens, the national government and the private sector.
・to learn basic knowledge about the systems and the roles of the local governments.
・to comprehend problems and difficulties the local governments and the citizens contemporarily face.
・to develop capability to see how citizens and the private sector should do together with the local governments in order to improve our society. ・

本授業の該当ラーニングゴール Learning Goals

*本学の教育ミッションを具現化する形で設定されています。

LG1 Critical Thinking
LG2 Diversity Awareness
LG3 Ethical Decision Making
LG4 Effective Communication
LG5 Business Perspectives (BSc)
LG7 International Perspectives (BA)

受講後得られる具体的スキルや知識 Learning Outcomes

・地方自治のかたちと役割に関する基礎的な知識
・地域社会及び家庭・個人が直面する社会的課題と地方自治体の取り組みへの理解
・地域社会の構成員としての自覚と社会参加への意欲

・Basic knowledge on the systems and the roles of the local governments.
・Capability to comprehend problems local citizens, families and the society hold as well as activities of the local governments to solve them.
・Understanding about the importance of our contribution to the local society.

SDGsとの関連性 Relevance to Sustainable Development Goals

Goal 3 すべての人に健康と福祉を(Good Health and Well-being)

教育手法 Teaching Method

教育手法 Teaching Method % of Course Time
インプット型 Traditional 40 %
参加者中心型 Participant-Centered Learning ケースメソッド Case Method 0 %
フィールドメソッド Field Method 60 %
合計 Total 100 %

学習方法、レポート、課題に対するフィードバック方法 Course Approach, Report, Feedback methods

<学習方法>講義の前に教科書や参考文献などで予習をしてください。使用するケースについては事前にGoogle Classroomにアップロードしますので、それに関する情報をインターネットなどを通じて自分で探して予習し、自分なりの考えを整理しておいてください。最低2時間は予習に当て、授業ではそれをもとに積極的に議論に参加してください。
<レポート> 最終レポートをGoogle Classroomに提出していただきます。
<フィードバック>疑問やさらに知りたいことがあれば、オフィスアワーや授業の前後に質問してください。そのほかでも、アポをとっていただければ、適宜対応します。レポートについてはコメントをフィードバックします。

授業スケジュール Course Schedule

第1日(Day1)

<イントロダクション>
①講師自己紹介/授業内容の説明/評価方法の説明/受講者からの要望聴取
②様々な地方のあり方


●使用するケース
オリジナルケース
①都会と田舎のどちらに住みたいか?

第2日(Day2)

<地方における政治・行政のかたち>
①地方自治体と地方公共団体
②地方議会と地方行政
③地域住民と地方自治体


●使用するケース
オリジナルケース
①あなたは地域社会に参加していますか?

第3日(Day3)

<地方自治における政策決定と財政>
①政策立案から実施まで
②地方財政の仕組み


●使用するケース
オリジナルケース
①ふるさと納税をしますかしませんか?

第4日(Day4)

<歴史に見る中央と地方の関係>
①中央集権と地方分権のサイクル
②戦前戦後の地方自治制度


●使用するケース
オリジナルケース
①江戸時代は中央集権か地方分権か?

第5日(Day5)

<地方分権改革の時代>
①平成の大合併とは
②頓挫した道州制の議論


●使用するケース
オリジナルケース
①あなたはこの町を合併させたいか?

第6日(Day6)

<首長と地方公務員>
①公務員とは何か
②首長の役割と責任

●使用するケース
オリジナルケース
①あなたは市長になりたいですか?

第7日(Day7)

<New Public Managementの時代>
①民間手法の導入
②地方自治への市民・企業参加
 

●使用するケース
オリジナルケース
①競争入札は善か悪か?

成績評価方法 Evaluation Criteria

*成績は下記該当項目を基に決定されます。
*クラス貢献度合計はコールドコールと授業内での挙手発言の合算値です。
講師用内規準拠 Method of Assessment Weights
コールドコール Cold Call 0 %
授業内での挙手発言 Class Contribution 60 %
クラス貢献度合計 Class Contribution Total 60 %
予習レポート Preparation Report 10 %
小テスト Quizzes / Tests 0 %
シミュレーション成績 Simulation 0 %
ケース試験 Case Exam 0 %
最終レポート Final Report 30 %
期末試験 Final Exam 0 %
参加者による相互評価 Peer Assessment 0 %
合計 Total 100 %

評価の留意事項 Notes on Evaluation Criteria

授業内でのディスカッションにおける貢献とレポートのオリジナリティを重視します。

使用ケース一覧 List of Cases

    ケースは使用しません。

教科書 Textbook

  • 入江容子・京俊介「地方自治入門」ミネルヴァ書房(2020)9784623089383

参考文献・資料 Additional Readings and Resource

① 北山俊哉, 稲継裕昭『テキストブック地方自治』第3版、2021年、東洋経済新報社、ISBN 978-4492212486
② 佐々木信夫『自治体政策』2008年、日本経済評論社、ISBN‎ 9784818819757
③ 林宏昭、橋本恭之『入門地方財政(第3版)』 2014年、中央経済社、 ISBN 978-4502089602
④ 曽我謙悟 『日本の地方政府-1700自治体の実態と課題』 2019年、中公新書、 ISBN‎ 978-4121025371
⑤ 増田寛也『地方消滅 - 東京一極集中が招く人口急減』2014年、中公新書、ISBN 978-4121022820
⑥ 寺沢弘樹『PPP/PFIに取り組むときに最初に読む本 単行本』学陽書房 、2021年、ISBN 978-4313121348

授業調査に対するコメント Comment on Course Evaluation

初年度ですので、特にコメントはありませんが、学生のみなさんとのコミュニケーションを通じて、わかりやすい授業に努めます。

担当教員のプロフィール About the Instructor 

【学歴】
1982年3月:慶應義塾大学法学部政治学科(法学士)
1988年6月:Stanford University (MA in Russian and East European Studies)
1994年12月:University of California, Los Angeles (Ph.D. in Political Science)

【研究分野】
公共政策、現代政治、政治行政制度、地方自治、CSR

【Educations】
Bachelor of Law, Keio University, 1982.
MA in Russian and East European Studies, Stanford University, 1988.
Ph.D. in Political Science, University of California, Los Angeles, 1994.

【Research Fields】
Public Policy, Contemporary Politics, Political and Administrative system, Local Government, CSR

(実務経験 Work experience)

1982年、慶応義塾大学法学部政治学科卒業後、株式会社PHP研究所入社。一貫して政策シンクタンク部門に所属。政策シンクタンクPHP総研研究主幹、同代表、PHP研究所取締役専務執行役員(研究グループ総括)などを経て、現在に至る。その間、日本の政治行財政や選挙などの分析・研究を通じて政策提言を行うほか、政府・地方自治体におけるビジョンづくりや行財政改革に参画する。

【主な職歴】
1982年4月-2021年12月:株式会社PHP研究所
1997年10月-1998年9月:衆議院議員秘書
2001年7月-2002年6月:杉並区行政評価検討委員会 委員
2003年6月-2005年2月:神奈川県「21 世紀の県政を考える懇談会(経営戦略会議)」委員
同地域経済活性化部会 部会長
2004年4月-2006年9月:東京外国語大学 非常勤講師(国際関係の理論とアメリカの戦略)
2007年4月-2009年9月:熱海市行財政改革会議 委員
2009年4月-2019年3月:関西大学 客員教授
2011年12月-2012年12月:国家戦略会議フロンティア分科会 事務局長
2013年6月-現在:内閣官房行政改革推進会議歳出改革ワーキンググループ 委員
2016年4月-2019年12月:学校法人嘉悦学園 理事



Dr. Nagahisa started his career at PHP Institute, inc., as a research fellow after graduation from Keio University in 1982. His personal research interests extend to the Japanese political and administrative systems and the role of the manifestos in Japanese national elections. As a policy advisor, he has been involved in policy-making in the national and the local governments as well as making policy recommendations to the policymakers.

【Work Experience】
April 1982-Dec. 2021: PHP Institute, Inc (Last Position: Managing Director, Member of the Board).
Oct. 1997-Sep. 1998: Secretary for a member of the House of Representatives.
July 2001-June 2002: Member, Council for Administrative Service Evaluation, Suginami City, Tokyo.
June 2003-Feb. 2005: Chairman, Economic Revitalization Committee, Council for Management Strategy, Kanagawa Prefecture.
April 2004-Sep. 2006: Lecturer, Tokyo University for Foreign Studies.
April 2007-Sep. 2009: Member, Council for Financial Reforms, Atami City, Shizuoka Prefecture.
April 2009-March 2019: Visiting Professor, Kansai University.
Dec. 2011-Dec. 2012: Secretary General, Committee for Vision of Japan, Council for National Strategy, Cabinet of Japan.
June 2013-Present: Member, Project Review Committee, Administrative Reform Bureau, Cabinet Secretariat, Japan.
April 2016-Dec. 2019: Director, Kaetsu Educational Foundation.









Refereed Articles

  • (2019) Limits in Redesigning of Existing Administrative business by EBPM-the Case of Agricultural Food with Function Claims System-. CUC View & Vision 48 ISSN 1342-0542






ページ上部へ戻る