シラバス Syllabus

授業名 西洋の思想
Course Title European Thought
担当教員 Instructor Name 山蔦 真之(Masayuki Yamatsuta)
コード Couse Code NUC264_N22B
授業形態 Class Type 講義 Regular course
授業形式 Class Format On Campus
単位 Credits 2
言語 Language JP
科目区分 Course Category 教養教育科目100系 / Liberal Arts 100
学位 Degree BSc
開講情報 Terms / Location 2022 UG Nisshin Term4

授業の概要 Course Overview

西洋の哲学を学 ぶことはどんな意味があるのか、それを疑問に思う学生も少なくはないだろう。高校においては「倫理」という、それほど重要ではないように思われた科目を、 どうして再び大学において学び直さなければならないのか。しかしながら私たちの社会の多くの部分は、西洋哲学の中で培われてきた考え方によって成り立って いるのである。
民主主義、憲法、正義、人権、尊厳・・・、これらの、私たちの社会の根幹に関わっている「価値」は、西洋の思想が長い時間をかけて構築して きたものなのである。西洋の思想を学ぶこと、それは、私たちが私たちの生きている社会について学ぶことにほかならない。
普段当然のこととして受け入れてお り、考えたこともないような社会の基礎について注意を向け、考えることは、受講者が経済社会において働くとしても、あるいは、まったく異なる生き方を選択 したとしても、貴重な経験となることであろう。

What is the purpose for learning the European Philosophy? Why do we have to study the minor field in the high school education again in the university? However the European Philosophy doesn't play minor role in our society at all.
"Democracy", "Constitution", "Human right", "Human dignity"... these fundamental "values" in our country are originated actually in the European thought. To learn the European philosophy is nothing but to learn ourselves, our society.
The basic ideas for our society, which are too natural to be consciously thought, must be handled in the course of the lectures.

本授業の該当ラーニングゴール Learning Goals

*本学の教育ミッションを具現化する形で設定されています。

LG3 Ethical Decision Making

受講後得られる具体的スキルや知識 Learning Outcomes

西洋の考え方の根幹に触れることが出来る

About deep insight into the European thought

SDGsとの関連性 Relevance to Sustainable Development Goals

Goal 4 質の高い教育をみんなに(Quality Education)

教育手法 Teaching Method

教育手法 Teaching Method % of Course Time
インプット型 Traditional 50 %
参加者中心型 Participant-Centered Learning ケースメソッド Case Method 50 %
フィールドメソッド Field Method 0 %
合計 Total 100 %

学習方法、レポート、課題に対するフィードバック方法 Course Approach, Report, Feedback methods

レポートに対しては個別に評価します

授業スケジュール Course Schedule

第1日(Day1)

観念論と懐疑主義

●使用するケース
バークリーとヒュームの哲学

第2日(Day2)

スコットランド派の哲学

●使用するケース
トマス・リードの哲学

第3日(Day3)

フランスの哲学

●使用するケース
否定の側面と積極的側面

第4日(Day4)

ヤコービの哲学について

●使用するケース
条件づけられたものと無条件なもの

第5日(Day5)

カントの哲学について

●使用するケース
三批判書を読んでみる

第6日(Day6)

フィヒテの哲学について

●使用するケース
自我と非我

第7日(Day7)

シェリング

●使用するケース
同一性の哲学

成績評価方法 Evaluation Criteria

*成績は下記該当項目を基に決定されます。
*クラス貢献度合計はコールドコールと授業内での挙手発言の合算値です。
講師用内規準拠 Method of Assessment Weights
コールドコール Cold Call 0 %
授業内での挙手発言 Class Contribution 50 %
クラス貢献度合計 Class Contribution Total 50 %
予習レポート Preparation Report 0 %
小テスト Quizzes / Tests 0 %
シミュレーション成績 Simulation 0 %
ケース試験 Case Exam 0 %
最終レポート Final Report 0 %
期末試験 Final Exam 50 %
参加者による相互評価 Peer Assessment 0 %
合計 Total 100 %

評価の留意事項 Notes on Evaluation Criteria

使用ケース一覧 List of Cases

    ケースは使用しません。

教科書 Textbook

  • ヘーゲル「哲学史講義IV」河出文庫(2016)978-4309466040

参考文献・資料 Additional Readings and Resource

講義内で適宜案内します

授業調査に対するコメント Comment on Course Evaluation

さらにアクティブな講義を目指します

担当教員のプロフィール About the Instructor 

東京大学大学院人文社会系研究科倫理学専門分野博士課程単修了、
2015 年より現職。
倫理学を専門とし、主にカント哲学の分野において、倫理的感情の探
求を行う。現在の研究内容は「カント倫理学とヘーゲルの比較」。

Completed doctoral course in ethics, Graduate School of Humanities and Social Sciences, University of Tokyo,
He has been in his current position since 2015.
Specializing in ethics, searching for ethical emotions, mainly in the field of Kant's philosophy
Make a request. His current research is "Comparison between Kant Ethics and Hegel".

Refereed Articles

  • (2021) The Concept of Passion in Kant’s Anthropology: Reconsidering the Relationship between Anthropology and Critical Ethics. The Court of Reason Proceedings of the 13th International Kant Congress 13 3110700700
  • (2020) The Concept of Individuality by Watsuji Tetsuro. Annals of Ethics 69 0483-0830
  • (2020) Power of Negation, Power of Limitation. Hitoria Philosophiae 62 0289-5056
  • (2019) The Moralization of Human Dignity in Kant's Ethics. Kant-Studien 209 978-3-11-066149-1
  • (2019) Avoiding Modernity. Philosophy 70 9784862859402






ページ上部へ戻る