シラバス Syllabus

授業名 身体の構造と機能
Course Title Structure and Function of Body
担当教員 Instructor Name 戎 弘志(Hiroshi Ebisu)
コード Couse Code NUC260_N21A
授業形態 Class Type 講義 Regular course
授業形式 Class Format On Campus
単位 Credits 2
言語 Language JP
科目区分 Course Category 教養教育科目100系 / Liberal Arts 100
学位 Degree BSc
開講情報 Terms / Location 2021 UG Nisshin Term2

授業の概要 Course Overview

ビジネス界や社会の発展をもたらす知識を創出するには、幅広い知識が必要となってくる。そのためには自分自身の身体の構造と機能を知り、健康であることの重要性に築くことである。この授業では、日常生活で活かせる基本的医学知識の習得を目的とする。
(1)本講義の目標は、身体の構造と機能を学ぶ。そのために、身体の解剖生理及び疾患、障害の原因など、病理学的な基礎医学を基礎知識として学習する。そして、高齢者、障害者の特徴的な疾患にはどのようなものがあるか、生活習慣病の現況を学習し、日常生活で活かせる基本的医学知識の習得を目的とする。
(2)基礎医学を基本として解剖組織学と生理学を学ぶ。
(3)この講義は、NUCBフロンティア力の中でもとりわけ「実践的思考力」の育成を念頭に進められている。
(4)本講義の学修目標は、LG-Ⅰ(論理的思考力)、LG-Ⅲ(情報技術活用能力)です。
本科目を学ぶことにより、学生は自分自身の身体の構造と機能を知り、健康の大切さを知ることができる。

Wide knowledge is being needed creation of the knowledge which brings a business circle and social development. It's to know the structure of the my own body and function for it and build in the importance of being healthy. I have acquisition of the basic medical knowledge which can be utilized by daily life for my object at this session.
(1)The goal of this lecture is to learn the structure and function of the body. For this purpose, students learn basic pathological medicine, such as the anatomy and physiology of the body and the causes of diseases and disorders, as basic knowledge. The purpose of this study is to learn about the characteristic diseases of the elderly and the disabled, to learn the current atatus of lifestyle-related diseases, and to acquire basic medical knowledge that can be used in daily life.
(2)Learn anatomy and physiology based on basic medicine.
(3)This lecture focuses on nurturing "practical thinking skills" among other NUCB frontiers.
(4)The objectives of this course are LG-1(logical thinking ability) and LG-Ⅲ(information technology utilization ability).

A student can know the structure and function of the my own body and know healthy importance by learning this subject.

本授業の該当ラーニングゴール Learning Goals

*本学の教育ミッションを具現化する形で設定されています。

LG1 Critical Thinking
LG2 Diversity Awareness
LG3 Ethical Decision Making
LG4 Effective Communication

受講後得られる具体的スキルや知識 Learning Outcomes

 身体の構造と機能を学習し、日常生活に必要な基礎医学の知識を理解できる。

 To learn the structure and function of the body and to understand basic medical knowledge necessary for daily life.

SDGsとの関連性 Relevance to Sustainable Development Goals

Goal 4 質の高い教育をみんなに(Quality Education)

教育手法 Teaching Method

教育手法 Teaching Method % of Course Time
インプット型 Traditional 70 %
参加者中心型 Participant-Centered Learning ケースメソッド Case Method 20 %
フィールドメソッド Field Method 10 %
合計 Total 100 %

学習方法、レポート、課題に対するフィードバック方法 Course Approach, Report, Feedback methods

レポートについて : 講義中に学んだ内容を基本として、身体の仕組みと機能を考えるレポートを課す。
試験に対する学習方法 : 講義内容により、基本的な基礎医学を理解する。大事な箇所は授業中に指摘するので、休まずにしっかりと聞くこと。
この科目に対する自学自習方法 : 身体の機能と仕組みに関するマスコミ報道等をよく見聞きすること。次回の講義課題を提示するので調べておくこと。

授業スケジュール Course Schedule

第1日(Day1)

第1日(Day1)
  ガイダンス 細胞と遺伝 血液と循環器


●使用するケース
人工ペースメーカーについて

第2日(Day2)

第2日(Day2)
  免疫とアレルギー


●使用するケース
ワクチンについて

第3日(Day3)

第3日(Day3)
  腎臓の構造と機能  呼吸器の構造と機能

第4日(Day4)

第4日(Day4)
  消化器の構造と機能

第5日(Day5)

第5日(Day5)
  脳と神経

●使用するケース
認知症の原因

第6日(Day6)

第6日(Day6)
  感覚器官 骨と筋肉

第7日(Day7)

第7日(Day7)
  内分泌 生殖器

成績評価方法 Evaluation Criteria

*成績は下記該当項目を基に決定されます。
講師用内規準拠 Method of Assessment Weights
予習レポート Preparation Report 10 %
コールドコール Cold Call 0 %
授業内での挙手発言 Class Contribution 10 %
ケース試験 Case Exam 0 %
参加者による相互評価 Peer Assessment 0 %
シミュレーション成績 Simulation 0 %
小テスト Quizzes / Tests 0 %
最終レポート Final Report 0 %
期末試験 Final Exam 80 %
合計 Total 100 %

評価の留意事項 Notes on Evaluation Criteria

定期試験80点、レポート10点。受講態度は適宜平常点として減点方式で組み込んでいく。
重点強化クラブレポート制度を利用する学生は、平常点50%、クラブレポート50%
講義中の質問やディスカッションへの発表発言は平常点に加算していく。

使用ケース一覧 List of Cases

    ケースは使用しません。

教科書 Textbook

  • 浅野伍朗「からだのしくみ事典」成美堂出版(2009)978-4-415-01903-1

参考文献・資料 Additional Readings and Resource

参考文献名/Reference
[1]戎 弘志『障害児療育−障害をもつ子どもの未来のために』不昧堂出版、2004、ISBN 4-8293-0429-4
[2] 社会福祉士養成講座編集委員会 編集 中央法規 『新・社会福祉士養成講座(1)人体の構造と機能及び疾病』 ISBN 978-4-8058-3101-4

授業調査に対するコメント Comment on Course Evaluation

遅刻早退には厳粛に対処する。パワーポイントを基本的に利用し、大事な部分や理解しにくい部分は板書する。

担当教員のプロフィール About the Instructor 

(1) 博士(医学) 藤田医科大学 生理学教室
臨床検査技師、臨床工学技士、社会福祉士
(2) 研究分野 ナトリウム利尿ペプチド、神経系輸送、高齢者及び障害者福祉
(3) 主な著書
   「障害児療育」不昧堂出版。2004
    Decrease of Atrial Natriuretic Peptide Content in Rat Superior Cervical Sympathetic Ganglion After
Denervation and Axotomy.1989.Journal of Neurochemistry.

(1) Doctor (Medical)
  Clinical laboratory technician , Clinical engineering technician , Social worker

(2) Atrial natriuretic peptide , Nervous system transport , Welfare for the elderly and disabled


(実務経験 Work experience)

病院   中央検査部、医療相談室
障害者福祉施設 高齢者福祉施設

Laboratory of Hospital. Medical consultation room.
Welfare for the disabled and elderly.






ページ上部へ戻る