シラバス Syllabus

授業名 国際安全保障論
Course Title International Security Studies
担当教員 Instructor Name 前川 和歌子(Wakako Maekawa)
コード Couse Code NUC256_N21B
授業形態 Class Type 講義 Regular course
授業形式 Class Format On Campus
単位 Credits 2
言語 Language JP
科目区分 Course Category 共通専門教育科目400系 / Specialized Subject 400
学位 Degree BSc
開講情報 Terms / Location 2021 UG Nisshin Term4

授業の概要 Course Overview

世界で起きている紛争は、ビジネスや経済にも影響を与えます。国際安全保障に関する基本的知識の習得は、本学のミッションでもある世界的視野を持って、国際舞台で活躍することにおいて有用です。
本講義では、国際安全保障の様々な理論や概念を、ケースを用いて学んでゆきます。本講義は、学生が国際安全保障に関する基本的知識を身に着け、様々な角度から安全保障にかかわる課題を理解し、紛争の平和的解決や第三国の軍事的介入といった事象を分析できるようにすることを目標にします。
既存の理論で説明できないケースや、実際の平和交渉において直面する課題など、国際社会の抱える安全保障の課題を考察する実践力を養います。

Conflicts happening around the world affect business and economy. Learning basic knowledge of international security will ultimately help students succeeding in international society with global perspectives, which is stated in this university’s mission goal.
In this course, students will learn various theories and concepts of International Security by using cases. The objective of this course is to provide basic knowledge of international security to students and to develop students’ ability to learn security issues from various points of view, which will help students to analyze international security affairs such as peaceful resolutions or third-party military interventions.
By learning cases that cannot be explained with the existing theories or by learning the challenges in the actual peace negotiations, students will be able to develop practical skills to analyze the international security challenges that international society face.

本授業の該当ラーニングゴール Learning Goals

*本学の教育ミッションを具現化する形で設定されています。

LG1 Critical Thinking
LG2 Diversity Awareness
LG3 Ethical Decision Making
LG4 Effective Communication
LG7 International Perspectives (BA)

受講後得られる具体的スキルや知識 Learning Outcomes

国際安全保障に関する基本的知識
論理的思考力、分析力

By the end of this course, students will be able to acquire basic knowledge of international security.
Students will acquire logical thinking skills as well as analytical skills.

SDGsとの関連性 Relevance to Sustainable Development Goals

Goal 16 平和と公正をすべての人に(Peace and Justice Strong Institutions)

教育手法 Teaching Method

教育手法 Teaching Method % of Course Time
インプット型 Traditional 50 %
参加者中心型 Participant-Centered Learning ケースメソッド Case Method 50 %
フィールドメソッド Field Method 0 %
合計 Total 100 %

学習方法、レポート、課題に対するフィードバック方法 Course Approach, Report, Feedback methods

【学習方法】
授業で使用するケースに関しては、事前にGoogle Classroomにアップロードします。教科書及び参考資料を用いて事前学習を行ってください。予習レポートは1~2枚(A4)以内に、アサインメント質問に対する答えをまとめてください。講義資料は授業後にGoogle Classroomにアップロードしますので、復習に役立ててください。予習復習は各1時間を目途に行ってください。
【課題に対するフィードバック】
レポートにコメントを記載しますが、個別の質問に関してはオフィスアワーに指導します。
【中央情報センターの活用】
自己学習、レポートの作成に積極的に使用してください。

授業スケジュール Course Schedule

第1日(Day1)

《ガイダンス》 
本講義の概要、進め方、評価方法などを説明します。
《導入:安全保障とは何か》
安全保障の概念を学びます。


●使用するケース
この日の授業でケースを使用する予定:オリジナルケース作成中

第2日(Day2)

《民主主義平和》
民主主義による平和論や、民主化と紛争について考察します。


●使用するケース
この日の授業でケースを使用する予定:オリジナルケース作成中

第3日(Day3)

《内戦》
今日の紛争の大半を占める内戦とは何か、内戦はなぜ起きるのかといったことを学びます。


●使用するケース
この日の授業でケースを使用する予定:オリジナルケース作成中

第4日(Day4)

《非正規戦争:テロと反乱》
テロや反乱における戦略や対反乱作戦のジレンマなどを学びます。


●使用するケース
この日の授業でケースを使用する予定:オリジナルケース作成中

第5日(Day5)

《第三国の介入》
紛争における第三国の介入(軍事介入や人道的介入)について学びます。


●使用するケース
この日の授業でケースを使用する予定:オリジナルケース作成中

第6日(Day6)

《紛争後の平和の構築》
紛争後の平和構築支援や課題について考察します。



●使用するケース
この日の授業でケースを使用する予定:オリジナルケース作成中

第7日(Day7)

《人間の安全保障》
人間の安全保障とは何か、破綻国家での下での人間の安全を誰が保障するのかといったことを考えます。


●使用するケース
この日の授業でケースを使用する予定:オリジナルケース作成中

成績評価方法 Evaluation Criteria

*成績は下記該当項目を基に決定されます。
講師用内規準拠 Method of Assessment Weights
予習レポート Preparation Report 20 %
コールドコール Cold Call 0 %
授業内での挙手発言 Class Contribution 30 %
ケース試験 Case Exam 0 %
参加者による相互評価 Peer Assessment 0 %
シミュレーション成績 Simulation 0 %
小テスト Quizzes / Tests 0 %
最終レポート Final Report 50 %
期末試験 Final Exam 0 %
合計 Total 100 %

評価の留意事項 Notes on Evaluation Criteria

遅刻は厳禁です。

使用ケース一覧 List of Cases

    ケースは使用しません。

教科書 Textbook

  • 吉川元「国際安全保障論:戦争と平和、そして人間の安全保障の軌跡」有斐閣(2007)

参考文献・資料 Additional Readings and Resource

防衛大学校安全保障学研究会(2009)新訂第4版安全保障学入門 亜紀書房
Snyder C. A. (2012). Contemporary Security and Strategy. Palgrave Macmillan.
Baylis, J., Wirtz, J. J., and Gray, C. S. (2013). Strategy in the Contemporary World. Oxford University Press.
Newman, E., and DeRouen, Jr. K. (2014). Routledge Handbook of Civil Wars. Routledge.

授業調査に対するコメント Comment on Course Evaluation

初年度担当科目

担当教員のプロフィール About the Instructor 

【学歴】
2014-2015 英国エセックス大学 政治学部 国際関係学修士課程 (MA in International Relations)
2015ー2018 英国エセックス大学 政治学部 政治学博士課程 (Ph.D. in Government) 

【研究分野】
内戦、比較政治学、国際政治学、国際機関と平和構築

【Educations】
2014-2015 University of Essex Department of Government MA in International Relations
2015-2018 University of Essex Department of Government Ph.D. in Government

【Research Area】
Civil War, Comparative Politics, International Politics, International Organizations and Peacebuilding

(実務経験 Work experience)

【職務経歴】
2018-2019 米国カリフォルニア大学サンディエゴ校 政治学部 ポスドク研究員
2019-2020 神戸大学 法学研究科 研究員
2019-2020 外務省 専門分析員
2020ー現在  名古屋商科大学 経済学部 専任講師

【Employment】
2018-2019 University of California, San Diego, Department of Political Science, Center for Peace and Security Studies, Postdoctoral Scholar
2019-2020 Kobe University, Graduate School of Law, Researcher
2019-2020 Ministry of Foreign Affairs in Japan, Research and analysis specialist
2020-present Nagoya University of Commerce and Business, Faculty of Economics, Assistant Professor

Refereed Articles

  • (2020) Strategic Territorial Power-sharing and Multi-party Bargaining in Civil Wars. Peace Economics, Peace Science and Public Policy
  • (2019) External Supporters and Negotiated Settlement: Political Bargaining in Solving Governmental Incompatibility. Journal of Conflict Resolution 63(3):
  • (2018) UN Involvement and Civil War Peace Agreement Implementation. Public Choice 178






ページ上部へ戻る