シラバス Syllabus

授業名 管理会計論 2
Course Title Management Accounting 2
担当教員 Instructor Name 石川 智己(Tomoki Ishikawa)
コード Couse Code NUC240_N22B
授業形態 Class Type 講義 Regular course
授業形式 Class Format On Campus
単位 Credits 2
言語 Language JP
科目区分 Course Category 専門教育科目400系 / Specialized Subject 400
学位 Degree BSc
開講情報 Terms / Location 2022 UG Nisshin Term4

授業の概要 Course Overview

ビジネス界に貢献する能力を持った先駆的活躍のできる人材あるいは起業家が、国際社会で活躍し高い競争力を発揮するためには、企業の活動を読み取る力は必須である。管理会計の分析手法を理解することで企業活動の未来を知ることができる。これに習熟することで、経営者やビジネスマンに必要とされる業績評価や利益計画に必要なスキルを身につけることが可能である。管理会計の考え方やツールは、企業活動のあらゆる意思決定を支援する技法として修得されなければならない。
管理会計は、自社の経営に活かすために作成する、内部向けの会計である。経営者は、管理会計の情報をもとに、自社の経営を分析し、将来の意思決定を行ったり、製品や人事に関する施策を打つことができます。この講義では、ビ ジネスマンに必要とされる財務的なスキルを身につけることが目標であり、ビジネスの基礎的な素養を身につけさせる重要な講義である。この講義を理解するためには簿記会計の基礎的な知識は必要不可欠であり、日商簿記検定2級工業簿記は理解しておくことが必要である。
この科目は、企業の意思決定とコントロールに役立つ管理会計の基礎知識の習得を目的とします。そして、みなさんが管理会計の基礎知識をマスターし、実際のビジネスで活用できるようになることを到達目標とします。

In order for pioneering human resources or entrepreneurs who have the ability to contribute to the business world to play an active role in the international community and demonstrate high competitiveness, the ability to read the activities of companies is essential. By understanding the analysis method of management accounting, you can know the future of corporate activities. By mastering this, it is possible to acquire the skills necessary for performance evaluation and profit planning required by managers and businessmen. Management accounting ideas and tools must be mastered as techniques to support all decision-making in corporate activities.
Management accounting is an internal accounting that is created to utilize it in the management of the company. Based on management accounting information, management can analyze their own management, make future decisions, and take measures related to products and personnel. The goal of this lecture is to acquire the financial skills required for Businessperson, and it is an important lecture to acquire the basic background of business. In order to understand this lecture, basic knowledge of bookkeeping accounting is indispensable, and it is necessary to understand the Nissho Bookkeeping Test Level 2 Industrial Bookkeeping.
The purpose of this course is to acquire basic knowledge of management accounting that is useful for corporate decision making and control. The goal is for you to master the basic knowledge of management accounting and use it in your actual business.

本授業の該当ラーニングゴール Learning Goals

*本学の教育ミッションを具現化する形で設定されています。

LG3 Ethical Decision Making

受講後得られる具体的スキルや知識 Learning Outcomes

本講義は、管理会計的視点による経営意思決定能力の習得を目的とします。

This lecture aims at mastering management decision making ability from Managerial Accounting viewpoint

SDGsとの関連性 Relevance to Sustainable Development Goals

Goal 4 質の高い教育をみんなに(Quality Education)

教育手法 Teaching Method

教育手法 Teaching Method % of Course Time
インプット型 Traditional 70 %
参加者中心型 Participant-Centered Learning ケースメソッド Case Method 30 %
フィールドメソッド Field Method 0 %
合計 Total 100 %

学習方法、レポート、課題に対するフィードバック方法 Course Approach, Report, Feedback methods

準備学習(予習復習等)および課題(試験・レポート等)に対するフィードバック方法
・講義では簿記、原価計算の基礎知識が必要となる領域が多く含まれています。このため、受講にあたっては、簿記学及び原価計算論を履修していること、できれば日商簿記検定2級に合格していることが望ましい。
・演習問題を解いた後にディスカッションを行うこともありますので、積極的な発言を期待します。
・会計科目は講義を受講した後に自力で計算問題が解けるようになることが必要です。 予習は,次の授業範囲をテキストで確認,できれば読んでおくこと、復習は必ず行ってください。復習はテキスト記載の計算問題や講義中に使用した設例、演習問題は必ずできるようにし、計算ロジック、手法や考え方を身につけて下さい(計算問題で1時間程度)。
・理解度をはかるため、計算問題を中心とした小テストを実施する予定です。
・小テストの結果は、Google Classroomにて採点結果をフィードバックします。解説を講義の中で行いますので、できなかった問題はかならず復習し、自力でできるようにしておいてください。
・毎回リアクションペーパーを配付しますので、質問等を記載の上、講義終了時に提出して下さい。質問の多かった事項については、次回の講義開始時にフィードバックします。
・計算問題が多いため「電卓」を持参してください。

中央情報センター(図書館)の活用について
・参考文献やその他の関連資料を調べるなど,情報センターを積極的に活用してください。

授業スケジュール Course Schedule

第1日(Day1)

1  オリエンテーション、管理会計論Ⅰの復習
・管理会計の基礎、経営計画とコントロールのための会計を復習する。
2 中長期計画、利益計画と予算管理、予算管理の計算演習
・長期ビジョンから中期計画の策定、予算編成へのプロセス、予算差異分析の手法を学修する。
・編成された予算と実績を比較し、予算差異分析の計算演習を行う。

第2日(Day2)

3 資金管理とキャッシュ・フロー経営
・事前課題にて会計処理とキャッシュ・フローの違いを確認します。講義では、資金管理の重要性を理解し、それらの違いを踏まえたうえで資金繰り表の作成方法を学修する。
4 資金計画表、資金繰り表の作成演習
・数値を用いた演習問題を使用し、資金計画表、資金繰り表を作成し、その結果についてディスカッションする。

第3日(Day3)

5 特殊原価概念と固変分解、CVP分析の基礎
・特殊原価概念の意義、変動費と固定費の分解、損益分岐点、CVP分析の基礎
6 差額原価収益分析の基礎
・CVP分析から発展し、差額原価収益分析の基礎を理解し、業務的意思決定の手法を学修する。


第4日(Day4)

7 業務的意思決定のための管理会計
・数値を用いた設例、演習問題により、追加受注の可否、自製か他製かの意思決定の手法を学修する。
8 小テスト、戦略的・戦術的価格決定
・価格決定方法について学修するこれまでの振り返り

第5日(Day5)

9 貨幣の時間価値・資本コスト
・設備投資の経済性計算を行う上で必要となる概念(貨幣の時間価値・資本コスト)の説明を行い、数値を用いた計算方法を学修する。
10 戦略的意思決定と設備投資計画
・設備投資、市場拡大、M&Aなど企業の経営構造を変革する意思決定である戦略的意思決定を学修する。

第6日(Day6)

11 設備投資の経済性計算演習(1)
・数値を用いた例題を使用し、設備投資計画の経済性計算を行い、計画採択の可否について検討し、その結果についてディスカッションする。
12 設備投資の経済性計算演習(2)
・数値を用いた例題を使用し、設備投資計画の経済性計算を行い、計画採択の可否について検討し、その結果についてディスカッションする。

第7日(Day7)

13バランスト・スコアカード
・バランスト:スコアカードによる業績評価について学修する。
14管理会計論2の振り返り


成績評価方法 Evaluation Criteria

*成績は下記該当項目を基に決定されます。
*クラス貢献度合計はコールドコールと授業内での挙手発言の合算値です。
講師用内規準拠 Method of Assessment Weights
コールドコール Cold Call 0 %
授業内での挙手発言 Class Contribution 20 %
クラス貢献度合計 Class Contribution Total 20 %
予習レポート Preparation Report 10 %
小テスト Quizzes / Tests 30 %
シミュレーション成績 Simulation 0 %
ケース試験 Case Exam 0 %
最終レポート Final Report 0 %
期末試験 Final Exam 40 %
参加者による相互評価 Peer Assessment 0 %
合計 Total 100 %

評価の留意事項 Notes on Evaluation Criteria

予習レポートはDAY2にて実施する資金管理の検討を行うにあたり、簿記学で学習した会計処理とキャッシュ・フローの違いを確認するための事前課題になります。提出の有無、提出された課題の内容で評価します。
授業内での挙手発言は、講義中やディスカッションにおける発言回数及び発言内容で評価します。
小テストは、講義の理解促進を図るため、授業中に実施する予定です。必ず講義に出席してテストを受けて下さい。

使用ケース一覧 List of Cases

    ケースは使用しません。

教科書 Textbook

  • 櫻井 通晴「管理会計 基礎編」同文館出版(2010)978-4-495-16147-7

参考文献・資料 Additional Readings and Resource

以下は、理解を深めるための参考文献として記載しています。
・櫻井 通晴 著『管理会計(第七版)』同文館、ISBN:978-4-495-16147-7
・小林啓孝/著 伊藤嘉博/著 清水孝/著 長谷川惠一/著『スタンダード管理会計 (第2版)』東洋経済新報社
・鈴木 隆文 著『みんなが欲しかった!(第2版)簿記の問題集 日商1級 工業簿記・原価計算 3直接原価計算・意思決定会計編』TAC出版,ISBN: 978-4-8132-8589-2
・TAC公認会計士講座 編著『公認会計士短答式試験対策シリーズ ベーシック問題集 管理会計論(第5版)』 TAC出版,ISBN:978-4-8132-6600-6

授業調査に対するコメント Comment on Course Evaluation

2021年度は演習問題を多めにして、問題を解き、復習することで理解を深めてもらうことをこころがけました。依然として難しいという声もあり、2022年度は講義で扱う論点を絞りました。しかし、管理会計を理解するためには基礎的な簿記学、原価計算論の知識が必要不可欠であることには変わりがありません。平易な説明を心がけますが、受講にあたっては簿記学及び原価計算論を履修済みか日商簿記検定2級工業簿記の内容を理解しておくことが必要です。

担当教員のプロフィール About the Instructor 

●学位と取得大学(修士以上)
修士(商学)中央大学

●研究分野
非営利法人における統一的な会計基準導入の可能性
経営管理に有効な予算統制及び中期経営計画の策定

●資格
公認会計士

●主な論文等
1.「生活協同組合の会計・監査」有限責任監査法人トーマツ『会計情報』 pp23~26,2017年6月
2.有限責任監査法人トーマツ編『建設業の決算手続と税務調整(第3版) 』清文社, 第3章「3 諸引当金」及び「4 偶発債務」(pp.237-265), 2015年5月

(実務経験 Work experience)

●職歴
1998年 監査法人トーマツ(現有限責任監査法人トーマツ)入所
2001年 公認会計士登録
2018年 厚生労働省 社会・援護局 生協指導専門官着任
2020年 石川智己公認会計士事務所開業、現在に至る

●実務経験
大手監査法人にて、法定監査(金融商品取引法、会社法、私立学校振興助成法)、株式公開支援業務に従事し、企業向け研修企画・講師を担当する。
厚生労働省において生協指導専門官として、国所管の生活協同組合への行政検査、会計基準及び監査基準の改訂に伴う生協法施行規則の改正にかかわる業務を担当する。







ページ上部へ戻る