シラバス Syllabus

授業名 経営学入門 2
Course Title Introduction to Management 2
担当教員 Instructor Name 石井 正道(Masamichi Ishii)
コード Couse Code NUC239_N21A
授業形態 Class Type 講義 Regular course
授業形式 Class Format On Campus
単位 Credits 2
言語 Language JP
科目区分 Course Category 専門専門科目200系 / Specialized Subject 200
学位 Degree BSc
開講情報 Terms / Location 2021 UG Nisshin Term2

授業の概要 Course Overview

本講義は本学のミッション「“フロンティアスピリット”を備えたイノベーティブで倫理観あるリーダーの育成、そしてビジネス界や社会の発展をもたらす知識を創出することである。」に沿ったものとなっており、ビジネス分野でのリーダーとしての基礎を築くものである。
経営学入門の目標は,経営学分野の各科目を受講するにあたり,前もって修得しておくべき基礎知識を身につけることである。経営学入門は前期「 経営学入門1」と後期「 経営学入門2」から構成されている。経営学入門2においては、主要な理論について、発展過程を含めて学び、科学的な視点から経営学について理解を深める。
 
1)経営学の理論が過去どのように発展してきたのかを理解する。
2)経営学の理論が作られるプロセスを理解する。
3)実践の場で理論を学び、生み出し、適用する能力を身につける

Our school's mission is to educate innovative and ethical leaders who possess a ʻFrontier Spiritʼ and to create knowledge that advances business and society. In line with the mission, this course is designed to provide students with basic foundation as leaders in the business field.
As an introduction course for management, the goal of this course is to equipe the students with basic knowledge about management, by which students can learn and understand other courses regarding management effectively. This introduction course consists of Introduction to Management1 and Introduction to Management 2. Introduction to Management 2 teaches the basic theories as well as how theories are created in the field of management, which leads to the understanding of management from a scientific viewpoint.
1) Understanding the history of development of management theories
2) Understanding the process how a management theory is created
3) Developing the ability to learn or create new theories and to put them into practice

本授業の該当ラーニングゴール Learning Goals

*本学の教育ミッションを具現化する形で設定されています。

LG1 Critical Thinking
LG3 Ethical Decision Making
LG5 Business Perspectives (BSc)

受講後得られる具体的スキルや知識 Learning Outcomes

経営学における主要な理論の理解と活用

The knowledge regarding major theories in the field of management and skills to utilize those theories effectively

SDGsとの関連性 Relevance to Sustainable Development Goals

Goal 4 質の高い教育をみんなに(Quality Education)

教育手法 Teaching Method

教育手法 Teaching Method % of Course Time
インプット型 Traditional 40 %
参加者中心型 Participant-Centered Learning ケースメソッド Case Method 60 %
フィールドメソッド Field Method 0 %
合計 Total 100 %

学習方法、レポート、課題に対するフィードバック方法 Course Approach, Report, Feedback methods

●準備学習(予習復習等):教科書をベースに予習と復習を1時間ずつ行うのが望ましい。
●課題(試験・レポート):毎週事前課題を出す。
●レポートについては、次週に評価や修正点をフィードバックする。

授業スケジュール Course Schedule

第1日(Day1)

●イントロダクション

●使用するケース
「自分で理論を作ってみよう」(教員作成)

第2日(Day2)

●伝統的管理論

●使用するケース
「星野リゾート」(収録ビデオ)

第3日(Day3)

●行動科学と経営理論

●使用するケース
「丸亀製麺」(収録ビデオ)

第4日(Day4)

●近代管理論

●使用するケース
「アイリスオーヤマ」(収録ビデオ)

第5日(Day5)

●経営戦略論

●使用するケース
「ダイキン」(収録ビデオ)

第6日(Day6)

●最近の経営理論(1)

●使用するケース
アンデルセン(収録ビデオ)

第7日(Day7)

●最近の経営理論(2)とまとめ

●使用するケース
「アグリゲート」(収録ビデオ)

成績評価方法 Evaluation Criteria

*成績は下記該当項目を基に決定されます。
講師用内規準拠 Method of Assessment Weights
予習レポート Preparation Report 0 %
コールドコール Cold Call 0 %
授業内での挙手発言 Class Contribution 60 %
ケース試験 Case Exam 0 %
参加者による相互評価 Peer Assessment 0 %
シミュレーション成績 Simulation 0 %
小テスト Quizzes / Tests 0 %
最終レポート Final Report 40 %
期末試験 Final Exam 0 %
合計 Total 100 %

評価の留意事項 Notes on Evaluation Criteria

授業中のディスカッションやグループディスカッションへの積極的参加を重視する。
期末試験はありません。

使用ケース一覧 List of Cases

    ケースは使用しません。

教科書 Textbook

  • 井原久光「テキスト経営学[第3版]」ミネルヴァ書房(2008)978-4-623-05129-8

参考文献・資料 Additional Readings and Resource

[1]岸田民樹・田中政光『経営学説史』有斐閣アルマ,2009,ISBN4-641-12369-4
[2] 入山章栄 『ビジネススクールでは学べない世界最先端の経営学』日経BP社, 2015, ISBN978-4-8222-7932-5
[3] 上林憲雄・奥林康司・團泰雄・開本浩矢・森田雅也・竹林明『経験から学ぶ経営学入門』有斐閣ブックス,2007, ISBN4-641-18348-3
[4] リチャード・ウィッティントン,須田敏子・原田順子訳『戦略とは何か?』慶応義塾大学出版会,2008,ISBN4-7664-1557-5 (原著 2001)
[5] 渡辺峻・伊藤健市・角野信夫『やさしく学ぶマネジメントの学説と思想 増補版』ミネルヴァ書房,2010,ISBN4-623-05757-3 [6] 高橋伸夫『虚妄の成果主義』日経BP社,2004,ISBN4-8222-4372-2

授業調査に対するコメント Comment on Course Evaluation

わかりやすい授業になるように工夫します。

担当教員のプロフィール About the Instructor 

(1) 学位と取得大学(修士以上) : 修士(Master in Public Policy) ハーバード大学 : 博士(学術)東京大学
(2) 研究分野 : イノベーション・マネジメント、アントレプレナーシップ
(3) 主な論文(過去5年3編)
Ishii, M., Ueda, K.,Takeda, H., Takenaka, T., Nishino, N. and Utahara, A. "Research on effective management of business model creation process: Through the multiple case-studies on a SOGO-SHOSYA," NUCB journal of economics and information science Vol.59, No.2: 1-19. 2015
Ishii, M., Ueda, K.,Takeda, H., Takenaka, T., Nishino, N. and Utahara, A. "Managing business model creation process: Kirznerian entrepreneurship and the role of organisation in cases of a Japanese company," World Review of Entrepreneurship,Management and Sustainable Development(2014.10) Vol.10, No.4: 465 - 483.
Ishii,M and Baba,Y. "Strategy Process for Discontinuous Innovation: In case of Japanese Established Companies," Annual Research Forum at the 2013 PDMA Product Innovation Management Conference (2013.10)
(4) 主な著書
『非連続イノベーションの戦略的マネジメント』 、石 井正道、白桃書房、2010
『独創の条件』、石井正道、NTT出版、2005

●Academic degree and university name (above master’s degree)
Master in Public Policy (Harvard University's Kennedy School)
Ph.D.(University of Tokyo) in the field of Innovation Management
●Research Field: Innovation Management, Entrepreneurship
●Main article(s) (In the past 5 years)
Ishii, M., Ueda, K.,Takeda, H., Takenaka, T., Nishino, N. and Utahara, A. "Research on effective management of business model creation process: Through the multiple case-studies on a SOGO-SHOSYA," NUCB journal of economics and information science Vol.59, No.2: 1-19. 2015
Ishii, M., Ueda, K.,Takeda, H., Takenaka, T., Nishino, N. and Utahara, A. "Managing business model creation process: Kirznerian entrepreneurship and the role of organisation in cases of a Japanese company," World Review of Entrepreneurship,Management and Sustainable Development(2014.10) Vol.10, No.4: 465 - 483.
Ishii,M and Baba,Y. "Strategy Process for Discontinuous Innovation: In case of Japanese Established Companies," Annual Research Forum at the 2013 PDMA Product Innovation Management Conference (2013.10)
●Main book(s)
Strategic Management of Discontinuous Innovation, Masamichi Ishii, Hakutou, 2010

(実務経験 Work experience)

1977 〜 1996 清水建設株式会社 技術本部 研究開発マネジメント担当
1996 〜 1999 ハーバード大学フェアバンク東アジア研究センター及びケネディスクール政治行政大学院でリサーチアシスタント及び日米共同研究プロジェクトマネジャー
2002 〜 2005 文部科学省科学技術政策研究所 上席研究官
2005 〜 2008 文部科学省科学技術政策研究所 客員研究官
2009 〜 2010 東京大学人工物工学研究センター価値創成イニシアティブ(住友商事)寄付研究部門 特任准教授(常勤)

1977 〜 1996 Shimizu Corporation Technology Division: Manager for Technology Development
1996 〜 1999 Harvard University's Fairbank Center for East Asia Studies and Kennedy School: Research Associate and Project Manager for US Japan Joint Research Project
2002 〜 2005 National Institute of Science and Technology Policy:Senior Researcher
2005 〜 2008 National Institute of Science and Technology Policy: Visiting Researcher
2009 〜 2010 University of Tokyo's Research into Artifacts, Center for Engineering, Sumitomo Project: Associate Professor

Refereed Articles

  • (2017) How can business schools teach innovation?. Development Engineering 37(1): ISSN 1343-7623
  • (2015) Research on Effective Management of the Business Model Creation Process. NUCB insight 4
  • (2014) Managing business model creation process: Kirznerian entrepreneurship and the role of organization in cases of a Japanese company. World Review of Entrepreneurship, Management and Sustainable Development 10(4): 1746-0581
  • (2009) Corporate Entrepreneurship in Discontinuous Innovation-Proposal on Organizational Active Involvement in Corporate Entrepreneurship-. Technology and Economy (2009.6): ISSN 0285-9912
  • (2008) Research on Strategy Formulation Process for Discontinuous Innvation: Proposal on Controlling Emergent Process. Journal of Innovation Management No.5 13492233

Refereed Proceedings

  • (2017). Strategy process for discontinuous innovation from evolutionary perspectives. SMS 37TH ANNUAL CONFERENCE .Strategic Management Society. 1. 2. Houston, Texas, USA
  • (2016). Business Model Innvation from a Viewpoint of Entrepreneurship. R&D Management Conference 2016, USB .R&D Management . 1. 3. University of Cambridge, UK
  • (2013). Strategy Process for Discontinuous Innovation: In case of Japanese Established Companies. .Annual Research Forum at the 2013 PDMA Product Innovation Management Conference. 1. 3. Phoenix, Arizona, USA






ページ上部へ戻る