シラバス Syllabus

授業名 プログラミング言語
Course Title Computer Programming Language & Practice
担当教員 Instructor Name 韓 尚憲(Sangheon Han)
コード Couse Code NUC238_N21B
授業形態 Class Type 講義 Regular course
授業形式 Class Format On Campus
単位 Credits 2
言語 Language JP
科目区分 Course Category 専門教育科目300系 / Specialized Subject 300
学位 Degree BSc
開講情報 Terms / Location 2021 UG Nisshin Term4

授業の概要 Course Overview

本講座では、本学のミッションである、「 "フロンティアスピリット"を備えたイノベーティブで倫理観あるリーダーの育成、そしてビジネス界や社会の発展をもたらす知識の創出をすることである。名古屋商科大学の学生は、新時代のアジアと世界をつなぐ能力を有している。」を意識しながら運用します。
コンピューター言語は、コンピューターとのコミュニケーションのための言語であり、近年では文系・理工系を問わず幅広く学習することになっている。本講座では、多くあるコンピューター言語(C言語、JavaScript、Phythonなど)を年度ごとに回転しながら学習していきます。今年は、C言語を取り上げ、言語の基礎から中級までのレベルまで学習していきます。
C言語は、コンピュータに与える命令を人間が理解しやすい形で記述するために使われる、「プログラミング言語」の 一種である。数種類あるプログラミング言語の中でC言語は特に多くの機種、OSに移植されており、用途も簡単な数値計算からOS (ex.UNIX)自体の記述等、非常に多岐にわたる。また、コンピュータを利用し情報を取得・処理する能力を形成する源になる科目であり、コンピュータのハードウェアだけではなく、ソフト的な興味を持ち、自分の興味や研究に役に立つアプリケーションの開発やシミュレーションなどに応用することを目的とする。
本科目では、上記のラーニングゴールの確かな実現に向けて、部分的にケース教材を用いた討論授業も行います。本科目の履修者には、討論授業に参加するための予習レポートの作成と、クラスでの積極的な貢献が求められます。
・コンピューターの仕組みが身にづく
・論理的な思考が身にづく
・ソフトウェアビジネスに必要となる知識が身にづく

In this course, we will be aware of our mission of "educate innovative and ethical leaders who possess a 'frontier spirit' and to create knowledge that advances business and society, and to give students the ability to bridge the gap between New Asia and the rest of the world."
This course fully covers the basics of programming in the C-programming language and demonstrates fundamental programming techniques, customs and vocabulary including the most common library functions and the usage of the pre-processor. Learning objectives are - To familiarize the trainee with basic concepts of computer programming and developer tools.To present the syntax and semantics of the C-language as well as data types offered by the language. To allow the trainee to write their own programs using standard language infrastructure regardless of the hardware or software platform. Moreover, It is useful to development for research tools and simulation.
In this course, I will introduce some cases related to real world business situation. Students will be able to have the opportunity to discuss with the presentation about the case. For more information, I will announce during the lecture.

In this course, we will conduct class discussions using case studies in order to achieve the learning goals. The students attending this course may be required to write a preparatory report and must participate in the class discussions.
・ Acquire knowledge about how computers work
・ Acquire logical thinking
・ Acquire the knowledge necessary for software business

本授業の該当ラーニングゴール Learning Goals

*本学の教育ミッションを具現化する形で設定されています。

LG1 Critical Thinking
LG2 Diversity Awareness
LG4 Effective Communication
LG5 Business Perspectives (BSc)
LG7 International Perspectives (BA)

受講後得られる具体的スキルや知識 Learning Outcomes

・C言語で簡単なプログラムを作成・修正することができ、実行することができること
・プログラミングの制作プロセスとプログラミングの実践的な知識・技術を習得することによりシステム開発やデザインの基礎的な知識の習得とともに論理的な思考が身につくと期待できる。

· It is possible to create and modify a simple program with C-language and to execute it
· By practical knowledge of programming and practical knowledge and skills, you can get a logical thinking and acquiring basic knowledge of system development and its design.

SDGsとの関連性 Relevance to Sustainable Development Goals

Goal 4 質の高い教育をみんなに(Quality Education)

教育手法 Teaching Method

教育手法 Teaching Method % of Course Time
インプット型 Traditional 50 %
参加者中心型 Participant-Centered Learning ケースメソッド Case Method 50 %
フィールドメソッド Field Method 0 %
合計 Total 100 %

学習方法、レポート、課題に対するフィードバック方法 Course Approach, Report, Feedback methods

【1】この科目に対する準備学習(自学自習方法)について
   週一回の授業だけでは不十分であるので、予習をして授業に臨むことをお勧めします。意思決定問題に対して、その問題を細かく分析し、それをモデル化する練習を重ねる。よって、本講座では、問題をモデル化する練習とその結果を解析する演習に重点を置く。また、予習・復習をして授業に臨むことをお勧めします。従って、各講義前に教科書の予習やケースの予習に2時間の時間が必要とされる。
【2】課題(試験・レポート等)に対するフィードバックについて
  中間試験のフィードバックについては、オフィスアワーに研究室で個別に指導する。レポートは講義内で採点・コメントを付して返却する。

授業スケジュール Course Schedule

第1日(Day1)

(C言語とは?)
 ・プログラミング言語としてのC言語の位置付け
 ・C言語の特徴と開発環境
 ・MacとWindowsでのCompilerの基本的な使い方とコンパイル方法  
(C言語を用いたプログラムの作成)
 ・変数
 ・Cプログラムの記述スタイル
 ・C言語の記述から実行までの手順
・事前準備事項:基本文法確認課題

第2日(Day2)

(出力と入力)
 ・画面への出力(printf 関数)
 ・キーボードからの入力(scanf 関数)
 ・整数、文字の表現方法  
(四則演算、データ型)
 ・整数/実数の計算
 ・データ型(まとめ)
・事前準備事項:基本文法確認課題

第3日(Day3)

(選択処理1)
 ・条件文について勉強します。
 ・if文
 ・関係演算子( >, <= )と等価演算子( ==, != )  
(選択処理2)
 ・if~else、else~if文
 ・論理演算子( !, ||, && )
・事前準備事項:基本文法確認課題

第4日(Day4)

(条件文1)
 ・多重ループ 
(条件文2)
 ・条件文応用

(ケース・スタディー:)
 ・ケース(仮テーマ):プログラムデザイン(インタフェース) 
・事前準備事項:基本文法確認課題

●使用するケース
「Line 2019」、自作

第5日(Day5)

(条件文3)
 ・条件文の応用 
(反復処理と条件文の応用)
 ・条件文と繰り返し文練
・事前準備事項:基本文法確認課題

第6日(Day6)

(繰り返し文)
 ・do ~ while文、Loopからの脱出、for文 
(中間小テスト)
 ・条件文までの小テストの解説

第7日(Day7)

(ケース・スタディー:)と配列
 ・ケース(仮テーマ):ソフトウェアを商品化するときの適切な値段の設定について 
 ・配列の概念と利用について
(総合整理)
 ・応用問題を中心に復習を行います。
・事前準備事項:最終プロジェクトテスト準備

●使用するケース
「ソフトウェアを商品化するときの適切な値段の設定について(仮)」、自作

成績評価方法 Evaluation Criteria

*成績は下記該当項目を基に決定されます。
講師用内規準拠 Method of Assessment Weights
予習レポート Preparation Report 20 %
コールドコール Cold Call 0 %
授業内での挙手発言 Class Contribution 20 %
ケース試験 Case Exam 0 %
参加者による相互評価 Peer Assessment 0 %
シミュレーション成績 Simulation 0 %
小テスト Quizzes / Tests 40 %
最終レポート Final Report 20 %
期末試験 Final Exam 0 %
合計 Total 100 %

評価の留意事項 Notes on Evaluation Criteria

本講座は、期末テストによる評価はありません。
予習の重要性の観点から予習レポートを評価の対象にします。さらに、講義に対する貢献(発言・プレゼンなど)も評価の対象になります。

使用ケース一覧 List of Cases

    ケースは使用しません。

教科書 Textbook

  • 中島 省吾「わかりすぎるC言語の教科書」SCC Books(2015)978-4886472342

参考文献・資料 Additional Readings and Resource

【1】柴田 望洋 『 新・明解 C言語 入門編』、SB Creative、(2014)
【2】さかお まい著、『ビジュアルラーニングC言語入門』 、X-media、(2005)
【3】ハーバート シルト、『独習C』、翔泳社、(2007)
【4】高橋 麻奈、『やさしいC 第3版』、ソフトバンククリエイティブ、(2007)
【5】システム計画研究所 (編集), 内田 智史 単行本、『C言語によるプログラミング 応用編 』、オーム社、(2002)

授業調査に対するコメント Comment on Course Evaluation

前年度の評価結果を参考にして、授業のスピードや内容を毎年改善している。また、講義の中盤にアンケートを実施して理解度などを図り微調整を行っています。

担当教員のプロフィール About the Instructor 

大阪大学大学院にて経済学MA(経営学専攻),大阪大学 大学院にて経済学PhD(経営学専攻)を取得。 経営科学を専門しており、様々な科学的意思決定手法について研究 している。特に、遺伝的アルゴリズムなどのメタ・ヒューリスティックアルゴリズム(Meta Heuristic Algorithm)を用いて、ポートフォリオ選択問題やサプライチェーンネットワークの最適化について研究。最近は、階層分析法(AHP)に興味深い。意思決定者である人間 の心理を取り組んだ科学的意思決定分野に注力。今は、他国の研究者と共同で国際的な 企業を中心にAHPを適用した研究を進めている。現在名古屋商科経営学部 & 同大学大学院マネジメント研究科教授。 主な論文としては、 Hybrid GA for Portfolio Selection Problem, Hybrid GA for Supply Chain Network, Revenue management model for IP-Telephone serviceなど

Master(Business Administration) of Economics at Osaka University graduate school, Economics PhD (Business Administration major) at Osaka University graduate school. He specializes in management science and is studying various scientific decision making methods. In particular, he studied portfolio selection problem and optimization of supply chain network using meta-heuristic algorithm such as genetic algorithm. Recently, I am interested in Analytic Hierarchy Process (AHP). Focusing on the scientific decision-making field that tackled the psychology of the human being who is the decision-maker. Today, we are conducting research with AHP applied mainly to international companies in collaboration with researchers from other countries. Currently Professor of Graduate School of Management, Nagoya University of Commerce & Business.

Refereed Articles

  • (2020) Additional Transportation Costs benefit Consumer Surplus and Social Welfare in a Bilateral Duopoly. Bulletin of Applied Economics 7(2): 2056-3736
  • (2019) Application of allotted analytic hierarchy process (aAHP) in group decision making problem - The evaluation of entrepreneurial ability of Participants at Nisshin Tourist Town Development event -. Journal of Global Business Society 5(1): ISSN 2186-2117
  • (2019) The General Least Square Deviation OWA Operator Problem. Mathematics 7(4): ISSN: 2227-7390
  • (2018) Profit-Improving Linear Tariffs Pricing in a Vertical Oligopoly. Theoretical Economics Letters, 2018, 8 2018, 8,2055-2062 ISSN Online: 2162-2086/ISSN Print: 2162-2078
  • (2018) A Case study on the evaluation of entrepreneurial ability of Participants at Nisshin Tourist Town Development event through Analytic Hierarchy Process. Journal of Global Business Society 4(1): 2186-2117

Refereed Proceedings

  • (2019). A study on validity of shared pairwise comparison method in AHP. Global Business Society 10th Symposium Proceeding .Global Business Society. 1. 2. Osaka
  • (2018). A Study on the Validity of Sharing Work of Pairwise Comparison Method. Proceedings SCIS-ISIS 2018 .2018 Joint 10th International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems and 19th International Symposium on Advanced Intelligent Systems. 1. 2. Toyama International Conference center
  • (2018). A Case study on the evaluation of entrepreneurial ability of Participants at Nisshin Tourist Town Development event through Analytic Hierarchy Process. Global Business Society .Global Business Society 9th Symposium. 1. 3. Osaka city University






ページ上部へ戻る