シラバス Syllabus

授業名 ビジネス倫理
Course Title Business Ethics
担当教員 Instructor Name 山蔦 真之(Masayuki Yamatsuta)
コード Couse Code NUC229_N21A
授業形態 Class Type 講義 Regular course
授業形式 Class Format On Campus
単位 Credits 2
言語 Language JP
科目区分 Course Category 共通専門教育科目300系 / Specialized Subject 300
学位 Degree BSc
開講情報 Terms / Location 2021 UG Nisshin Term2

授業の概要 Course Overview

本学はそのミッションにおいて、フロンティア・スピリットと共に、「高い倫 理観」を重要視している。フロンティア・スピリットが創造性によって「何をするべきか」を語るのであれば、「高い倫理観」は「何をするべきでないのか」を 問題にする。本講義はそれゆえ、本学ミッションの欠かすことの出来ない半分を主題とする。
経済 学は、その急速な発展によって、人々の需要と供給を効率的に満たすことに成功してきた。人々は、その生活のあらゆる部分に至るまで経済の成功を享受してお り、100年、200年前の人々とは比べ物にならないくらい豊かな生活を送っている。加えてクローバリゼーションによって、その成功は国内にとどまらず全 世界へと行き渡った。しかしながら、このように全世界へと行き渡った経済は、少なからぬ副作用を持っていたのである。例えば医療の領域においても、効率性 や受容と供給の論理が広がってことは、それが正しいことであるのか問われなければならない。あるいは環境に対して、経済が効率的に資源を取り続けることが どのような結果をもたらすのかが考えられるべきである。
経済社会に生きる一個人についても、その倫理性は重要である。個人が企業の不正に気付いたと き、彼は内部告発という形でその不正をただすことができるのか。あるいは、技術者が技術的な危険性・リスクに対面した時、彼は企業の利益に反してもその危 険を事前に回避することが出来るのか。これらの問題は経済学とは別の論理によって、すなわちビジネス倫理によって扱われなければならない重要なものであ る

In our mission, along with frontier spirit, we respect "high ethics" as important. If the frontier spirit talks about "what to do" by creativity, "high ethics" is "what should not be done" as a problem. Therefore, this lecture is subject to half the essential part of our mission.
Economics has succeeded in efficiently satisfying people's supply and demand through its rapid development. People enjoy the economic success throughout every part of their lives and live a life that is rich enough not to compare with people 100 years or 200 years ago. In addition, through its clarification, its success has spread all over the world, not just in Japan. However, the economy which spread all over the world like this had a considerable side effect. For example in the medical field, it must be questioned whether the efficiency, the acceptance and supply logic expanded, that it is correct. It is necessary to consider how the economy keeps resources efficiently with respect to the environment or the environment.
Ethics is also important for an individual living in an economic society. When an individual notices the corruption of a company, is he able to fix that corruption in the form of an internal accusation? Or, if technicians face technical risks and risks, will he be able to avoid the danger in advance against the interests of the company in advance? These issues are important by logic that is different from economics, that is, important by business ethics.

本授業の該当ラーニングゴール Learning Goals

*本学の教育ミッションを具現化する形で設定されています。

LG3 Ethical Decision Making

受講後得られる具体的スキルや知識 Learning Outcomes

倫理的な思考法。批判的視点。コミュニケーション能力。

Ethical Thinking. Critical Perspective. Communication Ability.

SDGsとの関連性 Relevance to Sustainable Development Goals

Goal 4 質の高い教育をみんなに(Quality Education)

教育手法 Teaching Method

教育手法 Teaching Method % of Course Time
インプット型 Traditional 0 %
参加者中心型 Participant-Centered Learning ケースメソッド Case Method 100 %
フィールドメソッド Field Method 0 %
合計 Total 100 %

学習方法、レポート、課題に対するフィードバック方法 Course Approach, Report, Feedback methods

クラス内のディスカッションでレポートを生かせるような運用をする

授業スケジュール Course Schedule

第1日(Day1)

雇用慣行と労働法について学びます

●使用するケース
不公平な社内制度

第2日(Day2)

労働組合について学びます


●使用するケース
父は父、私は私

第3日(Day3)

内部告発について学びます

●使用するケース
ロッシノマティーニ

第4日(Day4)

医療倫理について学びます

●使用するケース
遅きに失して搬送不能?

第5日(Day5)

生活保護の倫理について学びます

●使用するケース
不正受給者通報の是非

第6日(Day6)

プライバシーの倫理について学びます

●使用するケース
残忍な部下の昇進をめぐる問題

第7日(Day7)

広告の倫理について学びます


●使用するケース
模範的な人生観を商品広告に反映させる

成績評価方法 Evaluation Criteria

*成績は下記該当項目を基に決定されます。
講師用内規準拠 Method of Assessment Weights
予習レポート Preparation Report 25 %
コールドコール Cold Call 0 %
授業内での挙手発言 Class Contribution 25 %
ケース試験 Case Exam 0 %
参加者による相互評価 Peer Assessment 0 %
シミュレーション成績 Simulation 0 %
小テスト Quizzes / Tests 0 %
最終レポート Final Report 50 %
期末試験 Final Exam 0 %
合計 Total 100 %

評価の留意事項 Notes on Evaluation Criteria

使用ケース一覧 List of Cases

    ケースは使用しません。

教科書 Textbook

  • 服部茂幸「新自由主義の帰結(火曜日に講義を受ける人)」岩波新書(2013) 978-4004314257
  • 佐藤嘉幸「新自由主義と権力(金曜日に講義を受ける人)」人文書院(2009)978-4409040997

参考文献・資料 Additional Readings and Resource

講義内で適宜案内します
教科書について:火曜日と金曜日で教科書が違うので気を付けてください

授業調査に対するコメント Comment on Course Evaluation

よりアクティブな講義を目指す

担当教員のプロフィール About the Instructor 

東京大学大学院人文社会系研究科倫理学専門分野博士課程単修了、
2015 年より現職。
倫理学を専門とし、主にカント哲学の分野において、倫理的感情の探
求を行う。現在の研究内容は「カント倫理学とヘーゲルの比較」。

Completed doctoral course in ethics, Graduate School of Humanities and Social Sciences, University of Tokyo,
He has been in his current position since 2015.
Specializing in ethics, searching for ethical emotions, mainly in the field of Kant's philosophy
Make a request. His current research is "Comparison between Kant Ethics and Hegel".

Refereed Articles

  • (2021) The Concept of Passion in Kant’s Anthropology: Reconsidering the Relationship between Anthropology and Critical Ethics. The Court of Reason Proceedings of the 13th International Kant Congress 13 3110700700
  • (2020) The Concept of Individuality by Watsuji Tetsuro. Annals of Ethics 69 0483-0830
  • (2020) Power of Negation, Power of Limitation. Hitoria Philosophiae 62 0289-5056
  • (2019) The Moralization of Human Dignity in Kant's Ethics. Kant-Studien 209 978-3-11-066149-1
  • (2019) Avoiding Modernity. Philosophy 70 9784862859402






ページ上部へ戻る