シラバス Syllabus

授業名 働くための哲学
Course Title Philosophy for Work
担当教員 Instructor Name 山蔦 真之(Masayuki Yamatsuta)
コード Couse Code NUC196_N21B
授業形態 Class Type 講義 Regular course
授業形式 Class Format On Campus
単位 Credits 2
言語 Language JP
科目区分 Course Category 教養教育科目100系 / Liberal Arts 100
学位 Degree BSc
開講情報 Terms / Location 2021 UG Nisshin Term3

授業の概要 Course Overview

本講義は「人はなぜ働くのか」「人は働かなければならないのか」といった問いを扱う。これらの問いは、人々が実際に働くとき、学ぶときには、いったん脇に どけられ、忘れられるものだろう。
「働くこと」「働かなければならないこと」は「当然のこと」として考えられ、それについてわざわざ考える人、質問する人 は鼻で笑われるか、悪い場合は社会(会社?)にふさわしくない人間として憎まれることすらある。しかしながら実際のところ、これらの問いに明確な答えが与 えられたことはなかったのである。
大学においてすら「どのように(うまく)働くか」が問題にされることはあっても、「なぜ働くか」という問いは扱われるこ とは稀である。本講義ではこの問いを、日本における労働状況や西洋における労働思想を通じて、正面から論じてみたい。将来何らかの形で「働く」ということ と触れることになるであろう学生にとって、考えるヒントを与えられる講義が目指される。

This lecture will handle the problem: "why do man work?" or "Why do we have to work?".
Than man works, or has to work, is the natural presupposition, and people shrug their shoulders or be angry to the questioner. However no clear-cut answer had been given to these questions, even in the University.
This lecture will attempt to face these problems in several aspects, the working situations in Japan, the philosophy about work in European philosophy, etc

本授業の該当ラーニングゴール Learning Goals

*本学の教育ミッションを具現化する形で設定されています。

LG3 Ethical Decision Making

受講後得られる具体的スキルや知識 Learning Outcomes

働くことについての考え方

How to think about "working

SDGsとの関連性 Relevance to Sustainable Development Goals

Goal 4 質の高い教育をみんなに(Quality Education)

教育手法 Teaching Method

教育手法 Teaching Method % of Course Time
インプット型 Traditional 50 %
参加者中心型 Participant-Centered Learning ケースメソッド Case Method 50 %
フィールドメソッド Field Method 0 %
合計 Total 100 %

学習方法、レポート、課題に対するフィードバック方法 Course Approach, Report, Feedback methods

レポートに対しては個別に評価します

授業スケジュール Course Schedule

第1日(Day1)

教科書第一章について

●使用するケース
社会を変える

第2日(Day2)

教科書第二章について

●使用するケース
資本主義を批判する

第3日(Day3)

教科書第三章について

●使用するケース
唯物論的歴史観の創造

第4日(Day4)

教科書第四章について


●使用するケース
生と生活を問う

第5日(Day5)

教科書第五章について

●使用するケース
社会統合と危機

第6日(Day6)

教科書の残った部分を読み直しを行います

●使用するケース
未定。これまでの進度を見て講義内で発表します

第7日(Day7)

まとめと展望

●使用するケース
未定。これまでの進度を見て講義内で発表します

成績評価方法 Evaluation Criteria

*成績は下記該当項目を基に決定されます。
講師用内規準拠 Method of Assessment Weights
予習レポート Preparation Report 0 %
コールドコール Cold Call 0 %
授業内での挙手発言 Class Contribution 50 %
ケース試験 Case Exam 0 %
参加者による相互評価 Peer Assessment 0 %
シミュレーション成績 Simulation 0 %
小テスト Quizzes / Tests 50 %
最終レポート Final Report 0 %
期末試験 Final Exam 0 %
合計 Total 100 %

評価の留意事項 Notes on Evaluation Criteria

使用ケース一覧 List of Cases

    ケースは使用しません。

教科書 Textbook

  • ジュディス・バトラー「ジェンダー・トラブル 新装版 ―フェミニズムとアイデンティティの攪乱」青土社(2018) 978-4791770472

参考文献・資料 Additional Readings and Resource

講義内で適宜案内します

授業調査に対するコメント Comment on Course Evaluation

さらにアクティブな講義を目指します

担当教員のプロフィール About the Instructor 

東京大学大学院人文社会系研究科倫理学専門分野博士課程単修了、
2015 年より現職。
倫理学を専門とし、主にカント哲学の分野において、倫理的感情の探
求を行う。現在の研究内容は「カント倫理学とヘーゲルの比較」。

Completed doctoral course in ethics, Graduate School of Humanities and Social Sciences, University of Tokyo,
He has been in his current position since 2015.
Specializing in ethics, searching for ethical emotions, mainly in the field of Kant's philosophy
Make a request. His current research is "Comparison between Kant Ethics and Hegel".

Refereed Articles

  • (2020) The Concept of Individuality by Watsuji Tetsuro. Annals of Ethics 69 0483-0830
  • (2020) Power of Negation, Power of Limitation. Hitoria Philosophiae 62 0289-5056
  • (2019) The Moralization of Human Dignity in Kant's Ethics. Kant-Studien 209 978-3-11-066149-1
  • (2019) Avoiding Modernity. Philosophy 70 9784862859402
  • (2018) Overcoming Western Individualism?Tetsuro Watsuji's Critique of Kantian Ethics. Studien und Materialien Zur Geschichte der Philosophie 94 978-3-487-15732-0






ページ上部へ戻る