シラバス Syllabus

授業名 現代中国の政治
Course Title Contemporary Chinese Politics
担当教員 Instructor Name 兪 敏浩(Minhao Yu)
コード Couse Code NUC168_N21B
授業形態 Class Type 講義 Regular course
授業形式 Class Format On Campus
単位 Credits 2
言語 Language JP
科目区分 Course Category 教養教育科目100系 / Liberal Arts 100
学位 Degree BSc
開講情報 Terms / Location 2021 UG Nisshin Term3

授業の概要 Course Overview

中国は台頭著しい経済大国であり、日本の最大な貿易対象国でもある。本コースでは中国の政治と日中関係について学ぶことを通じて、中国をはじめアジアで活躍するビジネスリーダーになるために必要不可欠な基礎的な教養を身につける。
国際社会における中国の存在感がますます高まっています。この巨大化する隣国について基礎的な教養知識を身につけることはアジアだけではなく、国際社会全体の行方を理解するためにもますます重要となっています。本講義は比較の視点から中国の政治外交の主な側面を学び、建設的な日中関係の構築について思考を深めていきます。
受講者は半年間の勉強を通じて、時には難解で、時には理解不能に思われる中国政治と外交の各事象について、それぞれの答えをもつようになるでしょう。また中国に対する理解を深めることによって、この巨大な隣国とどのように付き合って行くべきかという問題についても思考を深めて行きます。

China is a rapidly rising economic power and Japan's largest trading partner. This course helps participants develop fundamental knowledge about China's politics and Sino-Japanese relations, which is indispensable for becoming a business leader connecting Japan with Asia.
China's presence in the international community is increasing. Understanding this enormous neighboring country is becoming more important for understanding Asia's whereabouts and the international community as a whole. In this lecture, we will learn the main aspects of China's politics and foreign policy from a comparative perspective and deepen our thinking about building constructive Sino-Japanese relations.
In this course, participants learn comprehensively about China's politics and foreign policy which sometimes seems obscure and incomprehensible to young Japanese students. Participants are also expected to think in-depth about how Japan should face a rising China.

本授業の該当ラーニングゴール Learning Goals

*本学の教育ミッションを具現化する形で設定されています。

LG1 Critical Thinking
LG2 Diversity Awareness
LG7 International Perspectives (BA)

受講後得られる具体的スキルや知識 Learning Outcomes

①日本との比較の視点から中国政治と外交の現状について学ぶ。
②日中関係について理解を深める。

①To learn China's politics and foreign policy from a comparative point of view.
②To understand the current state of Sino-Japanese relations.

SDGsとの関連性 Relevance to Sustainable Development Goals

Goal 4 質の高い教育をみんなに(Quality Education)

教育手法 Teaching Method

教育手法 Teaching Method % of Course Time
インプット型 Traditional 60 %
参加者中心型 Participant-Centered Learning ケースメソッド Case Method 40 %
フィールドメソッド Field Method 0 %
合計 Total 100 %

学習方法、レポート、課題に対するフィードバック方法 Course Approach, Report, Feedback methods

①アクティブラーニングを実践するために、事前の予習が必要不可欠となる。講義計画に書いてある授業内容について授業開始前に3時間以上を時間をかけて予習を行うことが求められる。
②中央情報センターに所蔵されている図書2冊以上読み、映像資料は3点以上を鑑賞すること。

授業スケジュール Course Schedule

第1日(Day1)

①イントロダクション
②グループ分け
③中国政治と安全保障政策:中国はなんのために軍拡を続けているのか?中国は軍事力を行使するのだろうか?

●使用するケース
米中経済覇権争い(NHKドキュメンタリー)

第2日(Day2)

中国とグローバル・ガバナンスーー日本との比較から:中国がグローバル・ガバナンスに参加するようになった背景と動機及び行動パータンについて学ぶ。

●使用するケース
TBD

第3日(Day3)

中国の対外経済援助ーー日本との比較から:中国の対外経済援助は日本を含む先進国のそれと大きく異なる。中国の対外経済援助の規模、特徴及びその原因について学ぶ。

●使用するケース
援助とビジネス(兪)

第4日(Day4)

中国の国際平和協力活動ーー日本との比較から:中国は国際平和維持活動にも積極的に参加している。しかし中国の行動パータンにはアメリカやヨーロッパ諸国とは異なる独自性がある。中国はなぜ国際平和協力活動に積極的に参加しているのか、どのような原則や制限の下で参加しているのか?国際平和協力活動において日中間には協力の可能性はあるのか?

●使用するケース
TBD

第5日(Day5)

中間発表会

第6日(Day6)

中国と東アジア経済統合問題:アジア太平洋地域における自由貿易経済圏形成の潮流の中で中国はどのような外交を展開してきたのか?中国が目指す東アジア地域経済秩序はどのようなものなのか?

●使用するケース
インド太平洋と「一帯一路」

第7日(Day7)

中国と知的財産問題ーー日本との関係を中心に:なぜ中国はパクリがこれほど盛んなのか?中国では偽物を取り締まる法律があるのか?偽物が横行しているのになぜ技術開発が盛んに行われ、企業は急速な成長を遂げるのか?

●使用するケース
TBD

成績評価方法 Evaluation Criteria

*成績は下記該当項目を基に決定されます。
講師用内規準拠 Method of Assessment Weights
予習レポート Preparation Report 0 %
コールドコール Cold Call 0 %
授業内での挙手発言 Class Contribution 25 %
ケース試験 Case Exam 0 %
参加者による相互評価 Peer Assessment 0 %
シミュレーション成績 Simulation 0 %
小テスト Quizzes / Tests 50 %
最終レポート Final Report 25 %
期末試験 Final Exam 0 %
合計 Total 100 %

評価の留意事項 Notes on Evaluation Criteria

使用ケース一覧 List of Cases

    ケースは使用しません。

教科書 Textbook

  • 兪敏浩、今野茂充「東アジアのなかの日本と中国」晃洋書房(2016)978-4-7710-2793-0

参考文献・資料 Additional Readings and Resource

①池上彰『そうだったのか! 中国』集英社、2010年。
②小島朋之『中国現代史―建国50年 検証と展望』中公新書、1999年。
③横山宏章『中華民国―賢人支配の善政主義』中公新書、1997年。
④国分良成編『中国は、いま』岩波新書、2011年。
⑤国分良成『中華人民共和国』筑摩書房、1999年。ISBN-10:448005815
⑥佐々木智弘『北京からの「熱点追踪」:現代中国政治の見方』アジア経済研究所、2002年。ISBN-10:4258051012

授業調査に対するコメント Comment on Course Evaluation

なるべく身近な話題を取り入れながら難しすぎない授業を作り上げていきたいと思います。

担当教員のプロフィール About the Instructor 

専攻分野:現代中国論、東アジア国際関係論
学位:博士(法学、慶應義塾大学)

職歴
2012年4月~現在に至る 名古屋商科大学コミュニケーション学部グローバル教養学科准教授
2008年9月~2012年3月 名古屋商科大学外国語学部国際教養学科専任講師
2007年8月~2008年8月 人間文化研究機構地域研究推進センター・慶應義塾大学現代中国研究センター研究員

主要業績(過去5年以内)
兪敏浩「中国の外交戦略と農業外交」、加茂具樹編『中国の対外行動の源泉』慶應義塾大学出版会、2017年、
201~221頁。
兪敏浩・今野茂充編『東アジアのなかの日本と中国―規範・外交・地域秩序』晃洋書房、2016年。
兪敏浩「中国のおける全球治理に対する一考察―シンクタンクの議論を中心に―」『名古屋商科大学論集』60巻1号、2015年7月、267~281頁。
兪敏浩『国際社会における日中関係―1978~2001年の中国外交と日本』勁草書房、2015年。
兪敏浩「中国の台頭と日中韓関係―地域秩序形成の文脈で―」『名古屋商科大学論集』58巻2号、2014年3月、267~278頁。
兪敏浩「両岸関係の力学と中国の台湾政策―中台両岸関係における三角矛盾構造の形成を中心に」、国分良成・小嶋華津子編『現代中国政治外交の原点』慶應義塾大学出版会、2013年、249~270頁。

Ph.D
Research field: China Studies, East Asia’s international relations

Associate Professor, 2012 ~
Faculty of Communication, Nagoya University of Commerce & Business
Assistant Professor, 2008~2011
Faculty of Communication, Nagoya University of Commerce & Business
Fellow Researcher, 2007~2008
National Institutes for the Humanities (NIHU)/Center for Contemporary Chinese Studies of Keio Institute of East Asian Studies

Publications (In the last 5 years):
Yu Minhao(2017), "China's diplomatic strategy and agricultural dipomacy "in Kamo Tomoki eds., The domestic and international sources of China's foreign policy, Keio University Press, 2017, pp.201-221.
Yu Minhao(2016),Japan-China Relations and a Changing East Asian Order: Norm, Diplomacy and Regional Order(Edited by Yu Minhao and Konno Shigemitsu), Koyo shobo, 2016.
Yu Minhao(2015),"Perspective of Chinese Think tanks on the Global Governance", NUCB Journal of Economics and Information Science, Vol.60, No.1,pp.267-281.
Yu Minhao(2015), International Society and China-Japan Relations, Keiso shobo, 2015.
Yu Minhao(2014), “The Rise of China and The Relationships Between China, Japan and Korea”, NUCB Journal of Economics and Information Science, Vol.58, No.2.
Yu Minhao(2013), “The Dynamics of the Cross Strait Relations and China's Taiwan Policy”, Kokubun Ryosei and Kojima Katsuko ed., The Origins of China’s Politics and Foreign Relations, Keio University Press.


Refereed Articles

  • (2021) Re-examination of Japan-China Economic Relations Since the 1980s: From the Viewpoint of Economic Security. The Korea-Japanese Journal of Economics & Management Studies 92 1266-3877
  • (2019) A Study on the 1978 Senkaku Fishing Boat Incident. International Relations 197 9784641499454
  • (2018) Japan and China in Global Governance and East Asian International Relations. Review of Global Politics (National Chung Hsing University, Graduate Institute of International Politics) (63):
  • (2018) Sino-Japanese Relations and the Fishery Negotiation Process: 1955-1985. Journal of Sinology and China Studies (74): 1225 - 8695
  • (2015) China's Rise and the East Asian Regional Order——Perspectives on Regional Cooperation Policies of China, Japan, and South Korea. Journal of Yanbian University(Social Science Edition) 2015(2): 10044353






ページ上部へ戻る