シラバス Syllabus

授業名 教育方法・技術論
Course Title Pedagogical methods and techniques
担当教員 Instructor Name 伊藤 博(Hiroshi Ito)
コード Couse Code NUC160_N21B
授業形態 Class Type 講義 Regular course
授業形式 Class Format On Campus
単位 Credits 2
言語 Language JP
科目区分 Course Category 教職課程科目 / Teacher Training
学位 Degree BSc
開講情報 Terms / Location 2021 UG Nisshin Term3

授業の概要 Course Overview

N/A(教職科目のため)
従来の教育学は、学習ということに関して、インスタクターの個人的な経験から方法論のみに特化していた傾向がある。しかし、本コースでは、教育方法論に脳科学的要素を取り入れ、生物学的な根拠に基づく教育学の持論から一歩進んだ教育方法論を展開していく。
人がどのように学習するのか、という知識を生物学的見地から学ぶことができる。

N/A
Pedagogy has so far been considered how to teach from experiences of instructors'; however, this course focuses on neuroscientific aspects of learning beyond anecdotal theories. In terms of advancing education in an innovative way, this couse coincides witht the mission statement of NUCB as well. As noted in relation to the NUCB statement, this course aims to examine educational methodologies and methods from a neuroscientific perspective.
Students will acquire knowledge about how human beings learn from biological perspectives.

本授業の該当ラーニングゴール Learning Goals

*本学の教育ミッションを具現化する形で設定されています。

LG1 Critical Thinking
LG4 Effective Communication

受講後得られる具体的スキルや知識 Learning Outcomes

人がどのように学習するのか、という知識を生物学的見地から学ぶことができる。
また、ケースやディスカッションを通して、クリティカルシンキングやコミュニケーション能力を高めることが期待出来る。

Students will acquire knowledge about how human beings learn from biological perspectives. In this course, students are expected to enhance critical thinking and communication skills through case studies and discussions as well.

SDGsとの関連性 Relevance to Sustainable Development Goals

Goal 4 質の高い教育をみんなに(Quality Education)

教育手法 Teaching Method

教育手法 Teaching Method % of Course Time
インプット型 Traditional 50 %
参加者中心型 Participant-Centered Learning ケースメソッド Case Method 50 %
フィールドメソッド Field Method 0 %
合計 Total 100 %

学習方法、レポート、課題に対するフィードバック方法 Course Approach, Report, Feedback methods

各テーマごとに授業中、ラージグループディスカッションを行い、知識定着のためエッセイ形式の小テストを行う。あらかじめ対象となる教科書およびケースの箇所を読んで準備してくること。内容が難しいこともあり、予習には数時間を要する。課題(試験・レポート等)に対するフィードバックは、課題提出の翌週に授業内で行う。

授業スケジュール Course Schedule

第1日(Day1)

1. 教育方法論と脳科学
2. 脳科学と教育の未来

●使用するケース
彼は顧客か妨害者か

第2日(Day2)

3. ヒトの行為と記憶の脳科学
4. 学習困難支援と脳機能

●使用するケース
アクティブラーニングの是非を問う

第3日(Day3)

5. 子供たちの学習意欲と夜型生活
6. 認知症と学習効果

●使用するケース
フィンランドの教育

第4日(Day4)

7. 外国語学習と「臨界期」
8. 指導要領に関するレビュー

第5日(Day5)

9. 模擬授業
10. 模擬授業

第6日(Day6)

11. 模擬授業
12. 模擬授業

第7日(Day7)

13. 模擬授業
14. 振り返り

成績評価方法 Evaluation Criteria

*成績は下記該当項目を基に決定されます。
講師用内規準拠 Method of Assessment Weights
予習レポート Preparation Report 0 %
コールドコール Cold Call 0 %
授業内での挙手発言 Class Contribution 40 %
ケース試験 Case Exam 0 %
参加者による相互評価 Peer Assessment 0 %
シミュレーション成績 Simulation 0 %
小テスト Quizzes / Tests 40 %
最終レポート Final Report 0 %
期末試験 Final Exam 20 %
合計 Total 100 %

評価の留意事項 Notes on Evaluation Criteria

使用ケース一覧 List of Cases

    ケースは使用しません。

教科書 Textbook

  • 中野 信子「脳内麻薬 人間を支配する快楽物質ドーパミンの正体」幻冬舎(2014)4344983351

参考文献・資料 Additional Readings and Resource

「アクティブラーニングと教授学習パラダイムの転換」溝上慎一著、東信堂、2014年、ISBN: 4798912468
「ディープアクティブラーニング」松下佳代著、勁草書房、2015年、ISBN: 4326251018
「脳から見た学習」OECD、2010年、OECD、ISBN: 475033314X
「脳を育む学習と教育の科学」OECD、明石書店、2005年、ISBN: 4750320471
「脳科学と学習・教育」小泉英明、2010年、4750331678

授業調査に対するコメント Comment on Course Evaluation

本講義では、教育方法・技術論に関して脳科学の見地から学習するため、学術書を読みこなす力が必要とされる。と、同時に、ケースをはじめとするアクティブラーニングの手法を取り入れ、グループワークやプレゼンテーションなどを包括的に評価していく。

担当教員のプロフィール About the Instructor 

学歴:
コロンビア大学(教育学修士号)
カリフォルニア大学ロサンゼルス校(教育学博士号)
パリ第一大学パンテオン・ソルボンヌ校(経営学修士号)
名古屋大学(環境学博士号)

研究分野:教育方法・評価、環境政策、NPOマーケティング

Education:
Columbia University (MA in Education)
University of California, Los Angeles (Ph. D. in Education)
Universite de Paris I Pantheon-Sorbonne (MBA)
Nagoya University (Ph. D. in Environmental Studies)

Research areas: Pedagogy and assessment, Environmental policy, NPO marketing

(実務経験 Work experience)

職歴:

国連教育科学文化機関(アソシエートエキスパート)
国連児童基金(教育オフィサー)
青年海外協力隊(村落開発普及員)
プラネットエイドグアテマラ(プロジェクトコーディネーター)
教育サービス会社(インストラクター)

Working Experiences:

United Nations Educational, Scientific, and Cultural Organization (Associate Expert)
United Nations Children's Fund (Education Officer)
Japan International Cooperation Agency (Community Development Officer)
Planet Aid Guatemala (Project Coordinator)
Hinoki Educational Services USA (Instructor)


Refereed Articles

  • (2021) Why students participate in international fieldwork programs: An exploratory study. Journal of Geography in Higher Education
  • (2021) Active learning in Japan: Breaking barriers at individual, institutional, and policy levels. Policy Futures in Education (Impact Factor 0.88)
  • (2020) The demise of active learning even before its implementation? Instructors’ understandings and application of this approach within Japanese higher education. Education Inquiry ISSN 2000-4508
  • (2020) International fieldwork as skills development: An exploratory study. Journal of Geography in Higher Education
  • (2020) Place-based environmental education to promote eco-initiatives: The case of Yokohama, Japan. Regional Studies, Regional Science

Refereed Proceedings

  • (2020). Cognitive Neuroscientific Explanations of Active Learning: A Conceptual Review. IAFOR Journal of Education .The Southeast Asian Conference on Education. 1. 2. Singapore






ページ上部へ戻る