シラバス Syllabus

授業名 フィットネス演習1(テニス)
Course Title Fitness Exercises 1
担当教員 Instructor Name 桑原 正和(Masakazu Kuwabara)
コード Couse Code NUC147_N21A
授業形態 Class Type 実習 Training
授業形式 Class Format On Campus
単位 Credits 1
言語 Language JP
科目区分 Course Category 教養教育科目100系 / Liberal Arts 100
学位 Degree BSc
開講情報 Terms / Location 2021 UG Nisshin Term1

授業の概要 Course Overview

 
この授業は、スポーツ文化の生活化、生涯体育へのモチベーションを高めることを目的とする。卒業後、社会生活の中で、スポーツ、身体活動に親しみ、明るく健康的な生活を送るための基礎を与えるものである。 大学生(18才〜22才)は発育、発達の完成期であり、感性豊かで知的吸収力が最も増大する時期でもある。この期に保健体育科目を履修し、行動体力、防衛体力等、豊かな身体能力を身につけることが必要である。 また、種目の練習、試合を通して体力、技能、ルール審判法等の習熟、向上を図ることと同時にクラス構成員一人一人とのコミュニケーションを通して人間関係の深化、友情を育むことも大切な目標の一つである。

注意)本シラバス内の「教育手法」「成績評価方法」におけるパーセンテージは仮登録したもので、正式なものではない。正式な「教育手法」「成績評価方法」は講義内で指示する。
 

 
 
 

本授業の該当ラーニングゴール Learning Goals

*本学の教育ミッションを具現化する形で設定されています。

LG1 Critical Thinking
LG2 Diversity Awareness
LG3 Ethical Decision Making
LG4 Effective Communication

受講後得られる具体的スキルや知識 Learning Outcomes

この授業は、スポーツ文化の生活化、生涯体育へのモチベーションを高めることを目的とする。卒業後、社会生活の中で、スポーツ、身体活動に親しみ、明るく健康的な生活を送るための基礎を与えるものである。 大学生(18才〜22才)は発育、発達の完成期であり、感性豊かで知的吸収力が最も増大する時期でもある。この期に保健体育科目を履修し、行動体力、防衛体力等、豊かな身体能力を身につけることが必要である。 また、種目の練習、試合を通して体力、技能、ルール審判法等の習熟、向 上を図ることと同時にクラス構成員一人一人とのコミュニケーションを通して人間関係の深化、友情を育むことも大切な目標の一つである。

SDGsとの関連性 Relevance to Sustainable Development Goals

Goal 4 質の高い教育をみんなに(Quality Education)

教育手法 Teaching Method

教育手法 Teaching Method % of Course Time
インプット型 Traditional 0 %
参加者中心型 Participant-Centered Learning ケースメソッド Case Method 0 %
フィールドメソッド Field Method 100 %
合計 Total 100 %

学習方法、レポート、課題に対するフィードバック方法 Course Approach, Report, Feedback methods

授業スケジュール Course Schedule

第1日(Day1)

第1回 体育理論 
 現代社会におけるスポーツの意義、自己の体力の高め方を理論的に学ぶ。テニスがメンタルスポーツと言われる理由を、スポーツ全般と人間のメンタルとの密接な関係性から学ぶ。
第2回 体育理論 
 テニスの歴史と文化的特性を学ぶ。またメンタル面をどのように実践に生かすかを学ぶ。

第2日(Day2)

第3回 基本練習 
 ルール解説、ストロークの基本を学ぶ。ボールに力を伝えるには体のどの位置でボールを捉え、どの角度でラケット面に当てなくてはいけないのかを考える。素振り、ストローク球出し。
第4回 基本練習 
 ストロークの応用を学ぶ。素振り、ストローク球出し。前後左右の動きを入れたストロークの球出し。ロングラリー(ペアを作り何回ラリーが続くかを競う)


第3日(Day3)

第5回 基本練習 
 ボレーの基本を学ぶ。ストロークとボレーの違いを考える。ラケット面と打点の関係を理論に基づき説明する。素振り(ステップの確認)、球出し(ミドルボレー、ハイボレー)、ロングラリー(ストローク)
第6回 基本練習 
 ボレーの基本を学ぶ。攻めるボレーと守るボレーについて考える。ローボレー、ハーフボレーの面の作り方と打点について説明する。球出し(ミドルボレー、ハイボレー、ローボレー)、ロングラリー(ストローク)

第4日(Day4)

第7回 基本練習 
 ボレーの応用を学ぶ。ダブルスに置けるポーチの役割を学ぶ。球出し(ミドルボレー、ハイボレー、ローボレー)、ポーチ練習
第8回 基本練習 
 サーブ、リターンの基本を学ぶ。サーブの種類、サーブと回転の関係を説明する。ダブルスにおけるサーブリターンの重要性を説明する。サーブ素振り、短い距離からのサーブ練習、長い距離からのサーブ練習。サービスからのロングラリー。


第5日(Day5)

第9回 応用練習 
 シングルスの試合リーグ戦を行う。ルールの確認、また審判法を説明するストロークラリー、サーブの確認、ミニゲーム(シングルス)をリーグ戦で行う。
第10回 応用練習 
 シングルスの試合リーグ戦を行う。ストロークラリー、サーブの確認、ミニゲーム(シングルス)の続き。

第6日(Day6)

第11回 応用練習 
 3週にわたりダブルスの試合リーグ戦を行う。ルールの確認、また審判法を説明する。シングルスとダブルスの違いについて説明する。ミニゲーム(ダブルス)。
第12回 応用練習 
 ダブルスの試合リーグ戦を行う。ミニゲーム(ダブルス)の続き。



第7日(Day7)

第13回 応用練習 
 ダブルスの試合リーグ戦を行う。ミニゲーム(ダブルス)の続き。
第14回 実技テスト

成績評価方法 Evaluation Criteria

*成績は下記該当項目を基に決定されます。
講師用内規準拠 Method of Assessment Weights
予習レポート Preparation Report 0 %
コールドコール Cold Call 0 %
授業内での挙手発言 Class Contribution 0 %
ケース試験 Case Exam 0 %
参加者による相互評価 Peer Assessment 0 %
シミュレーション成績 Simulation 0 %
小テスト Quizzes / Tests 0 %
最終レポート Final Report 0 %
期末試験 Final Exam 100 %
合計 Total 100 %

評価の留意事項 Notes on Evaluation Criteria

使用ケース一覧 List of Cases

    ケースは使用しません。

教科書 Textbook

  •  「配布資料」 ( )

参考文献・資料 Additional Readings and Resource

 

授業調査に対するコメント Comment on Course Evaluation

 

担当教員のプロフィール About the Instructor 

法政大学 経済学部 経済学科卒業

・’73 全日本ランキング S17位 D7位

・’78 全日本ランキング S20位








ページ上部へ戻る