シラバス Syllabus

授業名 ビジネスエコノミクス 1
Course Title Business Economics 1
担当教員 Instructor Name 田村 正興(Masaoki Tamura)
コード Couse Code NUC146_N21B
授業形態 Class Type 講義 Regular course
授業形式 Class Format On Campus
単位 Credits 2
言語 Language JP
科目区分 Course Category 専門専門科目200系 / Specialized Subject 200
学位 Degree BSc
開講情報 Terms / Location 2021 UG Nisshin Term3

授業の概要 Course Overview

実践的な経済学の使い方を学ぶことは、イノベーティブなリーダーが身につけるべき素養です。
経済学にはビジネスに応用できる考え方(経済学的思考法)が多くあります。
このうち、本講義では、経済統計・価格戦略・消費者心理に関してアクティブラーニング形式で学びます。

二度大きなプレゼン大会があり、グループワークも多く、毎回の予習レポート提出も必須です。
挙手発言・グループワークでの活躍・プレゼンをしなければ、いくら期末テストを頑張っても単位は出しません。
受講生からすると大変な授業ですが、その分、「面白い」「頭を使う」「ビジネスに役に立つ」という実感を持ってもらえるように講師も努力します。
経済学的思考をビジネスに応用できるようになる。

How to put economics into practice is the important knowledge that innovative leaders should learn.
Economics thinkings can be applied to business.
This course studies economic statistics, pricing strategy, and consumer behavior.

We have presentations two times, group works, and preparation reports.
This course is tough, but interesting and useful for the students.
Students can apply economic thinking to business.

本授業の該当ラーニングゴール Learning Goals

*本学の教育ミッションを具現化する形で設定されています。

LG1 Critical Thinking
LG3 Ethical Decision Making
LG5 Business Perspectives (BSc)

受講後得られる具体的スキルや知識 Learning Outcomes

経済学的思考法
プライシング
インセンティブ設計

Economics Thinking
Pricing
Incentive Design

SDGsとの関連性 Relevance to Sustainable Development Goals

Goal 9 産業と技術革新の基盤をつくろう(Industry, Innovation and Infrastructure)

教育手法 Teaching Method

教育手法 Teaching Method % of Course Time
インプット型 Traditional 15 %
参加者中心型 Participant-Centered Learning ケースメソッド Case Method 85 %
フィールドメソッド Field Method 0 %
合計 Total 100 %

学習方法、レポート、課題に対するフィードバック方法 Course Approach, Report, Feedback methods

講義内での挙手発言・予習レポート・授業内でのシミュレーションに対して成績評価をします。経済学の前提知識は特に必要ありません。

授業スケジュール Course Schedule

第1日(Day1)

経済統計


●使用するケース
無し

第2日(Day2)

経済統計クイズ大会

●使用するケース
無し

第3日(Day3)

価格の重要性
値上げの難しさ

●使用するケース
値上げ(田村作成)

第4日(Day4)

価格差別

●使用するケース
東急ストア(田村作成)

第5日(Day5)

価格差別プレゼン大会

●使用するケース
無し

第6日(Day6)

消費者心理

●使用するケース
行動インサイトチーム

第7日(Day7)

価格と消費者心理

●使用するケース
無し

成績評価方法 Evaluation Criteria

*成績は下記該当項目を基に決定されます。
講師用内規準拠 Method of Assessment Weights
予習レポート Preparation Report 20 %
コールドコール Cold Call 0 %
授業内での挙手発言 Class Contribution 60 %
ケース試験 Case Exam 0 %
参加者による相互評価 Peer Assessment 0 %
シミュレーション成績 Simulation 20 %
小テスト Quizzes / Tests 0 %
最終レポート Final Report 0 %
期末試験 Final Exam 0 %
合計 Total 100 %

評価の留意事項 Notes on Evaluation Criteria

予習レポートにはその日に扱うケースのアサインメントクエスチョンへの回答を記載して、毎回の授業前に提出して下さい。予習レポートは毎日授業開始(9:20)までにGoogle Classroomに提出して下さい。

使用ケース一覧 List of Cases

    ケースは使用しません。

教科書 Textbook

  •  「配布資料」 ( ) 

参考文献・資料 Additional Readings and Resource

参考文献「レヴィット ミクロ経済学 発展編」東洋経済新報社 には読んでおくと授業の理解が深まる箇所があります。ただし、本全体からすればごく一部分です。参考書をはじめから細かく読んでもあまり実りがありませんので、お止め下さい。

他の参考文献:

スティーブン・レヴィットほか レヴィット ミクロ経済学 基礎編 東洋経済新報社 2018年
ダン・アリエリー 予想どおりに不合理 行動経済学が明かす「あなたがそれを選ぶわけ」 早川書房 2013年
イアン・エアーズ ヤル気の科学 文藝春秋 2012年
大竹文雄 経済学的思考のセンス-お金がない人を助けるには 中公新書 2005年

授業調査に対するコメント Comment on Course Evaluation

初回講義です。

担当教員のプロフィール About the Instructor 

京都大学経済学部を卒業後、東京大学経済学研究科修士課程およびLondon School of Economics and Political Science MSc Economicsを修了し、東京大学・経済学研究科博士課程を修了、博士(経済学)の学位を取得。一橋大学イノベーション研究センター特任助手、京都大学薬学研究科特定助教などを経て2017年4月より現職。現在、日本政策投資銀行設備投資研究所、客員研究員も務める。

研究分野:
経済学、医療経済学、産業組織論

Masaoki Tamura received a Bachelor’s degree in economics at Kyoto University, Master’s degree in Economics at the University of Tokyo and London School of Economics and Political Science, and a Ph.D. in economics at the University of Tokyo. He worked for Hitotsubashi University and Kyoto University before joining Nagoya University of Commerce and Business. He is also a visiting scholar of the Research Institute of Capital Formation, Development Bank of Japan.

Fields:
Economics, Health Economics, Industrial Organization

Refereed Articles

  • (2021) The Global Financial Crisis and Healthcare Inequality in Japan. Social Indicators Research
  • (2019) On Otaki’s Keynesian Macroeconomic Model. Theoretical Economics Letters 9(1):
  • (2018) A Signaling Explanation for Political Parties and Advertisements. Theoretical Economics Letters Vol. 8(No. 2): 2162-2078
  • (2017) Prize Promotions as Costless Commitments. Managerial and Decision Economics 38(4):
  • (2016) A Note on Pharmaceutical Price Revision, Self-Pay Ration, and Health Technology Assessment. Financial Review (128):






ページ上部へ戻る