シラバス Syllabus

授業名 コミュニケーションと自己形成
Course Title Communication and development of self-identity
担当教員 Instructor Name 椿田 貴史(Takashi Tsubakita)
コード Couse Code NUC143_N21B
授業形態 Class Type 講義 Regular course
授業形式 Class Format On Campus
単位 Credits 2
言語 Language JP
科目区分 Course Category 教養教育科目100系 / Liberal Arts 100
学位 Degree BSc
開講情報 Terms / Location 2021 UG Nisshin Term3

授業の概要 Course Overview

この授業は本学のミッション・ステートメントのうち「"フロンティアスピリット"を備えたイノベーティブで倫理観あるリーダーの育成」に関連します。自他の行動・心理の変容をもたらす創造的なアイデアを出し、それらのアイデアを実践することを通じて学びます。
グローバルに活躍するためには欠かせない、コミュニケーションの多様性理解についてテーマとします。また、将来、ビジネスマンとしての自己形成を促すコミュニケーションとは何かを考えます。この授業は本学のミッション・ステートメントのうち「"フロンティアスピリット"を備えたイノベーティブで倫理観あるリーダーの育成」に関連します。自他の行動・心理の変容をもたらす創造的なアイデアを出し、それらのアイデアを実践することを通じて学びます。
1)コミュニケーションに関する基礎的な理論を理解する
2)コミュニケーションの理論に基づいてケースを分析する

The purpose of this course is closely related to the mission statement, especially to "innovative and ethical leaders who possess a ʻFrontier Spiritʼ ." Students will learn through case discussion and research activities.
In this lecture, we discuss communications in various aspects which are a topic in global person. Also, we cultivate communication ability which reinforces self-development as a business person in the future.

In this lecture, the identity of students in adolescence will be discussed by considering various counseling cases.
To understand basic theoretical knowledge on communication.
To analyze case by the theory of communication.

本授業の該当ラーニングゴール Learning Goals

*本学の教育ミッションを具現化する形で設定されています。

LG2 Diversity Awareness
LG4 Effective Communication
LG6 Managerial Perspectives (BBA)

受講後得られる具体的スキルや知識 Learning Outcomes

コミュニケーションに関する理論

Communication theory

SDGsとの関連性 Relevance to Sustainable Development Goals

Goal 16 平和と公正をすべての人に(Peace and Justice Strong Institutions)

教育手法 Teaching Method

教育手法 Teaching Method % of Course Time
インプット型 Traditional 30 %
参加者中心型 Participant-Centered Learning ケースメソッド Case Method 50 %
フィールドメソッド Field Method 20 %
合計 Total 100 %

学習方法、レポート、課題に対するフィードバック方法 Course Approach, Report, Feedback methods

●準備学習(予習復習等)の具体的な内容およびそれに必要な時間: 毎週1章を講義前までに読むこと。
●課題(試験・レポート等)に対するフィードバック方法: 希望者は採点終了後にオフィスアワーのミーティングに参加すること。 
●中央情報センター(図書館)の活用について: 積極的な活用を推奨する。

授業スケジュール Course Schedule

第1日(Day1)

前半:ハーバーマスのコミュニケーション論(第1章)

後半:少年院でのコミュニケーション事例

●使用するケース
ケース(1)どちらのサークルを選ぶか?(オリジナルケース。以下同様)

第2日(Day2)

前半:ジンメルのコミュニケーション論(第2章)

後半:防衛機制について

●使用するケース
ケース(2)サークルに対する智子の批判

第3日(Day3)

前半:ゴッフマンのコミュニケーション論(第2章)

後半:陰性転移と陽性転移について

●使用するケース
ケース(3)智子の秘密

第4日(Day4)

前半:ミードの自己論・コミュニケーション論(第3章)

後半:オープンダイアローグについて

●使用するケース
ケース(4)智子の自己論

第5日(Day5)

前半:ベイトソンのパラドックス論(第3章)

後半:引きこもり事例(ビデオケース)

●使用するケース
ケース(5)友達とのコミュニケーション

第6日(Day6)

前半:ルーマンの社会論(第4章)

後半:学生による事例発表

●使用するケース
ケース(6)理解と誤解

第7日(Day7)

前半 映画の会話分析

後半 学生による事例発表

成績評価方法 Evaluation Criteria

*成績は下記該当項目を基に決定されます。
講師用内規準拠 Method of Assessment Weights
予習レポート Preparation Report 20 %
コールドコール Cold Call 0 %
授業内での挙手発言 Class Contribution 55 %
ケース試験 Case Exam 0 %
参加者による相互評価 Peer Assessment 0 %
シミュレーション成績 Simulation 0 %
小テスト Quizzes / Tests 0 %
最終レポート Final Report 0 %
期末試験 Final Exam 25 %
合計 Total 100 %

評価の留意事項 Notes on Evaluation Criteria

使用ケース一覧 List of Cases

    ケースは使用しません。

教科書 Textbook

  • 長谷 正人 (編集), 奥村 隆 (編集)「コミュニケーションの社会学」有斐閣(2009)978-464112392

参考文献・資料 Additional Readings and Resource

調査的面接の技法(第2版)鈴木淳子、ナカニシヤ出版
心理マーケティングの基本 梅津順江戸、日本実業出版社

授業調査に対するコメント Comment on Course Evaluation

みなさんの学びが深まるようにします。

担当教員のプロフィール About the Instructor 

人間・環境学博士(京都大学)
臨床心理士 第08552号(公益財団法人 日本臨床心理士資格認定協会)
公認心理師 第1927号
専門:臨床心理学・教育心理学

Doctor of Human and Environmental Studies, Kyoto University
Certified Clinical Psychologist (No.08552)
Licensed Psychologist (No. 1927)
Specialty: Clinical psychology; educational psychology

(実務経験 Work experience)

1997年4月~1999年3月 国立病院機構 宇多野病院 非常勤心理技術士
1999年4月~2002年3月 京都中央看護専門学校 非常勤講師「臨床心理学」「精神保健」、学生相談室担当



1997-1999. Part-time psychologist at National Hospital Organization Utano National Hospital.
1999-2002. Part-time lecturer at Kyoto-Chuo Nursing school.(Clinical psychology; mental health; counseling psyhologist)

Refereed Articles

  • (2021) Alcohol-impaired Walking in 16 Countries: A Theory-Based Investigation. Accident Analysis & Prevention (159): 0001-4575
  • (2021) Negative emotions about climate change are related to insomnia symptoms and mental health: Cross-sectional evidence from 25 countries. Current psychology
  • (2020) Utilizing the Intellectual Heritage of the General Education(12). Journal of Japan Association for College and University Education 42(2):
  • (2020) Assessing Knowledge-Based and Perceived Health Literacy Among Japanese Adolescents: A Cross-Sectional Study. Global Pediatric Health 7
  • (2019) Effectiveness of non-expert idea creation activities for product development. Development Engineering 39(1):






ページ上部へ戻る