シラバス Syllabus

授業名 イノベーション マネジメント
Course Title Innovation Management
担当教員 Instructor Name 石井 正道(Masamichi Ishii)
コード Couse Code NUC141_N21A
授業形態 Class Type 講義 Regular course
授業形式 Class Format On Campus
単位 Credits 2
言語 Language JP
科目区分 Course Category 共通専門教育科目400系 / Specialized Subject 400
学位 Degree BSc
開講情報 Terms / Location 2021 UG Nisshin Term1

授業の概要 Course Overview

本学のミッションは「“フロンティアスピリット”を備えたイノベーティブで倫理観あるリーダーの育成、そしてビジネス界や社会の発展をもたらす知識を創出することである。」本講義はミッションに記述されているイノベーションを起せる人材となるための基礎を築くものである。
イノベーションを起こせるリーダーの育成
1) イノベーション現象の理解
2) イノベーション発生の原因の理解
3) イノベーションを促進するマネジメントに関する理論の理解とケースを通した実戦的スキルの習得

Our school's mission is to educate innovative and ethical leaders who possess a ʻFrontier Spiritʼ and to create knowledge that advances business and society. In line with the mission, the objectives of this course are to provide students with foundation as leaders who can lead the development of innovation.
Educate leaders who can promote innovation
1) Understanding what innovation is
2) Understanding the causes of innovation
3) Understanding the theories by which students can promote innovation and gaining skills of implementing those theories through case studies

本授業の該当ラーニングゴール Learning Goals

*本学の教育ミッションを具現化する形で設定されています。

LG1 Critical Thinking
LG3 Ethical Decision Making
LG5 Business Perspectives (BSc)

受講後得られる具体的スキルや知識 Learning Outcomes

イノベーションを効果的に起こすマネジメントに関する理論と実践力

Theories and practical skills for managing innovation effectively

SDGsとの関連性 Relevance to Sustainable Development Goals

Goal 4 質の高い教育をみんなに(Quality Education)

教育手法 Teaching Method

教育手法 Teaching Method % of Course Time
インプット型 Traditional 40 %
参加者中心型 Participant-Centered Learning ケースメソッド Case Method 60 %
フィールドメソッド Field Method 0 %
合計 Total 100 %

学習方法、レポート、課題に対するフィードバック方法 Course Approach, Report, Feedback methods

●自学自習の時間:各講義の前後に各1時間の勉強を行うこと。
●毎週、次週の学習のための事前課題を出す予定。
●レポートについて、次週に評価と修正点などのフィードバックを行う。

授業スケジュール Course Schedule

第1日(Day1)

●イントロダクション
・イノベーションとはなにか、企業にとってどのような意味をもっているのか、等について学ぶ。
・イノベーションの種類、イノベーション・ダイナミクス、イノベーションの連続性と非連続性など、イノベーション・
 マネジメントを行う際に、理解しておきたい主要な現象について学習する。


●使用するケース
「執念が生んだ新幹線」NHKDVD

第2日(Day2)

●非連続イノベーションとは何か?
●非連続イノベーションの源泉であるアントレプレナーシップについて学ぶ。
・アントレプレナーとはどのような人か?
・アントレプレナーはどのように行動するのか?
・アントレプレナーはどのように新事業を発見するのか?

●使用するケース
「ダイソン」(収録ビデオ)

第3日(Day3)

●連続イノベーションとは何か?
・カイゼン
・標準化(製品アーキテクチャーを含む)
・マーケティングによる新製品開発

●使用するケース
「マクドナルド」(収録ビデオ)

第4日(Day4)

●イノベーションと組織
・イノベーションを促進するにはどのような組織が適しているのか?
・イノベーション・ダイナミクスと組織
・二刀流組織


●使用するケース
「3M」(教員作成)

第5日(Day5)

●イノベーションと戦略
・イノベーションを促進するにはどのような戦略が適しているのか?
・戦略策定の意図的プロセスと創発的プロセス
・コア・コンピタンス理論、ダイナミックケイパビリティ理論など。
・オープン・イノベーション

●使用するケース
「森下仁丹」(収録ビデオ)

第6日(Day6)

●ビジネスモデルイノベーション
・ビジネスモデルはどのようにして生み出されるのか?
・ビジネスモデルの作り方

●使用するケース
「リブセンス」(収録ビデオ)

第7日(Day7)

●国の環境とイノベーション
・国の環境がイノベーション発生にどのように影響を与えるのか?
・イノベーションをマネジメントする場合、国の環境をどのように考慮すればよいのか?
●まとめ

●使用するケース
「ネスカフェ」(収録ビデオ)

成績評価方法 Evaluation Criteria

*成績は下記該当項目を基に決定されます。
講師用内規準拠 Method of Assessment Weights
予習レポート Preparation Report 0 %
コールドコール Cold Call 0 %
授業内での挙手発言 Class Contribution 30 %
ケース試験 Case Exam 0 %
参加者による相互評価 Peer Assessment 0 %
シミュレーション成績 Simulation 0 %
小テスト Quizzes / Tests 0 %
最終レポート Final Report 20 %
期末試験 Final Exam 50 %
合計 Total 100 %

評価の留意事項 Notes on Evaluation Criteria

授業中のディスカッションやグループディスカッションでの積極的参加を重視する。

使用ケース一覧 List of Cases

    ケースは使用しません。

教科書 Textbook

  • 石井正道「非連続イノベーションの戦略的マネジメント(現在改訂中。購入不要。授業中に資料配布予定。)」白桃書房(2021)978-45612653

参考文献・資料 Additional Readings and Resource

[1] アッターバック,J.M .『イノベーション・ダイナミクス―事例から学ぶ技術戦略』有斐閣,1998,ISBN4-641-16043-9(原著1994)
[2] タッシュマン,M.L..& オーライリー,C .A.平野和子訳『競争優位のイノベーション~組織変革と再生への実践ガイド~』ダイヤモンド社,1997,ISBN4-478-37229-2,(原著1997)
[3] 一橋大学イノベーション研究センター(編)『イノベーション・マネジメント入門』,日本経済新聞社,2001,ISBN4-532-13223-1
[4] ティッド,J.,ベサント,J.&  パビット,K.後藤晃・鈴木潤監訳『 イノベーションの経営学』NTT出版,2006,ISBN4-7571-2126-1
[5] 延岡健太郎『MOT「技術経営入門』日本経済新聞社,2006,ISBN4-532-13321-4

授業調査に対するコメント Comment on Course Evaluation

わかりやすい授業になるように工夫します。

担当教員のプロフィール About the Instructor 

(1) 学位と取得大学(修士以上) : 修士(Master in Public Policy) ハーバード大学 : 博士(学術)東京大学
(2) 研究分野 : イノベーション・マネジメント、アントレプレナーシップ
(3) 主な論文(過去5年3編)
Ishii, M., Ueda, K.,Takeda, H., Takenaka, T., Nishino, N. and Utahara, A. "Research on effective management of business model creation process: Through the multiple case-studies on a SOGO-SHOSYA," NUCB journal of economics and information science Vol.59, No.2: 1-19. 2015
Ishii, M., Ueda, K.,Takeda, H., Takenaka, T., Nishino, N. and Utahara, A. "Managing business model creation process: Kirznerian entrepreneurship and the role of organisation in cases of a Japanese company," World Review of Entrepreneurship,Management and Sustainable Development(2014.10) Vol.10, No.4: 465 - 483.
Ishii,M and Baba,Y. "Strategy Process for Discontinuous Innovation: In case of Japanese Established Companies," Annual Research Forum at the 2013 PDMA Product Innovation Management Conference (2013.10)
(4) 主な著書
『非連続イノベーションの戦略的マネジメント』 、石 井正道、白桃書房、2010
『独創の条件』、石井正道、NTT出版、2005

●Academic degree and university name (above master’s degree)
Master in Public Policy (Harvard University's Kennedy School)
Ph.D.(University of Tokyo) in the field of Innovation Management
●Research Field: Innovation Management, Entrepreneurship
●Main article(s) (In the past 5 years)
Ishii, M., Ueda, K.,Takeda, H., Takenaka, T., Nishino, N. and Utahara, A. "Research on effective management of business model creation process: Through the multiple case-studies on a SOGO-SHOSYA," NUCB journal of economics and information science Vol.59, No.2: 1-19. 2015
Ishii, M., Ueda, K.,Takeda, H., Takenaka, T., Nishino, N. and Utahara, A. "Managing business model creation process: Kirznerian entrepreneurship and the role of organisation in cases of a Japanese company," World Review of Entrepreneurship,Management and Sustainable Development(2014.10) Vol.10, No.4: 465 - 483.
Ishii,M and Baba,Y. "Strategy Process for Discontinuous Innovation: In case of Japanese Established Companies," Annual Research Forum at the 2013 PDMA Product Innovation Management Conference (2013.10)
●Main book(s)
Strategic Management of Discontinuous Innovation, Masamichi Ishii, Hakutou, 2010

(実務経験 Work experience)

1977 〜 1996 清水建設株式会社 技術本部 研究開発マネジメント担当
1996 〜 1999 ハーバード大学フェアバンク東アジア研究センター及びケネディスクール政治行政大学院でリサーチアシスタント及び日米共同研究プロジェクトマネジャー
2002 〜 2005 文部科学省科学技術政策研究所 上席研究官
2005 〜 2008 文部科学省科学技術政策研究所 客員研究官
2009 〜 2010 東京大学人工物工学研究センター価値創成イニシアティブ(住友商事)寄付研究部門 特任准教授(常勤)

1977 〜 1996 Shimizu Corporation Technology Division: Manager for Technology Development
1996 〜 1999 Harvard University's Fairbank Center for East Asia Studies and Kennedy School: Research Associate and Project Manager for US Japan Joint Research Project
2002 〜 2005 National Institute of Science and Technology Policy:Senior Researcher
2005 〜 2008 National Institute of Science and Technology Policy: Visiting Researcher
2009 〜 2010 University of Tokyo's Research into Artifacts, Center for Engineering, Sumitomo Project: Associate Professor

Refereed Articles

  • (2017) How can business schools teach innovation?. Development Engineering 37(1): ISSN 1343-7623
  • (2015) Research on Effective Management of the Business Model Creation Process. NUCB insight 4
  • (2014) Managing business model creation process: Kirznerian entrepreneurship and the role of organization in cases of a Japanese company. World Review of Entrepreneurship, Management and Sustainable Development 10(4): 1746-0581
  • (2009) Corporate Entrepreneurship in Discontinuous Innovation-Proposal on Organizational Active Involvement in Corporate Entrepreneurship-. Technology and Economy (2009.6): ISSN 0285-9912
  • (2008) Research on Strategy Formulation Process for Discontinuous Innvation: Proposal on Controlling Emergent Process. Journal of Innovation Management No.5 13492233

Refereed Proceedings

  • (2017). Strategy process for discontinuous innovation from evolutionary perspectives. SMS 37TH ANNUAL CONFERENCE .Strategic Management Society. 1. 2. Houston, Texas, USA
  • (2016). Business Model Innvation from a Viewpoint of Entrepreneurship. R&D Management Conference 2016, USB .R&D Management . 1. 3. University of Cambridge, UK
  • (2013). Strategy Process for Discontinuous Innovation: In case of Japanese Established Companies. .Annual Research Forum at the 2013 PDMA Product Innovation Management Conference. 1. 3. Phoenix, Arizona, USA






ページ上部へ戻る