シラバス Syllabus

授業名 フィールド実践(4単位)
Course Title Field Practice
担当教員 Instructor Name 亀倉 正彦(Masahiko Kamekura)
コード Couse Code NUC139_N22B
授業形態 Class Type 講義 Regular course
授業形式 Class Format On Campus
単位 Credits 4
言語 Language JP
科目区分 Course Category 専門教育科目300系 / Specialized Subject 300
学位 Degree BSc
開講情報 Terms / Location 2022 UG Nisshin Term3

授業の概要 Course Overview

本学のミッションステートメントは『名古屋商科大学のミッションは、"フロンティアスピリット"を備えたイノベーティブで倫理観あるリーダーの育成、そしてビジネス界や社会の発展をもたらす知識の創出をすることです。名古屋商科大学の学生は、新時代のアジアと世界をつなぐ能力を有している。』です.本科目は,ビジネス界や社会の発展をもたらす知識を創出するスキルを磨く科目です.
◆本科目は、商学部インテンシブ教育プログラムの科目で,2年次Term3で科目「コミュニケーションの理論と実践」と緊密に連動し,近隣地域の魅力的なモノコトの宣伝動画を作成します.この科⽬の⽬的は,フィールド(学外)に出て授業協⼒先企 業や政府団体とやりとりしながらプロモーション動画を作成する体験を通じて,ケース授業ではなかなか得ることのできない「①先読みできる洞察⼒」「②お互いを利するような コミュニケーション⼒」「③⾃分の⾏動に対する責任ある態度」を⾝につける第⼀歩を踏 み出すことです。
◆この科⽬における現代的課題は,「ジブリパーク開業を契機にして愛知県並びに愛知県商工会連合会が地域活性化効果を企図している.持続可能な地域社会の形成の観点から,これらの商品を紹介するプロモーション動画を作成しなさい.尚,この過程では当該商品事業者などと適切な双方向コミュニケーションを実施すること」です.
◆この科目を受講することでマーケティング知識を理解するとともに,それを実行に移すすべを学ぶことができます.
◆ただ動画を作成するだけでなく,そのプロモーション対象およびそこに関わる⼈々(経営者や従業員他)の思いをしっかりと受け⽌めることが必要になります。その上で,既に学んできた「マーケティング基礎」や,同時並⾏で学ぶ「広告と販売促進」などのマーケティング関連知識を総動員します。スキルの⾯では,初年次に学んだ「動画マーケティング実践」および同時並⾏で学ぶ「コミュニケーションの理論と実践」により動画作成の技法や⾼度な対話能⼒を⾝につけ実践します。3年次に集中的に体験することになる「ビジネスコンテスト出場」「インターンシップ」「資格検定取得」につながる⼤切な科⽬です。

Our Mission Statement is as follows: “Our mission is to educate innovative and ethical leaders who possess a ‘Frontier Spiritʼ and to create knowledge that advances business and society. Our undergraduate students will have the ability to bridge the gap between New Asia and the rest of the world.” In this course students learn to develop the skills for creating knowledge that advances business and society, and to create innovative activities so as to advance business and society.
- This course is set as a compulsory course students must register concurrently with and closely coordinated with the relative course "Theories and Practice of Communication"(the aim of whichi is to form student's sills and attitudes towards communication with these people and organizations involved) in Term3 in the 2nd grade of Commerce Dept, in which students eagerly pursue to make a promotion video on some attractive item nearby, and this course is the main one as a pillar for study of this term.
- Course goal is (1)to gain the power of insight to look forward, (2)to communicate effectively and reciprocally with peoples of business and society, and (3)to get proper and sincere attitude toward one's own action, and this course is that first step. This course stems from the real business and social request that how to enjoy waiting tourist in line in front of "Ghibli Park in Morikoro Park" by Aichi prefecture bureau. Students will resolve that problem by means of making videos promoting various local area items in terms of SDGs.
- By studying this course, students will be able not only to understand marketing knowledge, but also to bring it into practice.
- Students have to get information and understand both what you promote and whom you committ to in order to make use of knowledge and skills you have learned in such courses as 'Marketing Practice with Making Movies (Douga Marketing Jissen)', 'Theories and Practice of Communication'. After this course, you will take each one of 'Business Planning Contest', 'Internship' and 'Qualification Acquisition' in the 3rd grade.

本授業の該当ラーニングゴール Learning Goals

*本学の教育ミッションを具現化する形で設定されています。

LG1 Critical Thinking
LG2 Diversity Awareness
LG3 Ethical Decision Making
LG4 Effective Communication
LG5 Business Perspectives (BSc)

受講後得られる具体的スキルや知識 Learning Outcomes

学外の⼈々とやり取りする際のビジネスメールの書き⽅などのビジネスマナーを実践し て体得するとともに,動画作成の過程で関係者と対話してニーズを聴き取る⼒を磨きま す。同時に,⾃分の気持ちや考えも表現する術を知り,相⼿のニーズと摺り合わせながら ⼀つの成果物にまとめ上げることを学びます。ディプロマポリシー(卒業に際して要求す る知識スキル)との関わりでは,とりわけ「多様な問題解決が⾏える論理的思考⼒を有す る」「地域、産業、世代、性別等を含めた多様性の重要性を理解している」「倫理的・社 会的な意思決定の重要性を理解している」「論理的かつ明瞭に内容を伝え、記述すること ができる」「マーケティングに関わる課題を発⾒し解決する実践的な能⼒」を育成する科 ⽬です。

You practical communicate with people and organization related outside, then you will learn to seize their needs, to express your own thought and idea, and to reconcile them toward team's integrated report, which relate to LG1, LG2, LG4, and LG5.

SDGsとの関連性 Relevance to Sustainable Development Goals

Goal 11 住み続けられるまちづくりを(Sustainable Cities and Communities)

教育手法 Teaching Method

教育手法 Teaching Method % of Course Time
インプット型 Traditional 20 %
参加者中心型 Participant-Centered Learning ケースメソッド Case Method 50 %
フィールドメソッド Field Method 30 %
合計 Total 100 %

学習方法、レポート、課題に対するフィードバック方法 Course Approach, Report, Feedback methods

各回に復習・リフレクション(省察)のための課題が出されたり,次回授業のための予習 課題(ケース・動画視聴など)が指⽰されることがあります。また,グループ作業になれば ,仲間と共に授業時間外で準備学習に臨むこともあります。この科⽬が配置されるフィール
ド系列には,学外の企業や政府団体が協⼒していることがあります。準備を疎かにすると関 係者に迷惑がかかるため厳に慎んでください。皆で頑張って準備すると,それだけ得られる ものも⼤きなものになります。

授業スケジュール Course Schedule

第1日(Day1)

Week1 Day1 (9/12Mon)
1限…オリエンテーション.課題提示.グループ分け.アイスブレイク.授業計画.
2限…リーダーシップ・事業構成・リーンキャンバス.次回ケースの準備.
Week1 Day2 (9/16Fri)
1限…SalesForce社来学指導.ケース課題についての学生発表,および講評・指導.
2限…SalesForce社来学指導.ビジネスモデル提案への考え方の講義.次回ケースへのイントロ.

●使用するケース
「ビジネスモデルと商品構成およびリーダーシップ」(SalesForce社作成資料)

第2日(Day2)

Week2 Day3 (9/19Mon・祝日)
1限…動画作成①(URAの先生・木村先生の支援) 
2限…動画作成②(URAの先生・木村先生の支援) 
Week2 Day4 (9/23Fri・祝日)
1限…SalesForce社来学指導.ケース課題についての学生発表,および講評・指導.
2限…SalesForce社来学指導.ビジネスモデル提案への考え方の講義.次回ケースへのイントロ.

●使用するケース
「ペルソナの設定方法」(SalesForce社作成資料)

第3日(Day3)

Week3 Day5 (9/26Mon)
1限~4限…全日インターンシップ① 実習①(全⽇7h: 9-12, 13-17)リーダーインタビュー
Week3 Day6 (9/30Fri)
1限…インターンシップ報告 到達点と課題点,疑問点を明確にし,解決します.
2限…中間チェックのためのチーム準備作業 

●使用するケース
各チームテーマも考慮したうえで,関連するケース資料を提示する予定です.

第4日(Day4)

Week4 Day7 (10/3Mon)
1限…中間チェック① 担当教員,および学生チーム間の相互評価. 
2限…中間チェックをふまえ,次回フォローアップインタビューの準備.
Week4 Day8 (10/7Fri)
1限…経営組織や組織文化の視点の学習 従業員や商品関連の組織的な諸特徴.
2限…次回のインターンシップのための準備作業 組織文化や経営組織の視点から.

●使用するケース
「商品づくりの経営組織と組織文化(仮)」

第5日(Day5)

Week5 Day9 (10/10Mon)
1限~4限…全日インターンシップ② (全⽇7h: 9-12, 13-17)従業員インタビュー・アンケート調査
Week5 Day10 (10/14Fri) ※週末10/15,16学園祭
1限…各チームによるインターンシップの事後報告.反省点や課題と今後の見通しを確認.
2限…中間チェックに向けての各チーム作業.

●使用するケース
各チームテーマも考慮したうえで,関連するケース資料を提示する予定です.

第6日(Day6)

Week6 Day11 (10/17Mon)
1限…中間チェック② 担当教員,および学生チーム間の相互評価. 
2限…中間チェックをふまえ,次回フォローアップインタビューの準備.
Week6 Day12 (10/21Fri)
1限~4限…全日インターンシップ③ (全⽇6h: 9-12, 13-16)フォローアップインタビュー

●使用するケース
各チームテーマも考慮したうえで,関連するケース資料を提示する予定です.

第7日(Day7)

Week7 Day13 (10/24Mon)
1限…SalesForce社来学.動画指導.ケース課題についての学生発表,および講評・指導.
2限…関連知識を習得し,最終プレゼンに備えて動画を磨き上げます.
Week7 Day14 (10/28Fri)
1限…イベント準備.会場設営など.
2限…10:30-12:00(仮)動画完成披露会(会場モリコロパーク?).報告書完成.ジブリ開業4日前.

●使用するケース
「ペルソナに対する商品広報動画の完成度を高める」(SalesForce社作成資料)

成績評価方法 Evaluation Criteria

*成績は下記該当項目を基に決定されます。
*クラス貢献度合計はコールドコールと授業内での挙手発言の合算値です。
講師用内規準拠 Method of Assessment Weights
コールドコール Cold Call 30 %
授業内での挙手発言 Class Contribution 30 %
クラス貢献度合計 Class Contribution Total 60 %
予習レポート Preparation Report 15 %
小テスト Quizzes / Tests 5 %
シミュレーション成績 Simulation 0 %
ケース試験 Case Exam 0 %
最終レポート Final Report 15 %
期末試験 Final Exam 0 %
参加者による相互評価 Peer Assessment 5 %
合計 Total 100 %

評価の留意事項 Notes on Evaluation Criteria

◆予習レポート(30)…SalesForce社関連.3回分.課題①②③.授業の事前提出.
◆コールドコール(15)…チームプレゼンの内容ならびにその後の質疑応答.
◆授業内での挙手発言(5)…事業者等とのコミュニケーションSlack経由での対話.レスポンスなど.
◆参加者による相互評価(10)…チーム内・他チームからの評価.
◆小テスト(20)…中間チェック関連.2回分.各回での進捗状況報告なども含む.
◆最終レポート(20)…事前指定フォーマットに沿って各チームごとに作成.動画に関する補足情報.リーダーシップ・経営組織の理解度含む.事業者評価含む.
◆期末試験(0)…実施しない.

使用ケース一覧 List of Cases

    ケースは使用しません。

教科書 Textbook

  • 田中 淳一 (著)「地域の課題を解決するクリエイティブディレクション術」宣伝会議(2022)978-4883355297

参考文献・資料 Additional Readings and Resource

▼上野 啓子 (著) . (2004). 『マーケティング・インタビュー 問題解決のヒントを「聞き出す」技術』. 東洋経済新報社. ISBN: ‎ 978-4492555101
▼エリック・リース (著), 伊藤 穣一(MITメディアラボ所長) (解説), 井口 耕二 (翻訳) . (2012).『リーン・スタートアップ:ムダのない企業プロセスでイノベーションを生みだす』.日経BP. ‎ISBN:978-4822248970
▼鎮目 博道 (著). (2021). 『アクセス、登録が劇的に増える! 「動画制作」プロの仕掛け52』. 日本実業出版社. ISBN:978-4534058324
▼西田泰典(著). (2020).『事業計画に落とせるビジネスモデルキャンバスの書き方』.クロスメディア・パブリッシング(インプレス). ISBN: ‎ 978-4295403401
▼山本浩二(著). (2021). 『今すぐ使えるかんたん iMovie 動画編集入門【改訂3版】 (Imasugu Tsukaeru Kantan Series)』.技術評論社; 改訂3版. ISBN:978-4297122911

授業調査に対するコメント Comment on Course Evaluation

初めての授業ですが,これから良き伝統につながるような科目にするべく,皆さんと共に対話しながら微調整・微修正を施していくつもりです.いろいろご意見をお寄せください.

担当教員のプロフィール About the Instructor 

慶応義塾大学大学院商学研究科博士課程 単位取得
慶応義塾大学大学院商学研究科修士課程 修了 修士(商学)
慶応義塾大学商学部商学科 修了 学士(商学)

専門テーマ: 経営学、経営資源論、地域活性化、アクティブラーニング

(Doctoral course credit earned completely): Keio University: Graduate School of Business and Commerce
M. A. in Business and Commerce: Keio University: Graduate School of Business and Commerce
B. A. in Business and Commerce: Keio University: Faculty of Business and Commerce

Specialized in management administration, Resource-Based View of the Firm, regional revitalization, and active learning in education

(実務経験 Work experience)

2018- にっしん観光まちづくり協会 相談役
2019- 瀬戸信用金庫地域振興協力基金 理事

2018- Nisshin City Tourism Association, Senior Advisor
2019- Seto Shinkin Bank Foundation for Local Development, Director

Refereed Articles

  • (2020) In Search of the New Model of Commercial High School Education. The Journal of Business Education 30 2434-6470
  • (2019) Application of allotted analytic Hierarchy process (aAHP) in group decision making problem. Journal of Global Business Society 5 2186-2117
  • (2018) Utilizing the intellectual heritage of the General Education (10). Journal of Japan Association for College and University Education 40(2): ISSN 1344-2449
  • (2018) A Case study on the evaluation of entrepreneurial ability of Participants at Nisshin Tourist Town Development event through Analytic Hierarchy Process. Journal of Global Business Society 4(1): 2186-2117
  • (2015) Assurance of Learning(AoL) in Undergraduate Education : Using along Assessment Data and Management for AoL. Journal of the Liberal and General Education Society of Japan 37(2):

Refereed Proceedings

  • (2019). Managing Conflicting / Concurrent Values in Interorganizational Relations. Transactions of the Academic Association for Organizational Science, Vol.8, No.1, p.240-246 .The Academic Association for Organizational Science. 1. 3. Komazawa University
  • (2018). A Case study on the evaluation of entrepreneurial ability of Participants at Nisshin Tourist Town Development event through Analytic Hierarchy Process. Global Business Society .Global Business Society 9th Symposium . 1. 3. Osaka city University
  • (2018). Utilizing Intellectual Heritage of General Education (#10). Monograph of Japan Association for College and University Education 40th Annual Conference .Japan Association for College and University Education. 1. 3. Tsukuba University






ページ上部へ戻る