シラバス Syllabus

授業名 INTRODUCTORY KOREAN
Course Title INTRODUCTORY KOREAN
担当教員 Instructor Name 呉 禧受(Oh Heesu)
コード Couse Code NUC126_N21A
授業形態 Class Type 講義 Regular course
授業形式 Class Format On Campus
単位 Credits 2
言語 Language JP
科目区分 Course Category 教養教育科目100系 / Liberal Arts 100
学位 Degree BSc
開講情報 Terms / Location 2021 UG Nisshin Term1

授業の概要 Course Overview

韓国語の習得により、ビジネス界や社会の発展をもたらす知識の創出をすることが出来る。さらに、新時代の韓国と日本をつなぐ能力を有する。
この授業では、韓国語を学習した経験がない学生を対象に、ハングルの歴史と表記方法、韓国語の発音の仕組みと文法について学ぶ。また、日常的に使うあいさつや会話を学びながら韓国語でのコミュニケーションを楽しむ。なお、韓国の文化や社会についても学び、一番近い隣国について理解する機会を持つ。
コース終了後には、韓国語で簡単な会話ができ、短い文が読めることを目指す。

By learning Korean, you can create knowledge that will bring about the development of the business world and society. In addition, it has the ability to connect Korea and Japan in a new era.
INTRODUCTORY KOREAN is designed for students who have little or no experience learning Korean. The goal of this course is to develop four basic skills (i.e., speaking, listening, reading and writing) in Korean with an emphasis on grammatical accuracy and socially appropriate language use including introduction to Korean language and culture.
Upon successful completion of these 14 lessons, students will be able to carry on basic daily conversations and to develop the ability to read and write written scripts, Hangul.

本授業の該当ラーニングゴール Learning Goals

*本学の教育ミッションを具現化する形で設定されています。

LG1 Critical Thinking
LG2 Diversity Awareness
LG3 Ethical Decision Making
LG4 Effective Communication
LG5 Business Perspectives (BSc)
LG6 Managerial Perspectives (BBA)
LG7 International Perspectives (BA)

受講後得られる具体的スキルや知識 Learning Outcomes

・韓国語の文字であるハングルが読める。
・ハングルが書ける。
・韓国語で簡単な会話ができる。
・韓国語で短い文が読める。
・韓国語で短い文が書ける。

・ You can read Hangul, which is a Korean character.
・ You can write Hangul.
・ You can do simple conversations in Korean.
・ You can read short sentences in Korean.
・ You can write short sentences in Korean.

SDGsとの関連性 Relevance to Sustainable Development Goals

Goal 4 質の高い教育をみんなに(Quality Education)

教育手法 Teaching Method

教育手法 Teaching Method % of Course Time
インプット型 Traditional 60 %
参加者中心型 Participant-Centered Learning ケースメソッド Case Method 40 %
フィールドメソッド Field Method 0 %
合計 Total 100 %

学習方法、レポート、課題に対するフィードバック方法 Course Approach, Report, Feedback methods

授業には休まず出席する。
予習は必須ではないが、課題を含む復習は必ずやってくること。
課題は講師が個人的にチェックし、間違いを直す。間違いが多い課題においては、授業中にもう一度説明しる。

授業スケジュール Course Schedule

第1日(Day1)

ハングル(韓国語の文字)の歴史と仕組み、基本母音、基本子音

●使用するケース
ハングルをノートに書いて次回の授業時に提出

第2日(Day2)

終声(パッチム)、激音・濃音

●使用するケース
ハングルをノートに書いて次回の授業時に提出

第3日(Day3)

複合母音・日本語のハングル表記 韓国語で自己紹介

●使用するケース
ハングルをノートに書いて次回の授業時に提出

第4日(Day4)

ものをあげる・感謝する 場所を聞く・数字が言える①

●使用するケース
授業中に伝える

第5日(Day5)

家族の紹介・数字が言える② 動きを表す表現

●使用するケース
授業中に伝える

第6日(Day6)

韓国文化、時間が言える

●使用するケース
授業中に伝える

第7日(Day7)

状態を表す表現、過去形

成績評価方法 Evaluation Criteria

*成績は下記該当項目を基に決定されます。
講師用内規準拠 Method of Assessment Weights
予習レポート Preparation Report 0 %
コールドコール Cold Call 0 %
授業内での挙手発言 Class Contribution 10 %
ケース試験 Case Exam 0 %
参加者による相互評価 Peer Assessment 0 %
シミュレーション成績 Simulation 0 %
小テスト Quizzes / Tests 20 %
最終レポート Final Report 20 %
期末試験 Final Exam 50 %
合計 Total 100 %

評価の留意事項 Notes on Evaluation Criteria

使用ケース一覧 List of Cases

    ケースは使用しません。

教科書 Textbook

  • 光化門韓国語スタジオ「「シンプル韓国語入門」」アルク(2010)978-4757418431

参考文献・資料 Additional Readings and Resource

必要に応じてコピーして配付する。

授業調査に対するコメント Comment on Course Evaluation

授業中は大いに積極性が求められます。せっかく韓国語が学べるチャンスなので、教室活動に参加したり、先生の質問に答えたりしながら楽しみましょう。成績は自然とついてきます。

担当教員のプロフィール About the Instructor 

名古屋大学 国際言語センター 非常勤講師

Part-time lecturer, International language Center, Nagoya University







ページ上部へ戻る