シラバス Syllabus

授業名 教育実習指導
Course Title Instruction for teaching practice
担当教員 Instructor Name 椿田 貴史(Takashi Tsubakita)
コード Couse Code NUC111_N21B
授業形態 Class Type 講義 Regular course
授業形式 Class Format On Campus
単位 Credits 2
言語 Language JP
科目区分 Course Category 教職課程科目 / Teacher Training
学位 Degree BSc
開講情報 Terms / Location 2021 UG Nisshin Fall

授業の概要 Course Overview

この授業は本学のミッション・ステートメントのうち「"フロンティアスピリット"を備えたイノベーティブで倫理観あるリーダーの育成」に関連します。
本授業は2日間の集中講義であり、学生は模擬授業の準備をすることが求められる。具体的には学習指導案を作成することがもとめられる。また、これまでの教職関連科目の学習成果に基づき、教育実習の準備はいかにあるべきかを事例等を交えて議論する。
学習指導案の作成
学習指導案に基づく授業実践

The purpose of this course is closely related to the mission statement, especially to "innovative and ethical leaders who possess a ʻFrontier Spirit.ʼ Students will learn through case discussions and research activities.
This course is a 2-day intensive course. Students are required to prepare for their lessons in class, i.e., study plans. The method of instruction or guidance for students and general preparation for teaching practice will be discussed and studied.
To construct a study lesson plan for class.
To provide trial lesson.

本授業の該当ラーニングゴール Learning Goals

*本学の教育ミッションを具現化する形で設定されています。

LG3 Ethical Decision Making
LG4 Effective Communication
LG6 Managerial Perspectives (BBA)

受講後得られる具体的スキルや知識 Learning Outcomes

・教育実習における学習目的
・授業案
・教育実習での業務

・purpose of teaching practice
・study plan
・essential works in education

SDGsとの関連性 Relevance to Sustainable Development Goals

特に関連しない (not relevant)

教育手法 Teaching Method

教育手法 Teaching Method % of Course Time
インプット型 Traditional 25 %
参加者中心型 Participant-Centered Learning ケースメソッド Case Method 25 %
フィールドメソッド Field Method 50 %
合計 Total 100 %

学習方法、レポート、課題に対するフィードバック方法 Course Approach, Report, Feedback methods

授業前までに、各自が担当する科目の学習指導案を作成してください。また、教科書を事前に読み、その感想を予習レポートとして提出するオプションの課題を出します。

授業スケジュール Course Schedule

第1日(Day1)

<オリエンテーションと目標設定>
 
教育実習指導受講に関する諸注意、予定確認の後、各自で目標を設定する。
この授業では、模擬授業を実施するが、その際に身嗜みも整えておくこと。スーツ着用のこと。頭髪も教師らしく清潔感のあるものとせよ。

●使用するケース
教育実習生の葛藤

第2日(Day2)

<教師としてのマナーについて>

実習現場での挨拶や身だしなみといったマナー面での訓練をします。また、生徒とのコミュニケーションについて、ロールプレイ、シミュレーションをする。積極的に参加すること。


第3日(Day3)

<教育実習時における授業の事前準備について>

学習指導案の作成と授業の事前練習に焦点をしぼり、授業の直前まで何をしておくべきかを学ぶ。実際の模擬授業から、準備に何が必要であったかを振り返る。

第4日(Day4)

<高等学校における授業計画について>
授業計画として、授業の展開と板書計画、資料準備に関して学びます。各自で板書の練習をし、授業に臨こと。

第5日(Day5)



第6日(Day6)



第7日(Day7)



成績評価方法 Evaluation Criteria

*成績は下記該当項目を基に決定されます。
講師用内規準拠 Method of Assessment Weights
予習レポート Preparation Report 0 %
コールドコール Cold Call 0 %
授業内での挙手発言 Class Contribution 20 %
ケース試験 Case Exam 0 %
参加者による相互評価 Peer Assessment 0 %
シミュレーション成績 Simulation 40 %
小テスト Quizzes / Tests 0 %
最終レポート Final Report 10 %
期末試験 Final Exam 30 %
合計 Total 100 %

評価の留意事項 Notes on Evaluation Criteria

使用ケース一覧 List of Cases

    ケースは使用しません。

教科書 Textbook

  • 筒井 美紀 (編集),‎ 遠藤 野ゆり (編集)「ベストをつくす教育実習 -- 強みを活かし実力を伸ばす」有斐閣(2015)9784641174320

参考文献・資料 Additional Readings and Resource

[1]『中学・高校教師になるための 教育心理学』心理科学研究会 有斐閣選書 4641182000
[2]『やさしい教育心理学』鎌原 雅彦, 竹綱 誠一郎 有斐閣アルマ 4641122598
[3]『授業にいかす教師がいきるワークショップ型研修のすすめ』村川 雅弘 (編集) 4324076499
[4]『教育実習57の質問』白井 慎, 黒沢 英典, 寺崎 昌男, 別府 昭郎、 学文社 4762004308
[5]『授業力アップのポイント100—若い教師をサポートする』 東京都教職員研修センター ぎょうせい 4324077509

授業調査に対するコメント Comment on Course Evaluation

みなさんの学びが深まる指導をします。

担当教員のプロフィール About the Instructor 

人間・環境学博士(京都大学)
臨床心理士 第08552号(公益財団法人 日本臨床心理士資格認定協会)
公認心理師 第1927号
専門:臨床心理学・教育心理学

Doctor of Human and Environmental Studies, Kyoto University
Certified Clinical Psychologist (No.08552)
Licensed Psychologist (No. 1927)
Specialty: Clinical psychology; educational psychology

(実務経験 Work experience)

1997年4月~1999年3月 国立病院機構 宇多野病院 非常勤心理技術士
1999年4月~2002年3月 京都中央看護専門学校 非常勤講師「臨床心理学」「精神保健」、学生相談室担当



1997-1999. Part-time psychologist at National Hospital Organization Utano National Hospital.
1999-2002. Part-time lecturer at Kyoto-Chuo Nursing school.(Clinical psychology; mental health; counseling psyhologist)

Refereed Articles

  • (2021) Alcohol-impaired Walking in 16 Countries: A Theory-Based Investigation. Accident Analysis & Prevention (159): 0001-4575
  • (2021) Negative emotions about climate change are related to insomnia symptoms and mental health: Cross-sectional evidence from 25 countries. Current psychology
  • (2020) Utilizing the Intellectual Heritage of the General Education(12). Journal of Japan Association for College and University Education 42(2):
  • (2020) Assessing Knowledge-Based and Perceived Health Literacy Among Japanese Adolescents: A Cross-Sectional Study. Global Pediatric Health 7
  • (2019) Effectiveness of non-expert idea creation activities for product development. Development Engineering 39(1):






ページ上部へ戻る