シラバス Syllabus

授業名 セミナー 6
Course Title SEMINAR 6
担当教員 Instructor Name 陳 宇(Chen Yu)
コード Couse Code NUC105_N21B
授業形態 Class Type 演習 Practicum
授業形式 Class Format On Campus
単位 Credits 2
言語 Language JP
科目区分 Course Category 共通専門教育科目300系 / Specialized Subject 300
学位 Degree BSc
開講情報 Terms / Location 2021 UG Nisshin Fall

授業の概要 Course Overview

現代社会において、生活のあらゆる場面で法律は姿を見せます。社会の一員である学生諸君が、法律を学ぶことを通して、各分野において法に従い開拓者精神を発揮することが期待されています。
*セミナーの研究内容
法学の基礎知識、各自の卒論テーマ
本講義を受講することにより、ビジネス社会においてリーガルマインドを身につけることが期待されています

In modern society, law appears in all aspects of life. Every student is a member of society. By learning the knowledge of law, students will be able to carry forward frontier spirit in compliance with the law in their future career.
In this course, we aim to master the basic knowledge of civil law, through an overview of the various problems caused by the law.
Students enrolled in this course are expected to acquire a legal mind in the business world.

本授業の該当ラーニングゴール Learning Goals

*本学の教育ミッションを具現化する形で設定されています。

LG1 Critical Thinking
LG2 Diversity Awareness
LG3 Ethical Decision Making
LG4 Effective Communication
LG5 Business Perspectives (BSc)
LG6 Managerial Perspectives (BBA)
LG7 International Perspectives (BA)

受講後得られる具体的スキルや知識 Learning Outcomes

法によって生じる様々な問題を概観することを通じて、法学の基本知識を得ることを到達目標としている。本セミナーを受講することにより、ビジネス社会においてリーガルマインドを身につけることが期待されている。

Students enrolled in this course are expected to acquire a legal mind in the business world.

SDGsとの関連性 Relevance to Sustainable Development Goals

Goal 4 質の高い教育をみんなに(Quality Education)

教育手法 Teaching Method

教育手法 Teaching Method % of Course Time
インプット型 Traditional 0 %
参加者中心型 Participant-Centered Learning ケースメソッド Case Method 50 %
フィールドメソッド Field Method 50 %
合計 Total 100 %

学習方法、レポート、課題に対するフィードバック方法 Course Approach, Report, Feedback methods

セミナーでは、各自の卒論テーマについて、毎回2名程度の担当者に報告をしてもらう。

授業スケジュール Course Schedule

第1日(Day1)

ガイダンス

第2日(Day2)

第2週:卒業論文のテーマ設定 ①
 卒業論文のテーマ設定方法をアクティブラーニングで学ぶ。

第3週:卒業論文のテーマ設定 ②
 受講生報告に基づき、受講生全員で議論を行う。

第4週:卒業論文のテーマ設定 ③
 受講生報告に基づき、受講生全員で議論を行う。

第5週:卒業論文のテーマ設定 ④
 受講生報告に基づき、受講生全員で議論を行う。

第6週:卒業論文のテーマ設定 ⑤
 受講生報告に基づき、受講生全員で議論を行う。

第7週:卒業論文のテーマ設定 ⑥
 受講生報告に基づき、受講生全員で議論を行う。

第8週:卒業論文のテーマ設定 ⑦
 受講生報告に基づき、受講生全員で議論を行う。

第9週:卒業論文のテーマ設定 ⑧
 受講生報告に基づき、受講生全員で議論を行う。

第10週:卒業論文のテーマ設定 ⑨
 受講生報告に基づき、受講生全員で議論を行う。

第11週:卒業論文のテーマ設定 ⑩
 受講生報告に基づき、受講生全員で議論を行う。

第12週:卒業論文のテーマ設定 ⑪
 受講生報告に基づき、受講生全員で議論を行う。

第13週:卒業論文のテーマ設定 ⑫
 受講生報告に基づき、受講生全員で議論を行う。

第14週:まとめ

第3日(Day3)



第4日(Day4)



第5日(Day5)



第6日(Day6)



第7日(Day7)



成績評価方法 Evaluation Criteria

*成績は下記該当項目を基に決定されます。
講師用内規準拠 Method of Assessment Weights
予習レポート Preparation Report 0 %
コールドコール Cold Call 0 %
授業内での挙手発言 Class Contribution 95 %
ケース試験 Case Exam 0 %
参加者による相互評価 Peer Assessment 5 %
シミュレーション成績 Simulation 0 %
小テスト Quizzes / Tests 0 %
最終レポート Final Report 0 %
期末試験 Final Exam 0 %
合計 Total 100 %

評価の留意事項 Notes on Evaluation Criteria

使用ケース一覧 List of Cases

    ケースは使用しません。

教科書 Textbook

  • なし「なし」なし(なし)

参考文献・資料 Additional Readings and Resource

なし

授業調査に対するコメント Comment on Course Evaluation

授業調査だけでなく、講義の際に随時皆さんの要望に応えていきたいと思います。

担当教員のプロフィール About the Instructor 

<学位と取得大学>
修士( 法学)慶應義塾大学
博士( 法学)慶應義塾大学

<研究分野>
商法

<主な論文>
「 中国における外資M&A法制とレッドチップ会社」法学政治学論究(84号、2010年)
「 モリテックス株主総会決議取消請求事件」法学研究( 83巻7号、2010年)
「 上場会社MBOにおける対象会社の意見表明」『企業法の法理』(慶應義塾大学出版会、2012年)

(実務経験 Work experience)

慶應義塾大学法学研究科助教(有期・研究奨励、2011年〜2014年)を経て、2014年より本学に着任。

Refereed Articles

  • (2020) Insider Trading Regulation in Japan. Tsinghua Fiancial Law Review (5):
  • (2020) Law Precedent Study. Journal of Law,Politics and Sociology 93(7): 0389-0538
  • (2019) The majority rule of capital and freezing out minority shareholders in the company law of Japan. Commercial Law Review 30 9787519732615
  • (2019) Law Precedent Study. Journal of Law,Politics and Sociology 92(2): 0389-0538
  • (2018) A study on the regulations of the acquisition of stock shares of listed companies: a comparison of the regulations among Japan, U.K., and China. SHIHO(JOURNAL OF PRIVATE LAW) (80): ISSN0387-3315






ページ上部へ戻る