シラバス Syllabus

授業名 セミナー 5
Course Title SEMINAR 5
担当教員 Instructor Name 石井 正道(Masamichi Ishii)
コード Couse Code NUC100_N21A
授業形態 Class Type 演習 Practicum
授業形式 Class Format On Campus
単位 Credits 2
言語 Language JP
科目区分 Course Category 共通専門教育科目300系 / Specialized Subject 300
学位 Degree BSc
開講情報 Terms / Location 2021 UG Nisshin Spring

授業の概要 Course Overview

本学のミッションは「“フロンティアスピリット”を備えたイノベーティブで倫理観あるリーダーの育成、そしてビジネス界や社会の発展をもたらす知識を創出することである。」本講義はミッションに記述されているイノベーティブで倫理観あるリーダーに必要な基礎を築くものである。
イノベーティブで倫理観あるリーダーの育成を目的としているが、特に、新規事業開発を行う能力を保有した人材の育成を目指している。
セミナー5は3年間のゼミの5番目であり、その具体的な目標は、今まで研究してきた内容を体系的にまとめる作業を通して、複雑なことをわかりやすく説明する能力を身に着けることである。

Our mission is to educate innovative and ethical leaders who possess a ʻFrontier Spiritʼ and to create knowledge that advances business and society. This course is to build students' foundation to become innovative and ethical leaders.
The aim of a series of seminars is to develop students' ability as a leader who is innovative and has high ethical standards. The seminars especially focus on enhancing their ability of creating new businesses.
The goal of seminar 5 is to improve their ability to explain the complicated things through organizing systematically what they have studied in the past four seminars.

本授業の該当ラーニングゴール Learning Goals

*本学の教育ミッションを具現化する形で設定されています。

LG1 Critical Thinking
LG2 Diversity Awareness
LG3 Ethical Decision Making
LG4 Effective Communication
LG5 Business Perspectives (BSc)

受講後得られる具体的スキルや知識 Learning Outcomes

新規事業機会を発見するための主要な方法
新規事業を生み出す時に保有すべき戦略的思考

Theories for identifying opportunities of new businesses
Strategic thinking for creating new businesses

SDGsとの関連性 Relevance to Sustainable Development Goals

Goal 4 質の高い教育をみんなに(Quality Education)

教育手法 Teaching Method

教育手法 Teaching Method % of Course Time
インプット型 Traditional 0 %
参加者中心型 Participant-Centered Learning ケースメソッド Case Method 0 %
フィールドメソッド Field Method 100 %
合計 Total 100 %

学習方法、レポート、課題に対するフィードバック方法 Course Approach, Report, Feedback methods

卒業論文(2万5千字)ドラフトの作成

授業スケジュール Course Schedule

第1日(Day1)

第1週 オリエンテーション  
第2週 新規事業機会発見に関する今までの作業を体系的にまとめる(1)

第2日(Day2)

第3週 新規事業機会発見に関する今までの作業を体系的にまとめる(2)
第4週 新規事業機会発見に関する今までの作業を体系的にまとめる(3)


第3日(Day3)

第5週 新規事業機会発見に関する今までの作業を体系的にまとめる(4)
第6週 新規事業機会発見に関する今までの作業を体系的にまとめる(5)


第4日(Day4)

第7週 新規事業機会発見に関する今までの作業を体系的にまとめる(6)
第8週 新規事業機会発見に関する今までの作業を体系的にまとめる(7)

第5日(Day5)

第9週 新規事業機会発見に関する今までの作業を体系的にまとめる(8)
第10週 新規事業機会発見に関する今までの作業を体系的にまとめる(9)


第6日(Day6)

第11週 新規事業機会発見に関する今までの作業を体系的にまとめる(10)
第12週 新規事業機会発見に関する今までの作業を体系的にまとめる(11)

第7日(Day7)

第13週 新規事業機会発見に関する今までの作業を体系的にまとめる(12)
第14週 まとめ

成績評価方法 Evaluation Criteria

*成績は下記該当項目を基に決定されます。
講師用内規準拠 Method of Assessment Weights
予習レポート Preparation Report 0 %
コールドコール Cold Call 0 %
授業内での挙手発言 Class Contribution 0 %
ケース試験 Case Exam 0 %
参加者による相互評価 Peer Assessment 0 %
シミュレーション成績 Simulation 0 %
小テスト Quizzes / Tests 0 %
最終レポート Final Report 100 %
期末試験 Final Exam 0 %
合計 Total 100 %

評価の留意事項 Notes on Evaluation Criteria

卒業論文(2万5千字)を持って成績を評価するが、授業中の態度が悪い場合は、評価を下げることもある。

使用ケース一覧 List of Cases

    ケースは使用しません。

教科書 Textbook

  • P・F・ドラッカー「イノベーションと企業家精神」ダイヤモンド社(2007)978-4478000649

参考文献・資料 Additional Readings and Resource

[1]ウィリアム・バイグレイブ、アンドリュー・ザカラキス、高橋・田代・鈴木訳『アントレプレナーシップ』日経B
P社、2009、ISBN4-8222-4729-4(原著 2008)
[2]クリステンセン,C.他『イノベーションのDNA』翔泳社,2012,ISBN978-7981-2471-1
[3]シーリング,T『未来を発明するためにいまできること』阪急コミュニケーションズ,2012,ISBN978-4-484-12110-9
[4]ヒット, M.A.『戦略的経営論』同友館, 2014, ISBN 978-4-496-05077-0

授業調査に対するコメント Comment on Course Evaluation

よりわかりやすい授業を心がけます。

担当教員のプロフィール About the Instructor 

(1) 学位と取得大学(修士以上) : 修士(Master in Public Policy) ハーバード大学 : 博士(学術)東京大学
(2) 研究分野 : イノベーション・マネジメント、アントレプレナーシップ
(3) 主な論文(過去5年3編)
Ishii, M., Ueda, K.,Takeda, H., Takenaka, T., Nishino, N. and Utahara, A. "Research on effective management of business model creation process: Through the multiple case-studies on a SOGO-SHOSYA," NUCB journal of economics and information science Vol.59, No.2: 1-19. 2015
Ishii, M., Ueda, K.,Takeda, H., Takenaka, T., Nishino, N. and Utahara, A. "Managing business model creation process: Kirznerian entrepreneurship and the role of organisation in cases of a Japanese company," World Review of Entrepreneurship,Management and Sustainable Development(2014.10) Vol.10, No.4: 465 - 483.
Ishii,M and Baba,Y. "Strategy Process for Discontinuous Innovation: In case of Japanese Established Companies," Annual Research Forum at the 2013 PDMA Product Innovation Management Conference (2013.10)
(4) 主な著書
『非連続イノベーションの戦略的マネジメント』 、石 井正道、白桃書房、2010
『独創の条件』、石井正道、NTT出版、2005

●Academic degree and university name (above master’s degree)
Master in Public Policy (Harvard University's Kennedy School)
Ph.D.(University of Tokyo) in the field of Innovation Management
●Research Field: Innovation Management, Entrepreneurship
●Main article(s) (In the past 5 years)
Ishii, M., Ueda, K.,Takeda, H., Takenaka, T., Nishino, N. and Utahara, A. "Research on effective management of business model creation process: Through the multiple case-studies on a SOGO-SHOSYA," NUCB journal of economics and information science Vol.59, No.2: 1-19. 2015
Ishii, M., Ueda, K.,Takeda, H., Takenaka, T., Nishino, N. and Utahara, A. "Managing business model creation process: Kirznerian entrepreneurship and the role of organisation in cases of a Japanese company," World Review of Entrepreneurship,Management and Sustainable Development(2014.10) Vol.10, No.4: 465 - 483.
Ishii,M and Baba,Y. "Strategy Process for Discontinuous Innovation: In case of Japanese Established Companies," Annual Research Forum at the 2013 PDMA Product Innovation Management Conference (2013.10)
●Main book(s)
Strategic Management of Discontinuous Innovation, Masamichi Ishii, Hakutou, 2010

(実務経験 Work experience)

1977 〜 1996 清水建設株式会社 技術本部 研究開発マネジメント担当
1996 〜 1999 ハーバード大学フェアバンク東アジア研究センター及びケネディスクール政治行政大学院でリサーチアシスタント及び日米共同研究プロジェクトマネジャー
2002 〜 2005 文部科学省科学技術政策研究所 上席研究官
2005 〜 2008 文部科学省科学技術政策研究所 客員研究官
2009 〜 2010 東京大学人工物工学研究センター価値創成イニシアティブ(住友商事)寄付研究部門 特任准教授(常勤)

1977 〜 1996 Shimizu Corporation Technology Division: Manager for Technology Development
1996 〜 1999 Harvard University's Fairbank Center for East Asia Studies and Kennedy School: Research Associate and Project Manager for US Japan Joint Research Project
2002 〜 2005 National Institute of Science and Technology Policy:Senior Researcher
2005 〜 2008 National Institute of Science and Technology Policy: Visiting Researcher
2009 〜 2010 University of Tokyo's Research into Artifacts, Center for Engineering, Sumitomo Project: Associate Professor

Refereed Articles

  • (2017) How can business schools teach innovation?. Development Engineering 37(1): ISSN 1343-7623
  • (2015) Research on Effective Management of the Business Model Creation Process. NUCB insight 4
  • (2014) Managing business model creation process: Kirznerian entrepreneurship and the role of organization in cases of a Japanese company. World Review of Entrepreneurship, Management and Sustainable Development 10(4): 1746-0581
  • (2009) Corporate Entrepreneurship in Discontinuous Innovation-Proposal on Organizational Active Involvement in Corporate Entrepreneurship-. Technology and Economy (2009.6): ISSN 0285-9912
  • (2008) Research on Strategy Formulation Process for Discontinuous Innvation: Proposal on Controlling Emergent Process. Journal of Innovation Management No.5 13492233

Refereed Proceedings

  • (2017). Strategy process for discontinuous innovation from evolutionary perspectives. SMS 37TH ANNUAL CONFERENCE .Strategic Management Society. 1. 2. Houston, Texas, USA
  • (2016). Business Model Innvation from a Viewpoint of Entrepreneurship. R&D Management Conference 2016, USB .R&D Management . 1. 3. University of Cambridge, UK
  • (2013). Strategy Process for Discontinuous Innovation: In case of Japanese Established Companies. .Annual Research Forum at the 2013 PDMA Product Innovation Management Conference. 1. 3. Phoenix, Arizona, USA






ページ上部へ戻る