シラバス Syllabus

授業名 セミナー 6
Course Title セミナー 6
担当教員 Instructor Name 織田 由美子(Yumiko Oda)
コード Couse Code NUC099_N22B
授業形態 Class Type 演習 Practicum
授業形式 Class Format On Campus
単位 Credits 2
言語 Language JP
科目区分 Course Category 専門教育科目300系 / Specialized Subject 300
学位 Degree BSc
開講情報 Terms / Location 2022 UG Nisshin Fall

授業の概要 Course Overview

フロンティアスピリットを通して、イノベーティブ且つ倫理観を踏まえたビジネスアイデアを生み出すための知識と思考力を習得する。特にセミナー6では、自身が関心のあるテーマに基づいて卒業論文の作成を行う。
自身が関心のあるテーマについて深く理解し、これまで学んだ理論も踏まえた上で分析することができるようになる。
セミナー6では、選んだテーマについての論文執筆を行う。
卒業論文を書き上げる過程において、
 1)徹底的に考え抜く
 2)他者と積極的に議論する
 3)他者にわかりやすく伝える
ことができるようになる。

Through Frontier Spirit, students will acquire the knowledge and thinking skills to create innovative and ethical business ideas. IIn particularly, in Seminar 5, students are required to write a thesis based on a theme of their own interest.
Students will gain a deep understanding of their own topic of interest and be able to analyze it based on the theories they have learned so far.
In Seminar 6, students will write a final paper on their chosen topic.
In the process of writing a thesis, students will be able to do the following
 1) Thoroughly think it through
 2) Actively discuss with others
 3) Communicate clearly to others

本授業の該当ラーニングゴール Learning Goals

*本学の教育ミッションを具現化する形で設定されています。

LG1 Critical Thinking
LG2 Diversity Awareness
LG3 Ethical Decision Making
LG4 Effective Communication
LG5 Business Perspectives (BSc)
LG6 Managerial Perspectives (BBA)

受講後得られる具体的スキルや知識 Learning Outcomes

1)自身が関心のあるテーマについて、深く掘り下げて考え、分析する力
2)自分が考えたことを他者にわかりやすく伝える力

(1) Ability to think and analyze deeply about topics of their own interest.
(2) Ability to communicate one's thoughts to others in an easy-to-understand manner

SDGsとの関連性 Relevance to Sustainable Development Goals

Goal 8 働きがいも経済成長も(Decent Work and Economic Growth)

教育手法 Teaching Method

教育手法 Teaching Method % of Course Time
インプット型 Traditional 20 %
参加者中心型 Participant-Centered Learning ケースメソッド Case Method 80 %
フィールドメソッド Field Method 0 %
合計 Total 100 %

学習方法、レポート、課題に対するフィードバック方法 Course Approach, Report, Feedback methods

1)準備学習:毎週数名の方を発表者として指名します。発表担当者が準備にかける時間は3−4時間を想定している。
 ●発表担当は、自分のテーマについてのプレゼンテーションを行う。
 ●聞き手は、発表内容を積極的に傾聴した上で、質問、コメント等を行う。
2)課題に対するフィードバック方法
 ・発表内容には、随時フィードバックを行う。また、提出レポートは採点の上、返却する。
3)中央情報センター(図書館)の活用について
 ・情報収集は極めて重要である。多様な情報にふれることで、思考の幅を広げてもらいたい。

授業スケジュール Course Schedule

第1日(Day1)

第1週)オリエンテーション:年間スケジュールの確認・発表の順番決め
第2週)プレゼンテーション、ディスカッション


第2日(Day2)

第3週)卒論プレゼンテーション、ディスカッション
第4週)卒論プレゼンテーション、ディスカッション


第3日(Day3)

第5週)卒論プレゼンテーション、ディスカッション
第6週)卒論プレゼンテーション、ディスカッション


第4日(Day4)

第7週)卒論プレゼンテーション、ディスカッション
第8週)卒論プレゼンテーション、ディスカッション

第5日(Day5)

第9週)卒論プレゼンテーション、ディスカッション
第10週)卒論プレゼンテーション、ディスカッション

第6日(Day6)

第11週)卒論プレゼンテーション、ディスカッション
第12週)卒論プレゼンテーション、ディスカッション

第7日(Day7)

第13週)卒論プレゼンテーション、ディスカッション
第14週)卒論プレゼンテーション、ディスカッション

成績評価方法 Evaluation Criteria

*成績は下記該当項目を基に決定されます。
*クラス貢献度合計はコールドコールと授業内での挙手発言の合算値です。
講師用内規準拠 Method of Assessment Weights
コールドコール Cold Call 0 %
授業内での挙手発言 Class Contribution 50 %
クラス貢献度合計 Class Contribution Total 50 %
予習レポート Preparation Report 50 %
小テスト Quizzes / Tests 0 %
シミュレーション成績 Simulation 0 %
ケース試験 Case Exam 0 %
最終レポート Final Report 0 %
期末試験 Final Exam 0 %
参加者による相互評価 Peer Assessment 0 %
合計 Total 100 %

評価の留意事項 Notes on Evaluation Criteria

提出物50%、授業貢献50%で総合的に判断する。
発表担当の有無にかかわらず、毎回積極的に発言することが求められる。

使用ケース一覧 List of Cases

    ケースは使用しません。

教科書 Textbook

  • 黒岩 健一郎・水越 康介「マーケティングをつかむ(新版)」有斐閣(2018)9784641177253

参考文献・資料 Additional Readings and Resource

1)パコ・アンダーヒル(2014)『なぜこの店で買ってしまうのか』、早川書房、ISBN:978-4150504069
2)杉本徹雄(2012)『新・消費者理解のための心理学』、福村出版、ISBN:978-4571250408
3)E・アロンソン(2014)『ザ・ソーシャル・アニマル』、サイエンス社、ISBN:978-4781913360
4)松井剛・西川英彦(2020)『1からの消費者行動』、碩学舎、ISBN:9784502333415
5)池尾恭一(2015)『マーケティング・ケーススタディ』、碩学舎、ISBN:978-4502146312

授業調査に対するコメント Comment on Course Evaluation

最終年度です。書き上げましょう。

担当教員のプロフィール About the Instructor 

● 学位と取得大学
 修士:一橋大学
 博士:一橋大学
● 研究分野
 消費者行動、マーケティング

● Degree and Acquired University
 Master's degree:(MBA.) Hitotsubashi University
 Ph.D.:(Ph.D.) Hitotsubashi University
● Research Field
Consumer Behavior, Marketing

(実務経験 Work experience)

キヤノン株式会社にてグローバルロジスティクスに従事した後、共同通信社にて株価や為替等の金融情報配信に携わる。その後NTTデータ経営研究所、ドリームインキュベータ等にて、経営コンサルティング(商業施設のコンセプト立案、化粧品会社のブランド戦略立案、ゲームメーカーのグローバル戦略等)、ベンチャーインキュベーション事業(投資から株式上場までを支援)に従事する。

After working for Canon Inc. in global logistics, engaged in the reporting of international financial news such as stock market prices and exchange rates at Kyodo News. After that, worked at NTT Data Institute of Management Consulting and Dream Incubator, where engaged in management consulting (concept making for a shopping centers, brand strategy planning for a cosmetics company, global strategy for a game maker, etc.) and venture incubation business (support from investment to IPO).

Refereed Articles

  • (2020) Outsourcing intimate lives: diffusion of practices while maintaining traditional norms—The case study of the Japanese marriage hunting ‘konkatsu’ boom—. Journal of Marketing & Distribution 23(1):
  • (2020) Destigmatization of Consumer Practice through Cooperation of Conflicting Logic. Marketing Review 1(1):

Refereed Proceedings

  • (2021). How digital technology that carries contradictory institutional logics influence consumers’ identity work. Society for the Advancement of Socio-Economic .Society for the Advancement of Socio-Economic. 1. 2. Germany (online)
  • (2019). Institutional Logic Plurality and Celebration of Markets in the Process of Destigmatization.. Japan Marketing Academy .Japan Marketing Academy. 1. 2. Hosei University
  • (2019). Unintended Consequences: Institutional Work and the Inadvertent Maintenance of Grand Challenges. Academy of Management Proceedings .Academy of Management. 1. 3. Boston
  • (2017). Legitimize the stigmatized practice. Japan Marketing Academy .Japan Marketing Academy. 1. 2. Waseda University






ページ上部へ戻る