シラバス Syllabus

授業名 クリティカルシンキング 2
Course Title Critical Thinking 2
担当教員 Instructor Name ローゼンバウム 知佳(Chika Rosenbaum)
コード Couse Code NUC091_N24B
授業形態 Class Type 演習 Practicum
授業形式 Class Format On Campus
単位 Credits 2
言語 Language JP
科目区分 Course Category 共通専門教育科目200系 / Specialized Subject 200
学位 Degree BSc
開講情報 Terms / Location 2024 UG Nisshin Fall

授業の概要 Course Overview

Misson Statementとの関係性 / Connection to our Mission Statement

 「クリティカルリンキング2」は、本学の教育方針である「師弟同行」に基づき、セミナー形式で行ないます。本セミナーはアクティブラーニングによって、本学の建学の精神である「フロンティア・スピリット」及び世界的な視野などのビジネス界に貢献できる能力を持った先導者や起業家を育成するうえで不可欠な、実践的思考力、主体的行動力、発展的コミュニケーション力を修得することを目標としています。
Critical Thinking 2 is a seminar course based on the university's educational policy of “Shitei-Doko/Dogyo (teacher and student studying together)”. Through active learning, this seminar aims to help students acquire the practical thinking skills, initiative, and advanced communication skills that are essential for them to become leaders and entrepreneurs who are equipped to contribute to the business world with a global perspective and the university’s founding motto of “Frontier Spirit”.

授業の目的(意義) / Importance of this course

 本セミナーの意義は、大学での4年間の学修を始めるにあたって、まず自らの将来計画を立て、そのために大学生活で何をなすべきか考えるところにあります。近年、就職は一層厳しさを増しており、1年次セミナーで将来を見据えた行動計画を立てて、4年間を通して充実した学生時代を送ることが極めて重要です。本セミナーでは、本学の建学の精神や教育方針への理解を深め、レポートの書き方、プレゼンテーションの仕方、グループワークの仕方、及び本学の特色であるケースメソッド教育の基本を学びます。これらの学びを通して、学生としての基礎力を身に付け、様々なことに積極的に関与できる主体性を養います。
 本学が推進するアクティブラーニングとは、一方向的な授業で知識を詰め込むインプット型の学修ではなく、グループ学修やディスカッションを活用したアウトプット型の学修スタイルを指します。様々な教材をもとに、課題にどう対応すべきか議論することで、一人では思いつかなかった視点や考え方に気づくなど有意義な学修体験が可能となります。
The significance of this seminar is that it provides students with the opportunity to make a plan for their future goals and think about what they should do to achieve them during their university life at the beginning of their four-year studies at NUCB. In recent years, the job hunting situation has become even more competitive, and it is extremely important to make an action plan for the future in the first year seminar and to have a fulfilling academic life throughout the four years. In this seminar, students will deepen their understanding of our university's founding spirit and educational policy and learn how to write essays, make presentations and do group work as well as the basics of case method education, which is the distinctive feature of our education. Through these learning experiences, students acquire basic academic skills and develop their initiative to be actively involved in a variety of activities.

Active learning at NUCB refers to an output-based learning style that utilizes group study and discussion rather than an input-based learning style where knowledge is crammed into students in a one-way class. By discussing how to deal with issues based on various teaching materials, students can have meaningful learning experiences such as realizing different perspectives and ways of thinking that they would not have thought of on their own.

到達目標 / Achievement Goal

・主体的に学修に取り組むことができる
・様々な課題に対して批判的に考え、自らの意見を論理的に述べることができる
・様々な課題に対して自ら考え、問題を発見することができる
・問題を解決することができる

Upon successful completion of this seminar, students will be able to:
-Engage in independent study
-Think critically and express their own opinions logically
-Think independently and discover problems in response to various issues
-Solve the problems

本授業の該当ラーニングゴール Learning Goals

*本学の教育ミッションを具現化する形で設定されています。

LG1 Critical Thinking
LG2 Diversity Awareness
LG3 Ethical Decision Making
LG4 Effective Communication
LG5 Business Perspectives (BSc)
LG7 International Perspectives (BA)

受講後得られる具体的スキルや知識 Learning Outcomes

・レポートの書き方の基本
・プレゼンテーションの仕方の基本
・グループワークの仕方の基本
・ケースメソッド教育の基本
・主体的学修力
・批判的思考力

-Basics of academic writing
-Basics of presentation skills
-Basics of group work
-Basics of case method education
-Proactive learning skills
-Critical Thinking

SDGsとの関連性 Relevance to Sustainable Development Goals

Goal 4 質の高い教育をみんなに(Quality Education)

教育手法 Teaching Method

教育手法 Teaching Method % of Course Time
インプット型 Traditional 20 %
参加者中心型 Participant-Centered Learning ケースメソッド Case Method 80 %
フィールドメソッド Field Method 0 %
合計 Total 100 %

事前学修と事後学修の内容、レポート、課題に対するフィードバック方法 Pre- and Post-Course Learning, Report, Feedback methods

〔中央情報センター(図書館)の活用について〕
・クラスでの予習・復習、プレゼンテーションやレポート作成等において、随時活用すること。
〔事前・事後学修について〕
・ケースは必ず事前にアサインメントを提出すること。そのために、予習は60-90分程度必要となる。
・授業後に(事後学修として)、授業で学んだことを60-90分程度、振返り(復習)することが望ましい。
〔レポート、課題に対するフィードバック〕
・適宜、クラス全体(または個別)に向けて、授業中などにフィードバックを行う。

授業スケジュール Course Schedule

第1日(Day1)

第1週:論理的に考える:演繹・帰納的思考/ビジネスプラン実践(1)
第2週:イシューを特定する/ビジネスプラン実践(2)

第2日(Day2)

第3週:枠組みを考える/ビジネスプラン実践(3)
第4週:情報の分析と解釈、 根拠で支える:情報から解釈する、 適切な根拠で支える/ビジネスプラン実践(4)

●使用するケース
第4週:「リプラエ感染症(a)-(c)」(太宰北斗先生作成)

第3日(Day3)

第5週:論理的に考えるための道具:ビラミッドストラクチャーで論理的に考える(1)/ビジネスプラン実践(5)
第6週:論理的に考えるための道具:ビラミッドストラクチャーで論理的に考える(2)

●使用するケース
第6週:「みんなの座席はどこだ2023」(山分俊幸先生作成)

第4日(Day4)

第7週:論理的に考えるための道具:ビラミッドストラクチャーで論理的に考える(3)
----
第8週:分析とは何か、 正しく現状把握する(1)

●使用するケース
第8週:「ホームチームはなぜ強い?」(太宰北斗先生作成)

第5日(Day5)

第9週:分析とは何か、 正しく現状把握する(2)
第10週:アウトプットから考える(1)


●使用するケース
第9週:「ケンタとフエンの悩み」(趙貴花先生作成)
第10週:「N商大生のクラウドファンディング」(佐藤亜美先生作成)

第6日(Day6)

第11週:アウトプットから考える(2)
第12週:因果関係を捉える

●使用するケース
第12週: 「受験のコツ2019」 (太宰北斗先生作成)

第7日(Day7)

第13週:解決策を考える(1)
第14週:解決策を考える(2)

●使用するケース
第13-14週: 「チャレンジャー打ち上げ決定のグループプロセス(A)」「チャレンジャー打ち上げ決定のグループプロセス(B)」(Harvard business school)

成績評価方法 Evaluation Criteria

*成績は下記該当項目を基に決定されます。
*クラス貢献度合計はコールドコールと授業内での挙手発言の合算値です。
講師用内規準拠 Method of Assessment Weights
コールドコール Cold Call 0 %
授業内での挙手発言 Class Contribution 80 %
クラス貢献度合計 Class Contribution Total 80 %
予習レポート Preparation Report 20 %
小テスト Quizzes / Tests 0 %
シミュレーション成績 Simulation 0 %
ケース試験 Case Exam 0 %
最終レポート Final Report 0 %
期末試験 Final Exam 0 %
参加者による相互評価 Peer Assessment 0 %
合計 Total 100 %

評価の留意事項 Notes on Evaluation Criteria

本授業は「最終レポート」「期末試験」を実施せず、ケースアサインメント及び授業内での挙手発言の質・量などにより、成績の評価を行います。

またこのクラスでは100点満点(100%)のポイント制で成績評価します。

***挙手発言 80点(80%)***
クラス討論や講義中の有意義な一回の発言(初日の自己紹介、質問、グループ討論でのファシリテーターを含む)につき5点。7週のうち合計16回発言で満点(採点条件あり、また大学規定の出欠回数を満たさないと不完全履修となります)。

***予習レポート20点(20%)***
詳細は授業内で説明します。

使用ケース一覧 List of Cases

    ケースは使用しません。

教科書 Textbook

  • バーバラ・ミント 著、山崎 康司 訳「考える技術・書く技術 ワークブック〈上〉」ダイヤモンド社(2006)9784478733196
  • バーバラ・ミント 著、山崎 康司 訳「考える技術・書く技術 ワークブック〈下〉」ダイヤモンド社(2006)9784478733202

参考文献・資料 Additional Readings and Resource

・世界思想社編集部 編『大学生 学びのハンドブック[5訂版]』世界思想社、2021年、ISBN13 9784790717492
・牧田幸裕『名古屋商科大学ビジネススクールケースメソッドMBA実況中継01経営戦略とマーケティング』ディスカヴァー・トウエンテイワン、2020年、ISBN978-4799325834
・高木晴夫『名古屋商科大学ビジネススクールケースメソッドMBA実況中継02リ ーダーシップ』ディスカヴァー ・トウエンテイワン、2020年、ISBN978-4799325841
・小山龍介『名古屋商科大学ビジネススクールケースメソッドMBA実況中継03 ビジネスモデル』ディスカヴァー ・トウエンテイワン、2020年、ISBN978-4799326640
・岩澤誠一郎『名古屋商科大学ピジネススクールケースメソッドMBA実況中継04行動経済学』ディスカヴァー ・トウエンテイワン、2020年、ISBN978-4799326718

授業調査に対するコメント Comment on Course Evaluation

初年度担当科目

担当教員のプロフィール About the Instructor 

学歴
テキサス大学サンアントニオ校政治学部政治学科卒業
テキサス大学サンアントニオ校政治学修士課程修了
ミズーリ大学コロンビア校政治学博士課程修了

Education
Ph.D. in Political Science, University of Missouri-Columbia, USA
M.A. in Political Science, the University of Texas at San Antonio, USA
B.A. in Political Science, the University of Texas at San Antonio, USA

(実務経験 Work experience)

職務経歴
2009-2011 テキサス大学サンアントニオ校 研究教育助手
2011-2016 ミズーリ大学コロンビア校 講師・研究教育助手
2016-2023 テキサスA&M大学キングスビル校歴史政治哲学部政治学科 准教授(16-22年まで助教授)
2023-2024 名古屋大学国際本部 准教授 
2024-現在 名古屋商科大学経済学部 准教授(名古屋大学国際本部 客員准教授)

Employment
2024-present Associate Professor, Nagoya University of Commerce and Business
2023-2024 Associate Professor, Nagoya University
2022-2023 Tenured Associate Professor, Texas A&M University-Kingsville, USA
2016-2022 Tenure-Track Assistant Professor, Texas A&M University-Kingsville, USA
2011-2016 Graduate Instructor, University of Missouri-Columbia, USA
2009-2011 Research and Teaching Assistant, the University of Texas at San Antonio, USA

Refereed Articles

  • (2024) Survey on Study Abroad and International Exchange - Students' Awareness and Future Challenges-. Annual Report of the Global Engagement Center at Nagoya University 1(1):
  • (2022) Does political science education improve electoral knowledge? An analysis on US Presidential and Texas Gubernatorial Elections. Journal of Social Studies and History Education 6(1):
  • (2020) The Impact of Political Science Courses on Presidential and Gubernatorial Elections in Texas. Journal of South Texas 34(1):






ページ上部へ戻る