シラバス Syllabus

授業名 セミナー 5
Course Title SEMINAR 5
担当教員 Instructor Name 川副 延生(Nobuo Kawazoe)
コード Couse Code NUC088_N21A
授業形態 Class Type 演習 Practicum
授業形式 Class Format On Campus
単位 Credits 2
言語 Language JP
科目区分 Course Category 共通専門教育科目300系 / Specialized Subject 300
学位 Degree BSc
開講情報 Terms / Location 2021 UG Nisshin Spring

授業の概要 Course Overview

経済の統計分析は、社会経済の多様な問題を分析する方法です。
新しい事にチャレンジするときに、そこでの社会経済問題を解決することに必要です。
社会経済的問題を分析する知識は、将来のチャレンジのときに役立つと思います。
経済の統計分析の知識を勉強し、社会に出たときに仕事および生活において諸問題の解決に知識が役立ちます。
経済の統計分析の基礎知識を勉強します。また現代の日本と世界の社会経済問題を勉強します。

We learn a statistical analysis on various social economic issues in this seminar.
A knowledge to analyze the social economic issues may help you when you try a new challenge in future.
A knowledge of the statistical analysis on the social economic issues may help you when you try a new challenge in future.
Students learn on the knowledge of the statistical analysis about the social economic issues, and also learn on the social economic issues of Japan and worldwide.

本授業の該当ラーニングゴール Learning Goals

*本学の教育ミッションを具現化する形で設定されています。

LG1 Critical Thinking
LG2 Diversity Awareness
LG3 Ethical Decision Making
LG4 Effective Communication

受講後得られる具体的スキルや知識 Learning Outcomes

セミナーでは、社会経済的問題についての経済の統計分析の方法を勉強します。
経済統計分析の方法は基礎知識は社会に出たときに、多様な仕事および生活に役立ちます。

Students learn on the knowledge of statistical analysis about the social economic issues.
The basic knowledge will help your job and life after graduation of the university.

SDGsとの関連性 Relevance to Sustainable Development Goals

Goal 4 質の高い教育をみんなに(Quality Education)

教育手法 Teaching Method

教育手法 Teaching Method % of Course Time
インプット型 Traditional 10 %
参加者中心型 Participant-Centered Learning ケースメソッド Case Method 90 %
フィールドメソッド Field Method 0 %
合計 Total 100 %

学習方法、レポート、課題に対するフィードバック方法 Course Approach, Report, Feedback methods

準備学習方法:
セミナーでは、グループ発表、個人発表および発表についてのディスカッションを通じて、
医療問題と医療経済の基礎知識を学びます。
各発表の内容についての事前予習が1時間必要です。
 
レポート:
各学期に必ず1回は個人発表を行い、参加者とディスカッションを行います。
また11月に卒業論文を完成し提出します。

中央情報センターの利用:
医療経済の基礎知識を修得するために、情報センターの利用を勧めます。

授業スケジュール Course Schedule

第1日(Day1)

第1回
1)4年前期のセミナーオリエンテーション
2)卒業予備論文のまとめの提出準備
3)卒業論文のテーマの決定
4)主要参考文献の決定
5)就職活動の指導

第2回
1)卒業予備論文のまとめの提出準備
2)卒業論文のテーマの決定
3)主要参考文献の決定
4)就職活動の指導

第2日(Day2)

第3回
1)卒業予備論文のまとめの提出準備
2)卒業論文のテーマの決定
3)主要参考文献の決定
4)就職活動の指導

第4回
1)卒業予備論文のまとめの提出
2)卒業論文のテーマの決定
3)主要参考文献の決定
4)就職活動の指導

第3日(Day3)

第5回
1)卒業論文の前期個人発表1
2)就職活動の指導
 
第6回
1)卒業論文の前期個人発表2
2)就職活動の指導

第4日(Day4)

第7回
1)卒業論文の前期個人発表3
2)就職活動の指導
 
第8回
1)卒業論文の前期個人発表4
2)就職活動の指導

第5日(Day5)

第9回
1)卒業論文の前期個人発表5
2)就職活動の指導
 
第10回
1)卒業論文の前期個人発表6
2)就職活動の指導

第6日(Day6)

第11回
1)卒業論文の前期個人発表7
2)就職活動の指導
 
第12回
1)卒業論文の前期個人発表8
2)就職活動の指導

第7日(Day7)

第13回
1)卒業論文の前期個人発表9
2)就職活動の指導
 
第14回
1)卒業論文の前期個人発表10
2)就職活動の指導

成績評価方法 Evaluation Criteria

*成績は下記該当項目を基に決定されます。
講師用内規準拠 Method of Assessment Weights
予習レポート Preparation Report 10 %
コールドコール Cold Call 0 %
授業内での挙手発言 Class Contribution 50 %
ケース試験 Case Exam 0 %
参加者による相互評価 Peer Assessment 0 %
シミュレーション成績 Simulation 0 %
小テスト Quizzes / Tests 0 %
最終レポート Final Report 40 %
期末試験 Final Exam 0 %
合計 Total 100 %

評価の留意事項 Notes on Evaluation Criteria

使用ケース一覧 List of Cases

    ケースは使用しません。

教科書 Textbook

  • 池上直己「医療・介護問題を読み解く」日本経済新聞社(2014)978-4532113117

参考文献・資料 Additional Readings and Resource

[1]池上直己著「医療・介護問題を読み解く」日本経済新聞社、2014年
[2]川渕孝一著「わかりやすい医療経済学」日本看護協会出版会、1998年
[3]漆博雄編著「医療経済学」東京大学出版会、1998年
[4]池上直己著「ベーシック医療問題入門」日本経済新聞社、2010年
[5]日本国際保健医療学会編「国際保健医療学」第3版、杏林書院、2013年


授業調査に対するコメント Comment on Course Evaluation

授業調査での要望意見を考慮して講義を改善しています。
特に一方的な講義にならないように、できるだけ受講生が講義に参加するような形式の講義を行うことを試みています。
授業調査という制度を講義の充実のために有効に活用します。

担当教員のプロフィール About the Instructor 

学位と取得大学:
修士(経済学) 一橋大学
博士(医学) 名古屋大学

研究分野:
統計学、医療経済

Degree and Acquired College:
MA in Economics, Hitotsubashi university
PhD in Medicine, Nagoya university

Field of study:
Statistics, Health economics


Refereed Articles

  • (2020) Assessing Knowledge-Based and Perceived Health Literacy Among Japanese Adolescents: A Cross-Sectional Study. Global Pediatric Health 7
  • (2019) Expanding the prevailing behavioral model in a social marketing context: A case study of an eco-point system to promote eco-policies in Toyota City, Japan. Journal of Nonprofit & Public Sector Marketing
  • (2019) Assessing and promoting eco-policies in Toyota City, Japan. Policy Design and Practice
  • (2018) Prevalence of hypertension and hypertension control rates among elderly adults during the cold season in rural Northeast China: a cross-sectional study. Journal of rural medicine 13(1): 1880-487X
  • (2017) Item response theory analysis of the Utrecht Work Engagement Scale for Students (UWES-S) using a sample of Japanese university and college students majoring medical science, nursing, and natural science. BMC Research Notes 10 1756-0500






ページ上部へ戻る