シラバス Syllabus

授業名 セミナー 3
Course Title SEMINAR 3
担当教員 Instructor Name 柳 蕙琳(You Hyelim)
コード Couse Code NUC086_N21A
授業形態 Class Type 演習 Practicum
授業形式 Class Format On Campus
単位 Credits 2
言語 Language JP
科目区分 Course Category 共通専門教育科目300系 / Specialized Subject 300
学位 Degree BSc
開講情報 Terms / Location 2021 UG Nisshin Spring

授業の概要 Course Overview

本セミナーは、本学の教育的使命である「フロンティア・スピリット」と世界的な視野、そしてビジネス界に貢献できる能力を持った先導者と起業家を育成するうえで不可欠な実践的な思考力、主体的行動力、ならびに発展的コミュニケーション力をアクティブラーニングに基づいて修得することを目標としている。
現在、日本の企業でも世界を対象にしてビジネスを広げている企業が多い。しかし、グローバル化時代の中、アメリカの自国ファースト政策、英国のEU離脱、米中貿易戦争などの現在の国際社会の出来事が、日本企業に及ぼす影響は次第に強くなりつつある。このような状況の中で、マクロ的な視点を持ち国際社会の変化を正確に分析して対応できる人材が求められている。

本セミナーは、グローバル化が進んでいる現代において、世界的な視野を持ってビジネス業界で生き残れる能力を持つ人材の育成を目指す。
本セミナーでは、各自の興味に従って「世界」に関するテーマを決め、そのテーマが日本の企業(特に、就職願望のある企業)に与える影響を分析する。

The goal of this seminar is for students to develop the `Frontier Spirit`, which is the teaching mission of the NUCB, and the global perspective, as well as the practical thinking, independent action, and communication skills that are essential for global leaders and innovative entrepreneurs.
Currently, many Japanese companies are expanding their business around the world. However, in the era of globalization, the impact of several events which happened abroad - such as the "America First" policy of the U.S., Brexit of the UK, and the U.S.-China trade war – have given gradually strong impact on Japanese companies. Under these circumstances, there is a need for human resources who can accurately analyze and respond to changes in the international community.

This seminar aims to develop human resources who have the ability to survive in the business industry with a global perspective in the current globalized world.
In this seminar, students will decide a `research theme` related to the "world" according to each person's interests, and analyze the impact of events concerning the theme on Japanese companies.

本授業の該当ラーニングゴール Learning Goals

*本学の教育ミッションを具現化する形で設定されています。

LG1 Critical Thinking
LG2 Diversity Awareness
LG3 Ethical Decision Making
LG4 Effective Communication

受講後得られる具体的スキルや知識 Learning Outcomes

受講生は次のことを身に付けることが期待される。1)日本を超えて世界に興味を持ち多様な状況を総合的に考える力を育ち、2)実際に使われる英語力を向上させることができ、3) プレゼンテーション能力と文書作成能力を身につけることが出来る。

Students are expected to acquire these abilities: to be interested in the world beyond Japan and to foster the ability to think comprehensively about various situations; to be able to improve English ability used in practice; to acquire presentation and writing skills.

SDGsとの関連性 Relevance to Sustainable Development Goals

Goal 4 質の高い教育をみんなに(Quality Education)

教育手法 Teaching Method

教育手法 Teaching Method % of Course Time
インプット型 Traditional 10 %
参加者中心型 Participant-Centered Learning ケースメソッド Case Method 90 %
フィールドメソッド Field Method 0 %
合計 Total 100 %

学習方法、レポート、課題に対するフィードバック方法 Course Approach, Report, Feedback methods

【学習方法】
受講生は、主導的にセミナーに参加することが求められ、セミナーはアクティブラーニング方式で進める予定である。なお、すべての講義内容に関して、グループを作り、議論する形をとる。

【レポート】
レポートについては、追って説明する予定である。

【中央情報センタ―(図書館)の活用】
受講生には、情報センターで国際的事件・事象に関連する新聞記事などを確認するようにしてほしい。また、中間レポートの作成の際に、情報センターを積極的に利用してもらいたい。

授業スケジュール Course Schedule

第1日(Day1)

就活の準備 1)


第2日(Day2)

就活の準備 2)

第3日(Day3)

卒論の指導 1)

論文を執筆していくうえで必要な基本的な指導を行う。具体的には、タイトルの確認、修正、目次や構成の確認、脚注や参考文献の整理などを指導する。

●使用するケース
「この日の授業でケースを使用する予定」

第4日(Day4)

研究発表 1)

卒論について個人報告をする。プレゼン時間は20分ほどのものとして、きちんと一定時間、物事が説明できるように準備する。また、プレゼンの際に、コメンテーターも設置し、他人の報告に対してきちんとコメントを行う能力の習得も目指す。

第5日(Day5)

研究発表 2)

第6日(Day6)

研究発表 3)

第7日(Day7)

研究発表 4)

成績評価方法 Evaluation Criteria

*成績は下記該当項目を基に決定されます。
講師用内規準拠 Method of Assessment Weights
予習レポート Preparation Report 30 %
コールドコール Cold Call 0 %
授業内での挙手発言 Class Contribution 40 %
ケース試験 Case Exam 0 %
参加者による相互評価 Peer Assessment 0 %
シミュレーション成績 Simulation 0 %
小テスト Quizzes / Tests 0 %
最終レポート Final Report 30 %
期末試験 Final Exam 0 %
合計 Total 100 %

評価の留意事項 Notes on Evaluation Criteria

成績評価は、予習レポート(30%)、授業への積極的参加などの平常点(40%)、期末レポート(30%)で総合評価する。グループディスカッションなど、授業への積極的参加を高く評価し、平常点の枠を超えると更なる加点対象とする。

使用ケース一覧 List of Cases

    ケースは使用しません。

教科書 Textbook

  • 戸田山和久「新版 論文の教室―レポートから卒論まで」NHKブックス(2012)

参考文献・資料 Additional Readings and Resource

中央情報センターには本セミナーの参考になる文献が所蔵されている。下記のリンク先を参照すること(キャンパス掲示板へのログインが必要です)。
大学で学ぶための参考図書(http://university.info3.nucba.ac.jp/cic/entry-9523.html)

授業調査に対するコメント Comment on Course Evaluation

詳細のことについては、最初の授業で説明する。また、基本的にはグループワークを中心に進め、たまに講師から講義も行う。

担当教員のプロフィール About the Instructor 

【学位と取得大学】
修士(法学)、京都大学
博士(法学)、京都大学

【研究分野」
国際政治経済、貿易政策、WTO・FTAの制度分析

【主な論文・著書」

1.著書
1)『日韓のFTAの比較制度分析』慈学社、2018年2月

2.論文
1)「日韓のFTA政策の比較研究-FTA政策でのリーダーシップ構造の制度分析(二〇〇〇年―二〇一二年(一)」『法学論叢』178巻第3号、2015年12月、74-92頁
2)「日韓のFTA政策の比較研究-FTA政策でのリーダーシップ構造の制度分析(二〇〇〇年―二〇一二年(二)」『法学論叢』178巻第4号、2016年1月、80-103頁
3 )「日韓のFTA政策の比較研究-FTA政策でのリーダーシップ構造の制度分析(二〇〇〇年―二〇一二年(完)」『法学論叢』178巻第7号、2016年7月、90-115頁


3.学会報告

1)「日本と韓国のFTA政策の比較制度分析―農業での自由化水準の違いと利益団体誘導説の再考」、日本国際政治学会、2014年度研究大会(2014年11月14日、福岡国際会議場)
2)「 FTA政策をめぐる制度変化と制度の内生性‐日韓の比較から」、日本国際政治学会、2017年度研究大会(2017年10月27日予定、神戸国際会議場)
3) ”Legitimacy versus Efficiency in Institutional Changes of FTA Policy and Endogeneity – Comparative Case Analysis of Korean and Japanese FTA Policy”, International Political Science Association Association , 25th IPSA World Congress (21-25 July 2018, Brisbane of Australia; determined)


Refereed Articles

  • (2020) Nuclear Risk in East Asia and Nuclear Safety System - in the Comparison with Europe. Environmental Economics and Policy Studies 13(2): 1882-3742
  • (2020) Third Country Market Cooperation Analysis for Building an Asian Low-Carbon Community - A Case Study of India's High-Efficiency Coal-Fired Power Generation Project. Environmental Economics and Policy Studies 13(2): 1882-3742
  • (2016) Comparative Research on Japanese and Korean FTA(3)Institutional Analysis of the Leadership Structure in FTA Policies. Kyoto Law Review 179(1): 0387-2866
  • (2016) Comparative Research on Japanese and Korean FTA(2)Institutional Analysis of the Leadership Structure in FTA Policies (2000-2012) . Kyoto Law Review 178(4): 0387-2866
  • (2015) Comparative Research on Japanese and Korean FTA(1)Institutional Analysis of the Leadership Structure in FTA Policies. Kyoto Law Review 178(3): 0387-2866






ページ上部へ戻る