シラバス Syllabus

授業名 セミナー 3
Course Title SEMINAR 3
担当教員 Instructor Name 溝渕 正季(Masaki Mizobuchi)
コード Couse Code NUC082_N21A
授業形態 Class Type 演習 Practicum
授業形式 Class Format Live Virtual
単位 Credits 2
言語 Language JP
科目区分 Course Category 共通専門教育科目300系 / Specialized Subject 300
学位 Degree BSc
開講情報 Terms / Location 2021 UG Nisshin Spring

授業の概要 Course Overview

本セミナーの目的は、(1)卒業論文の執筆に向けて関心のあるテーマを見つけること、(2)英語力を向上させること(具体的にはTOEICの成績を上げること)、(3)プレゼンテーション能力と文書作成能力を身につけること、の3つです。
加えて、今ではあらゆる職種で必須と言ってよい「統計学」の(基本的な)素養を身につけることも(可能であれば)行なっていきます。
本セミナーの目的は、(1)卒業論文の執筆に向けて関心のあるテーマを見つけること、(2)英語力を向上させること(具体的にはTOEICの成績を上げること)、(3)プレゼンテーション能力と文書作成能力を身につけること、の3つです。
加えて、今ではあらゆる職種で必須と言ってよい「統計学」の(基本的な)素養を身につけることも(可能であれば)行なっていきます。
本セミナーの目的は、(1)卒業論文の執筆に向けて関心のあるテーマを見つけること、(2)英語力を向上させること(具体的にはTOEICの成績を上げること)、(3)プレゼンテーション能力と文書作成能力を身につけること、の3つです。
加えて、今ではあらゆる職種で必須と言ってよい「統計学」の(基本的な)素養を身につけることも(可能であれば)行なっていきます。

The purpose of this seminar is to (1) to find a theme of interest to write a graduation thesis, (2) to improve your English skill (i.e., to raise the score of TOEIC), (3) to acquire the presentation and the writing skills.
In addition, we will also acquire the basic knowledge of "statistics" which can be said to be essential in every occupation now.
The purpose of this seminar is to (1) to find a theme of interest to write a graduation thesis, (2) to improve your English skill (i.e., to raise the score of TOEIC), (3) to acquire the presentation and the writing skills.
In addition, we will also acquire the basic knowledge of "statistics" which can be said to be essential in every occupation now.
The purpose of this seminar is to (1) to find a theme of interest to write a graduation thesis, (2) to improve your English skill (i.e., to raise the score of TOEIC), (3) to acquire the presentation and the writing skills.
In addition, we will also acquire the basic knowledge of "statistics" which can be said to be essential in every occupation now.

本授業の該当ラーニングゴール Learning Goals

*本学の教育ミッションを具現化する形で設定されています。

LG1 Critical Thinking
LG2 Diversity Awareness
LG3 Ethical Decision Making
LG4 Effective Communication

受講後得られる具体的スキルや知識 Learning Outcomes

論理的思考力
批判的思考力

Logical Thinking
Critical Thinking

SDGsとの関連性 Relevance to Sustainable Development Goals

Goal 4 質の高い教育をみんなに(Quality Education)

教育手法 Teaching Method

教育手法 Teaching Method % of Course Time
インプット型 Traditional 20 %
参加者中心型 Participant-Centered Learning ケースメソッド Case Method 80 %
フィールドメソッド Field Method 0 %
合計 Total 100 %

学習方法、レポート、課題に対するフィードバック方法 Course Approach, Report, Feedback methods

最初の授業で説明します。

授業スケジュール Course Schedule

第1日(Day1)

最初の授業で説明します。

第2日(Day2)

最初の授業で説明します。

第3日(Day3)



第4日(Day4)



第5日(Day5)



第6日(Day6)



第7日(Day7)



成績評価方法 Evaluation Criteria

*成績は下記該当項目を基に決定されます。
講師用内規準拠 Method of Assessment Weights
予習レポート Preparation Report 0 %
コールドコール Cold Call 0 %
授業内での挙手発言 Class Contribution 80 %
ケース試験 Case Exam 0 %
参加者による相互評価 Peer Assessment 0 %
シミュレーション成績 Simulation 0 %
小テスト Quizzes / Tests 20 %
最終レポート Final Report 0 %
期末試験 Final Exam 0 %
合計 Total 100 %

評価の留意事項 Notes on Evaluation Criteria

使用ケース一覧 List of Cases

    ケースは使用しません。

教科書 Textbook

  • TEX加藤「TOEIC L & R TEST 出る単特急 金のフレーズ」朝日新聞出版(2017)

参考文献・資料 Additional Readings and Resource

・ 中室牧子・津川友介『「原因と結果」の経済学:データから真実を見抜く思考法』(ダイヤモンド社、2017年)。

授業調査に対するコメント Comment on Course Evaluation

積極的な参加を期待します。

担当教員のプロフィール About the Instructor 

名古屋商科大学大学院マネジメント研究科客員教授。1984年香川県生まれ。2006年神戸大学国際文化学部コミュニケーション学科卒業。2008年上智大学大学院グローバル・スタディーズ研究科地域研究専攻博士前期過程修了。修士(地域研究)。2011年上智大学大学院グローバル・スタディーズ研究科地域研究専攻博士後期課程単位取得退学。2012年に上智大学より博士(地域研究)を取得。博士課程在学中にはシリア・レバノンへの留学を経験。その後、公益財団法人日本国際フォーラム研究員、日本学術振興会特別研究員(PD)、ハーバード大学ジョン・F・ケネディ公共政策大学院ベルファー科学・国際関係センター研究員などを経て、現職。専門は中東地域研究、国際安全保障論、国際政治経済学。

Dr. Masaki Mizobuchi is a Visiting Professor in Graduate School of Management in Nagoya University of Commerce and Business (NUCB Business School) since 2014. He received a Ph.D. in Area Studies from Sophia University (Tokyo, Japan) in 2012. Previously, he served as an Ernest May Fellow in History and Policy at the Belfer Center for Science and International Affairs at Harvard Kennedy School in 2013–2014 and as a Postdoctoral Research Fellow of the Japan Society for the Promotion of Science (JSPS) at the Tokyo University of Foreign Studies in 2012–2013. His research interests include international security, Middle East politics, and Japanese defense and security policies. He has written many articles on these subjects.

Refereed Articles

  • (2019) Strategic Asset or Political Burden? US Military Bases and the Base Politics in Saudi Arabia. Journal of International Security 47(3): 1346-7573
  • (2018) Emerging Order in the Middle East after the Arab Uprising: What Comes after the Pax-Americana? . Journal of Middle Eastern Studies 531
  • (2016) Idealism, Realism and the Obama's Foreign Policy toward Syria. Journal of Middle Eastern Studies 527
  • (2016) Internal-External Correlationship in Conflict Area: The Case of Lebanese Citizen's Political Attitude toward Syrian Refugee. Leviathan 58 978-4833211741
  • (2015) Nuclear Alarmism: Will the Islamic State Get the Bomb?. ARENA (18):

Refereed Proceedings

  • (2020). Strategic Asset or Political Burden? US Military Bases and the Base Politics in Saudi Arabia. International Studies Association, 2020 Annual Convention .International Studies Association. 1. 2. Honolulu, Hawaii, USA






ページ上部へ戻る