シラバス Syllabus

授業名 セミナー 4
Course Title SEMINAR 4
担当教員 Instructor Name 北村 貴(Takashi Kitamura)
コード Couse Code NUC079_N21B
授業形態 Class Type 演習 Practicum
授業形式 Class Format On Campus
単位 Credits 2
言語 Language JP
科目区分 Course Category 共通専門教育科目300系 / Specialized Subject 300
学位 Degree BSc
開講情報 Terms / Location 2021 UG Nisshin Fall

授業の概要 Course Overview

 3年間のセミナーは本学の教育カリキュラムで最も重要なものである。「フロンティアスピリット」を習得し、創造性あふれる人材となるために必要な様々な能力・スキルをセミナー活動を通じて学ぶ。
 セミナー4では、各自が設定した問題に関する解決策を提案する。
 セミナー4の最終目標は、卒業論文の第4章「解決策の提案」(7000字)を完成させることである。

  Seminars are the most important subjects in our educational curriculum. Students learn various skills necessary for becoming creative people with Frontier Spirit through the seminar activities.
  Students wii suggest the solution regarding the problems set by each individual.
  The goal of Seminar 4 is to write Chapter 4 of graduation thesis "Suggestion of Solution"

本授業の該当ラーニングゴール Learning Goals

*本学の教育ミッションを具現化する形で設定されています。

LG1 Critical Thinking
LG2 Diversity Awareness
LG3 Ethical Decision Making
LG4 Effective Communication
LG5 Business Perspectives (BSc)

受講後得られる具体的スキルや知識 Learning Outcomes

論理的思考力
批判的思考力
論理的思考力
批判的思考力

Logical Thinking
Critical Thinking
Writing
Presentation

SDGsとの関連性 Relevance to Sustainable Development Goals

Goal 4 質の高い教育をみんなに(Quality Education)

教育手法 Teaching Method

教育手法 Teaching Method % of Course Time
インプット型 Traditional 20 %
参加者中心型 Participant-Centered Learning ケースメソッド Case Method 40 %
フィールドメソッド Field Method 40 %
合計 Total 100 %

学習方法、レポート、課題に対するフィードバック方法 Course Approach, Report, Feedback methods

<準備学習>
・セミナーにおける報告前は入念な準備、報告後は他の受講生及び担当教員からのコメントに基づいて、研究を修正することが必須である。
・また、自分の報告だけでなく、他人の報告の際の議論に対しても十分に予習を行った上で真剣に取り組んでほしい。

<課題>
・学期中2回の報告が必須である。毎回報告内容についてフィードバックを行う。
・後期終了時に卒業論文の第4章(7000字)を提出してもらう。

<中央情報センター(図書館)の活用について>
・卒業論文執筆のための資料収集で積極的に活用してほしい。

授業スケジュール Course Schedule

第1日(Day1)

第1週:ガイダンス
 開講にあたって、セミナーの進め方及び夏休みの学習状況を確認する。

第2週:解決策の提案 ①
 受講生報告に基づき、受講生全員で議論を行う。 

第3週:解決策の提案 ②
 受講生報告に基づき、受講生全員で議論を行う。

第4週:解決策の提案 ③
 受講生報告に基づき、受講生全員で議論を行う。

第5週:解決策の提案 ④
 受講生報告に基づき、受講生全員で議論を行う。

第6週:解決策の提案 ⑤
 受講生報告に基づき、受講生全員で議論を行う。

第7週:解決策の提案 ⑥
 受講生報告に基づき、受講生全員で議論を行う。

第8週:解決策の提案 ⑦
 受講生報告に基づき、受講生全員で議論を行う。

第9週:解決策の提案 ⑧
 受講生報告に基づき、受講生全員で議論を行う。

第10週:解決策の提案 ⑨
 受講生報告に基づき、受講生全員で議論を行う。

第11週:解決策の提案 ⑩
 受講生報告に基づき、受講生全員で議論を行う。

第12週:解決策の提案 ⑪
 受講生報告に基づき、受講生全員で議論を行う。

第13週:解決策の提案 ⑫
 受講生報告に基づき、受講生全員で議論を行う。

第14週:まとめ
 後期のセミナーの総括を行う。

●使用するケース
セミナーではケースを使用しない。

第2日(Day2)

セミナー論文発表会において代表者に論文発表をしてもらう。

第3日(Day3)



第4日(Day4)



第5日(Day5)



第6日(Day6)



第7日(Day7)



成績評価方法 Evaluation Criteria

*成績は下記該当項目を基に決定されます。
講師用内規準拠 Method of Assessment Weights
予習レポート Preparation Report 50 %
コールドコール Cold Call 0 %
授業内での挙手発言 Class Contribution 50 %
ケース試験 Case Exam 0 %
参加者による相互評価 Peer Assessment 0 %
シミュレーション成績 Simulation 0 %
小テスト Quizzes / Tests 0 %
最終レポート Final Report 0 %
期末試験 Final Exam 0 %
合計 Total 100 %

評価の留意事項 Notes on Evaluation Criteria

セミナーは公欠の場合を除き、全出席が原則である。公欠の場合でも必ず事前に連絡すること。無断欠席は以後のセミナーへの参加資格を失うので注意してほしい。

使用ケース一覧 List of Cases

    ケースは使用しません。

教科書 Textbook

  • 北村 貴「北村セミナー 卒業論文執筆マニュアル 第5版」学内オリジナルテキスト(2020)

参考文献・資料 Additional Readings and Resource

各自の研究に必要な文献を適宜指示する。

授業調査に対するコメント Comment on Course Evaluation

上級生のセミナーと同じようにメリハリをつけたセミナー運営を行っていくつもりである。

担当教員のプロフィール About the Instructor 

【職歴】
 2019年4月-      : 名古屋商科大学 経営大学院 准教授
 2016年4月-2019年3月 : 名古屋商科大学 経済学部 総合政策学科 専任講師
 2013年4月-2016年3月 : 同志社大学 政策学部 助教
 2011年4月-2013年3月 : 早稲田大学 政治経済学術院 助手

【学歴】
 2011年3月: 早稲田大学大学院 公共経営研究科 博士後期課程 修了、博士(公共経営)/Ph.D.
 2008年3月: 早稲田大学大学院 公共経営研究科 専門職学位課程 修了、公共経営修士(専門職) / MPM
 2006年3月: 早稲田大学法学部 卒業、学士(法学)/ LL.B

【専門分野】
 比較憲法政策 、比較憲法制度、オーストリア/スイス研究

EMPLOYMENTS:
Apr 2019 - Present : Associate Professor, NUCB Business School
Apr 2016 - Mar 2019 : Assistant Professor, Faculty of Economics, NUCB
Apr 2013 - Mar 2016 : Assistant Professor, Faculty of Policy Studies, Doshisha Uni.
Apr 2011 - Mar 2013 : Rsearch Associate, Faculty of Political Science and Economics, Waseda Uni.

EDUCATIONS:
 Ph.D. in Public Management, Waseda University, 2011
Master of Public Management, Waseda University, 2008
Bachelor of Laws, Waseda University, 2006

RSEARCH THEMES:
 Comparative Constitutional Policy, Comparative Constitutional Institution, Austrian-/ Swiss- Studies

Refereed Articles

  • (2022) Unconstitutional Decision of the Austrian Constitutional Court to Regulations Prohibiting Scarf in Public Elementary School. Law and Politics Review 8
  • (2021) Why has not the Constitution of Japan been amended?: Analysis based on the "Policy Window Model". Journal of Constitutional Law:60th Anniversary Issue of the Constitutional Law Association Japan
  • (2021) An Analysis of Democracy in Switzerland from the Perspective of Constitutional Politics: “Assembly−Independent System” and “Semi-Direct Democracy”. The Journal of Law and Political Science 57
  • (2021) Analysis of Security in Switzerland in Terms of Constitutional Institutions. The Journal of Constitutional Law 53
  • (2021) Federal States in Central Europe and Constitutional Insitutions. Law and Politics Review 7

Refereed Proceedings

  • (2020). Constitutional Analysis of Security in Switzerland. 123rd Constitutional Law Association Japan .Constitutional Law Association Japan. 1. 2. Takasaki City University of Economics
  • (2020). An Analysis of Democracy in Switzerland from the Perspective of Constitutional Politics. 133rd The Japanese Association of Law and Political Science .The Japanese Association of Law and Political Science . 1. 2. Online
  • (2016). Constitutional Change and Article 9 of Constitution of Japan: Is It Destruction of Constitutionalism?. Globalized World: Advantage or Disadvantage .Round Table Conference: Globalized World: Advantage or Disadvantage. 1. 2. Belgrade






ページ上部へ戻る