シラバス Syllabus

授業名 セミナー 2
Course Title SEMINAR 2
担当教員 Instructor Name 伊藤 博(Hiroshi Ito)
コード Couse Code NUC059_N21B
授業形態 Class Type 演習 Practicum
授業形式 Class Format On Campus
単位 Credits 2
言語 Language JP
科目区分 Course Category 共通専門教育科目300系 / Specialized Subject 300
学位 Degree BSc
開講情報 Terms / Location 2021 UG Nisshin Fall

授業の概要 Course Overview

「フロンティア・スピリット」と国際的な視野を備え、ビジネス界に貢献できる人材を育成するという本学の理念に基づいて、本セミナーではプレゼンや卒論作成を通じて、ビジネスパーソンに必要な知識や戦略的思考を修得することを目的とする。
「フロンティア・スピリット」と国際的な視野を備え、ビジネス界に貢献できる人材を育成するという本学の理念に基づいて、本セミナーではプレゼンや卒論作成を通じて、ビジネスパーソンに必要な知識や戦略的思考を修得することを目的とする。
発表や議論への積極的な参加を通じて、自ら考える能力、問題を発見し解決する能力、コミュニケーション能力の向上を目指す。

This seminar intends to acquire and/or develop knowledge and strategic thinking skills that business people need through doing presentations and writing theses in an attempt to achieve our mission: to create individuals with frontier spirits and diversity awareness that can contribute to the business world.
This seminar intends to acquire and/or develop knowledge and strategic thinking skills that business people need through doing presentations and writing theses in an attempt to achieve our mission: to create individuals with frontier spirits and diversity awareness that can contribute to the business world.
This seminar intends to help students improve generic skills, such as thinking skills, problem-solving skills, and communication skills through presentations and discussions.

本授業の該当ラーニングゴール Learning Goals

*本学の教育ミッションを具現化する形で設定されています。

LG1 Critical Thinking
LG2 Diversity Awareness
LG3 Ethical Decision Making
LG4 Effective Communication
LG5 Business Perspectives (BSc)

受講後得られる具体的スキルや知識 Learning Outcomes

本セミナーでは主に、クリティカルシンキング、多様性への意識、倫理的意思決定、コミュニケーションといったジェネリックスキルの育成を目指す。

Through doing presentations and writing theses, this seminar intends to enable students to acquire and develop the following generic skills and attributes: critical thinking, diversity awareness, ethical decision making, and oral and written communication.

SDGsとの関連性 Relevance to Sustainable Development Goals

Goal 4 質の高い教育をみんなに(Quality Education)

教育手法 Teaching Method

教育手法 Teaching Method % of Course Time
インプット型 Traditional 40 %
参加者中心型 Participant-Centered Learning ケースメソッド Case Method 30 %
フィールドメソッド Field Method 30 %
合計 Total 100 %

学習方法、レポート、課題に対するフィードバック方法 Course Approach, Report, Feedback methods

セミナーの一番の目的は、構成のしっかりした内容のある卒業論文を書き上げることにある。したがって授業外学習においては、書籍やそのほかの出版物を読み込み、卒論を仕上げていくことになる。卒論の進み具合、成果の発信が評価となる。提出された卒業論文に関しては、セミナー内外を通してフィードバックを行う。

授業スケジュール Course Schedule

第1日(Day1)

第1週:オリエンテーション

第2週:卒論プレゼン、ディスカッション、レビュー

●使用するケース
TBA

第2日(Day2)

第3週:卒論プレゼン、ディスカッション、レビュー

第4週:卒論プレゼン、ディスカッション、レビュー

●使用するケース
TBA

第3日(Day3)

第5週:卒論プレゼン、ディスカッション、レビュー

第6週:卒論プレゼン、ディスカッション、レビュー

●使用するケース
TBA

第4日(Day4)

第7週:卒論プレゼン、ディスカッション、レビュー

第8週:卒論プレゼン、ディスカッション、レビュー

●使用するケース
TBA

第5日(Day5)

第9週:卒論プレゼン、ディスカッション、レビュー

第10週:卒論プレゼン、ディスカッション、レビュー

●使用するケース
TBA

第6日(Day6)

第11週:卒論プレゼン、ディスカッション、レビュー

第12週:卒論プレゼン、ディスカッション、レビュー

●使用するケース
TBA

第7日(Day7)

第13週:卒論プレゼン、ディスカッション、レビュー

第14週:卒論プレゼン、ディスカッション、レビュー

●使用するケース
TBA

成績評価方法 Evaluation Criteria

*成績は下記該当項目を基に決定されます。
講師用内規準拠 Method of Assessment Weights
予習レポート Preparation Report 20 %
コールドコール Cold Call 0 %
授業内での挙手発言 Class Contribution 20 %
ケース試験 Case Exam 0 %
参加者による相互評価 Peer Assessment 0 %
シミュレーション成績 Simulation 0 %
小テスト Quizzes / Tests 0 %
最終レポート Final Report 60 %
期末試験 Final Exam 0 %
合計 Total 100 %

評価の留意事項 Notes on Evaluation Criteria

本授業では挙手による発言を重要視する。ただし、他者の発言を聞いていないような態度が見受けられた場合は大きく減点するので留意すること。

使用ケース一覧 List of Cases

    ケースは使用しません。

教科書 Textbook

  • 蟹江憲史「SDGs(持続可能な開発目標)」中公新書(2020)4121026047

参考文献・資料 Additional Readings and Resource

「社会調査法の基礎」小野利勝著、プレアデス出版、2009年、ISBN: 9784903814254
「はじめて学ぶマーケティング基礎編」、薄井和夫著、2003年、ISBN: 4272140485
「地球環境戦略としての充足型社会システムへの転換」、竹内恒夫著、2016年、ISBN: 4879506222
「脳内麻薬」、中野信子著、2014年、ISBN: 4344983351
「青年海外協力隊の虚像」、石橋慶子著、2015年、ISBN: Kindle版のみ

授業調査に対するコメント Comment on Course Evaluation

課題を期日どおりに提出する、授業で発言をする、をセミナー共通の約束事とし、守れなかった場合の評価はFとする。

担当教員のプロフィール About the Instructor 

学歴:
コロンビア大学(教育学修士号)
カリフォルニア大学ロサンゼルス校(教育学博士号)
パリ第一大学パンテオン・ソルボンヌ校(経営学修士号)
名古屋大学(環境学博士号)

研究分野:教育方法・評価、環境政策、NPOマーケティング

Education:
Columbia University (MA in Education)
University of California, Los Angeles (Ph. D. in Education)
Universite de Paris I Pantheon-Sorbonne (MBA)
Nagoya University (Ph. D. in Environmental Studies)

Research areas: Pedagogy and assessment, Environmental policy, NPO marketing

(実務経験 Work experience)

職歴:

国連教育科学文化機関(アソシエートエキスパート)
国連児童基金(教育オフィサー)
青年海外協力隊(村落開発普及員)
プラネットエイドグアテマラ(プロジェクトコーディネーター)
教育サービス会社(インストラクター)

Working Experiences:

United Nations Educational, Scientific, and Cultural Organization (Associate Expert)
United Nations Children's Fund (Education Officer)
Japan International Cooperation Agency (Community Development Officer)
Planet Aid Guatemala (Project Coordinator)
Hinoki Educational Services USA (Instructor)


Refereed Articles

  • (2021) Why students participate in international fieldwork programs: An exploratory study. Journal of Geography in Higher Education
  • (2021) Active learning in Japan: Breaking barriers at individual, institutional, and policy levels. Policy Futures in Education (Impact Factor 0.88)
  • (2020) The demise of active learning even before its implementation? Instructors’ understandings and application of this approach within Japanese higher education. Education Inquiry ISSN 2000-4508
  • (2020) International fieldwork as skills development: An exploratory study. Journal of Geography in Higher Education
  • (2020) Place-based environmental education to promote eco-initiatives: The case of Yokohama, Japan. Regional Studies, Regional Science

Refereed Proceedings

  • (2020). Cognitive Neuroscientific Explanations of Active Learning: A Conceptual Review. IAFOR Journal of Education .The Southeast Asian Conference on Education. 1. 2. Singapore






ページ上部へ戻る