シラバス Syllabus

授業名 セミナー 2
Course Title SEMINAR 2
担当教員 Instructor Name 山本 裕子(Yuko Yamamoto)
コード Couse Code NUC056_N22B
授業形態 Class Type 演習 Practicum
授業形式 Class Format On Campus
単位 Credits 2
言語 Language JP
科目区分 Course Category 専門教育科目300系 / Specialized Subject 300
学位 Degree BSc
開講情報 Terms / Location 2022 UG Nisshin Fall

授業の概要 Course Overview

本セミナーの目的は、卒業論文の作成を通して、自ら学び続ける姿勢を育成することにあります。
同時に、同じセミナー生同士の交流を活発に行い、他者から学ぶことも大切にします。
また、本学の建学の精神である「フロンティアスピリット」をさらに涵養するため、積極的に各自が選んだフィールドで学ぶことも推奨します。

The purpose of this seminar is to foster an attitude to continue learning by creating a graduation thesis.
At the same time, we actively engage in exchanges between the same seminar students and value learning from others.
In order to further cultivate the "Frontier Spirit" that is the spirit of the university's foundation, we also encourage students to actively study in their chosen field.

本授業の該当ラーニングゴール Learning Goals

*本学の教育ミッションを具現化する形で設定されています。

LG1 Critical Thinking
LG2 Diversity Awareness
LG3 Ethical Decision Making
LG4 Effective Communication
LG5 Business Perspectives (BSc)
LG7 International Perspectives (BA)

受講後得られる具体的スキルや知識 Learning Outcomes

・他者への深い理解
・社会への深い理解
・自ら学び続ける姿勢

・ Deep understanding of others
・ Deep understanding of society
・ Attitude to keep learning

SDGsとの関連性 Relevance to Sustainable Development Goals

Goal 4 質の高い教育をみんなに(Quality Education)

教育手法 Teaching Method

教育手法 Teaching Method % of Course Time
インプット型 Traditional 20 %
参加者中心型 Participant-Centered Learning ケースメソッド Case Method 80 %
フィールドメソッド Field Method 0 %
合計 Total 100 %

学習方法、レポート、課題に対するフィードバック方法 Course Approach, Report, Feedback methods

各自が作成するレポートについて、個別に適宜フィードバックを行います。

授業スケジュール Course Schedule

第1日(Day1)

第1週:文献収集:CiNii、学内データベースの使い方<復習>
第2週:セミナー1で作成・研究した内容についてプレゼンテーション

第2日(Day2)

第3週:卒論の参考文献の読み方・まとめ方
第4週:雑誌記事・学術論文:学術的な視点から読み解く<復習>

第3日(Day3)

第5週:卒論のテーマでディスカッション
第6週:ディベート

第4日(Day4)

第7週:卒論の先行研究について発表
第8週:論文の書き方:復習と実践

第5日(Day5)

第9週:研究発表会:レジュメの書き方<復習>
第10週:研究発表会

第6日(Day6)

第11週:研究発表会
第12週:研究発表会

第7日(Day7)

第13週:プレ卒業論文提出:書式確認
第14週:プレ卒業論文発表会

成績評価方法 Evaluation Criteria

*成績は下記該当項目を基に決定されます。
*クラス貢献度合計はコールドコールと授業内での挙手発言の合算値です。
講師用内規準拠 Method of Assessment Weights
コールドコール Cold Call 0 %
授業内での挙手発言 Class Contribution 40 %
クラス貢献度合計 Class Contribution Total 40 %
予習レポート Preparation Report 30 %
小テスト Quizzes / Tests 0 %
シミュレーション成績 Simulation 0 %
ケース試験 Case Exam 0 %
最終レポート Final Report 30 %
期末試験 Final Exam 0 %
参加者による相互評価 Peer Assessment 0 %
合計 Total 100 %

評価の留意事項 Notes on Evaluation Criteria

2年次は前期に各自の研究テーマを決め,後期には少しづつ論文(卒論のもと)を7,000字を目途に書き始めます.早期に卒論に着手することで,25,000字の卒論の負担を軽減し,無理なく,実りある研究活動になるようにします.

使用ケース一覧 List of Cases

    ケースは使用しません。

教科書 Textbook

  • インフォビジュアル研究所「図解でわかる14歳からの地政学」太田出版(2019)978-4778316808
  • ジャレド ダイアモンド「文明崩壊 上: 滅亡と存続の命運を分けるもの」草思社(2012)978-4794219398
  • ジャレド ダイアモンド「文明崩壊 下: 滅亡と存続の命運を分けるもの」草思社(2021)978-4794219404

参考文献・資料 Additional Readings and Resource

[1]白井利明、高橋一郎(2008)よくわかる卒論の書き方 (やわらかアカデミズム・わかるシリーズ)、ミネルヴァ書房

授業調査に対するコメント Comment on Course Evaluation

授業評価に基づき、講義の仕方や指導方法の改善に取り組みます。

担当教員のプロフィール About the Instructor 

【専門】教育工学,教育社会学,高等教育論

2008年1月 早稲田大学大学院人間科学研究科 博士課程,博士(人間科学)取得
2006年3月 早稲田大学大学院人間科学研究科 博士課程 単位取得 退学
2002年3月 早稲田大学大学院人間科学研究科 修士課程 修了,修士(人間科学)
2000年3月 早稲田大学人間科学部 卒業,学士(人間科学)

RESEARCH THEMES: Educational technology, Educational sociology and Higher Education

Ph.D. in Human Sciences, Waseda University, 2008
Master of Human Sciences, Waseda University, 2002
Bachelor of Human Sciences, Waseda University, 2000

(実務経験 Work experience)

2019- 名古屋商科大学国際学部准教授,三重大学非常勤講師(教育社会学)
2018-2019 三重大学 地域人材教育開発部門准教授,アクティブラーニング・教育開発部門長
2017-2018 三重大学地域人材教育開発機構講師,アクティブラーニング・教育開発部門長
2016-2017 三重大学高等教育創造開発センター専任講師
2015-2015 立教大学 大学教育開発・支援センター学術調査員
2013-2015 早稲田大学人間科学学術院人間情報科学科助教
2011-2013 早稲田大学人間科学学術院人間情報科学科助手
2009-2010 立教大学大学教育開発・支援センター学術調査員

2019- : Associate Professor, NUCB
2018-2019: Associate Professor, Organization for the Development of Higher Education and Regional Human resources, Mie Univ.
2017-2018: Assistant Professor, Organization for the Development of Higher Education and Regional Human resources, Mie Univ.
2016-2017: Assistant Professor, Higher Education Development Center, Mie Univ.
2015-2015: Research Fellow, Center for Development and Support of Higher Education, Rikkyo Univ.
2013-2015: Assistant Professor, Faculty of Human Sciences, Waseda Univ.
2011-2013: Research Associate, Faculty of Human Sciences, Waseda Univ.
2009-2010: Research Fellow, Center for Development and Support of Higher Education, Rikkyo Univ.

Refereed Articles

  • (2021) Validation of Educative effects in Higher Education: from a comparison of graduates / employment questionnaires. Japan journal of educational technology 45(Suppl.): 1349-8290
  • (2021) A Note on Course Numbering in Domestic and Foreign Universities. Mie University Journal of Studies on Higher Education (27): 2432-5244
  • (2019) Success Mechanisms for Overcoming Declining Enrollment at Kyoai Gakuen University : Focusing on the Initiative to Foster a Sense of Ownership. Research Bulletin of the Department of University Management and Policy Studies 9 2185-9701
  • (2019) The Validation of a community-oriented rubric for PBL classes in Higher Education Consortium Mie university industry collaboration. Mie University Journal of Studies on Higher Education 25 2432-5244
  • (2018) Local Universities' Strategies to Establish Undergraduate Departments and Students' Inter-regional Migration : A Focus on the "Occupancy Rate of Students in the Prefecture". The Research Bulletin of the Department of University Management and Policy Studies 8 2185-9701






ページ上部へ戻る