シラバス Syllabus

授業名 クリティカルシンキング 1
Course Title Critical Thinking 1
担当教員 Instructor Name 椿田 貴史(Takashi Tsubakita)
コード Couse Code NUC038_N21A
授業形態 Class Type 演習 Practicum
授業形式 Class Format On Campus
単位 Credits 2
言語 Language JP
科目区分 Course Category 共通専門教育科目200系 / Specialized Subject 200
学位 Degree BSc
開講情報 Terms / Location 2021 UG Nisshin Spring

授業の概要 Course Overview

●Mission Statementとの関係性
「クリティカルリンキング1」は、本学の教育方針である「師弟同行」に基づき、セミナー形式で行ないます。本セミナーはアクティブラーニングによって、本学の建学の精神である「フロンティア・スピリット」及び世界的な視野などのビジネス界に貢献できる能力を持った先導者や起業家を育成するうえで不可欠な、実践的思考力、主体的行動力、発展的コミュニケーション力を修得することを目標としています。
●授業の目的
 本セミナーの意義は、大学での4年間の学修を始めるにあたって、まず自らの将来計画を立て、そのために大学生活で何をなすべきか考えるところにあります。近年、就職は一層厳しさを増しており、1年次セミナーで将来を見据えた行動計画を立てて、4年間を通して充実した学生時代を送ることが極めて重要です。本セミナーでは、本学の建学の精神や教育方針への理解を深め、レポートの書き方、プレゼンテーションの仕方、グループワークの仕方、及び本学の特色であるケースメソッド教育の基本を学びます。これらの学びを通して、学生としての基礎力を身に付け、様々なことに積極的に関与できる主体性を養います。
 本学が推進するアクティブラーニングとは、一方向的な授業で知識を詰め込むインプット型の学修ではなく、グループ学修やディスカッションを活用したアウトプット型の学修スタイルを指します。様々な教材をもとに、課題にどう対応すべきか議論することで、一人では思いつかなかった視点や考え方に気づくなど有意義な学修体験が可能となります。
●到達目標
・アクティブラーニングとはどのようなものか説明することができる
・主体的に学修に取り組むことができる
・様々な課題に対して、自ら考え、問題を発見することができる
・自らの意見を論理的に述べることができる

Critical Thinking 1 is a seminar course based on the university's educational policy of "Shitei doko (Master and disciple together)". Through active learning, this seminar aims to help students acquire the practical thinking skills, independent action skills, and developmental communication skills that are essential for them to become leaders and entrepreneurs who are equipped to contribute to the business world with a global perspective and the "frontier spirit", which is the founding spirit of the university.
The significance of this seminar is that as students begin their four-year study at NUCB, they first make a plan for their future and think about what they should do to achieve it in their university life. In recent years, the job hunting situation has become even more severe, and it is extremely important to make an action plan for the future in the first year seminar and to have a fulfilling student life throughout the four years. In this seminar, students will deepen their understanding of our university's founding spirit and educational policy and learn how to write essays, make presentations and do group work as well as the basics of case method education, which is one of the characteristics of our university. Through these learning experiences, students acquire basic academic skills and develop the initiative to be actively involved in a variety of activities.

Active learning, which is promoted by NUCB, refers to an output-based learning style that utilizes group study and discussion rather than an input-based learning style where knowledge is crammed into students in a one-way class. By discussing how to deal with issues based on a variety of teaching materials, students can have meaningful learning experiences such as realizing perspectives and ways of thinking that they would not have thought of on their own.
Upon successful completion of this seminar, students will be able to:
-Explain what active learning is
-Engage in independent study
-Think independently and discover problems in response to various issues
-Express their own opinions logically

本授業の該当ラーニングゴール Learning Goals

*本学の教育ミッションを具現化する形で設定されています。

LG1 Critical Thinking
LG2 Diversity Awareness
LG3 Ethical Decision Making
LG4 Effective Communication

受講後得られる具体的スキルや知識 Learning Outcomes

・建学の精神や教育方針(アクティブラーニング)への理解
・レポートの書き方の基本
・プレゼンテーションの仕方の基本
・グループワークの仕方の基本
・ケースメソッド教育の基本
・ 主体的学修力

-Understanding of the university's founding spirit and educational policy (active learning)
-Basics of academic writing
-Basics of presentation skills
-Basics of group work
-Basics of case method education
-Ability to learn proactively

SDGsとの関連性 Relevance to Sustainable Development Goals

Goal 4 質の高い教育をみんなに(Quality Education)

教育手法 Teaching Method

教育手法 Teaching Method % of Course Time
インプット型 Traditional 20 %
参加者中心型 Participant-Centered Learning ケースメソッド Case Method 80 %
フィールドメソッド Field Method 0 %
合計 Total 100 %

学習方法、レポート、課題に対するフィードバック方法 Course Approach, Report, Feedback methods

〔中央情報センター(図書館)の活用について〕
・レポート作成において活用してください。

授業スケジュール Course Schedule

第1日(Day1)

第1週:大学を知る・他者を知る:NUCBを知る、自己紹介
第2週:教育プログラムとマナー:大学内外の教育プログラム,アポイントメント/研究室訪問の仕方

第2日(Day2)

第3週:PCに慣れる・大学図書館とデータベース:LMSの使い方/メールのマナー/署名の書き方、大学図書館、データベースの使い方(資料の探し方)、本の読み方、ノートの取り方
第4週:ケースメソッド(1):アクティブラーニング、グループワーク、ディスカッション、ケースメソッド

●使用するケース
第4週:「かげぐちへの疑念」(矢部謙太郎先生作成)

第3日(Day3)

第5週:ケースメソッド(2):発言の作法
第6週:ライティング:レポートの書き方(1):レポートの基礎、構成、組み立て、問いの立て方

●使用するケース
第5週:「星空川からのSOS!!」(山本裕子先生作成)

第4日(Day4)

第7週:ライティング:レポートの書き方(2):レポート資料の探し方、論理的に書く、文章表現の仕方、参考文献の書き方
第8週:将来プランを描こう(1):自分を知る、キャリアアンカー(マインドマップ)

●使用するケース
第8週:「新聞購読しますか?」(北村貴先生作成)

第5日(Day5)

第9週:将来プランを描こう(2):キャリアデザイン/プランニング
第10週:ライティング:レポートの書き方(1):【復習】レポートの基礎、構成、組み立て、問いの立て方

第6日(Day6)

第11週:ライティング:レポートの書き方(2):【復習】レポート資料の探し方、論理的に書く、文章表現の仕方、参考文献の書き方
第12週:ライティング:レポートの書き方(3):パラグラフライティング、レジュメの作り方

第7日(Day7)

第13週:プレゼンテーション(1):効果的なプレゼンの仕方
第14週:プレゼンテーション(2):ディベートの仕方

●使用するケース
第13週:「英語ができないとダメですか?」(北村貴先生作成)

成績評価方法 Evaluation Criteria

*成績は下記該当項目を基に決定されます。
講師用内規準拠 Method of Assessment Weights
予習レポート Preparation Report 20 %
コールドコール Cold Call 0 %
授業内での挙手発言 Class Contribution 80 %
ケース試験 Case Exam 0 %
参加者による相互評価 Peer Assessment 0 %
シミュレーション成績 Simulation 0 %
小テスト Quizzes / Tests 0 %
最終レポート Final Report 0 %
期末試験 Final Exam 0 %
合計 Total 100 %

評価の留意事項 Notes on Evaluation Criteria

使用ケース一覧 List of Cases

    ケースは使用しません。

教科書 Textbook

  • 世界思想社編集部 編「大学生 学びのハンドブック[5訂版]」世界思想社(2021)9784790717492
  • レスリー-ジェーン・イールズ-レイノルズ ,ブレンダ・ジャッジ, パトリック・ジョーンズ, エレイン・マックリーリー「大学生のためのクリティカルシンキング:学びの基礎から教える実践へ」北大路書房(2019)9784762830884

参考文献・資料 Additional Readings and Resource

・バーバラ・ミント『考える技術・書く技術 新版』ダイヤモンド社、1999年、ISBN978-4478490273
・牧田幸裕『名古屋商科大学ビジネススクール ケースメソッドMBA実況中継 01 経営戦略とマーケティング』ディスカヴァー・トゥエンティワン、2020年、ISBN978-4799325834
・高木晴夫『名古屋商科大学ビジネススクール ケースメソッドMBA実況中継 02 リーダーシップ』ディスカヴァー・トゥエンティワン、2020年、ISBN978-4799325841
・小山龍介『名古屋商科大学ビジネススクール ケースメソッドMBA実況中継 03 ビジネスモデル』ディスカヴァー・トゥエンティワン、2020年、ISBN978-4799326640
・岩澤誠一郎『名古屋商科大学ビジネススクール ケースメソッドMBA実況中継 04 行動経済学』ディスカヴァー・トゥエンティワン、2020年、ISBN978-4799326718

授業調査に対するコメント Comment on Course Evaluation

授業調査の結果を受けとめ、よりよい授業を目指します。

担当教員のプロフィール About the Instructor 

人間・環境学博士(京都大学)
臨床心理士 第08552号(公益財団法人 日本臨床心理士資格認定協会)
公認心理師 第1927号
専門:臨床心理学・教育心理学

Doctor of Human and Environmental Studies, Kyoto University
Certified Clinical Psychologist (No.08552)
Licensed Psychologist (No. 1927)
Specialty: Clinical psychology; educational psychology

(実務経験 Work experience)

1997年4月~1999年3月 国立病院機構 宇多野病院 非常勤心理技術士
1999年4月~2002年3月 京都中央看護専門学校 非常勤講師「臨床心理学」「精神保健」、学生相談室担当



1997-1999. Part-time psychologist at National Hospital Organization Utano National Hospital.
1999-2002. Part-time lecturer at Kyoto-Chuo Nursing school.(Clinical psychology; mental health; counseling psyhologist)

Refereed Articles

  • (2021) Alcohol-impaired Walking in 16 Countries: A Theory-Based Investigation. Accident Analysis & Prevention (159): 0001-4575
  • (2021) Negative emotions about climate change are related to insomnia symptoms and mental health: Cross-sectional evidence from 25 countries. Current psychology
  • (2020) Utilizing the Intellectual Heritage of the General Education(12). Journal of Japan Association for College and University Education 42(2):
  • (2020) Assessing Knowledge-Based and Perceived Health Literacy Among Japanese Adolescents: A Cross-Sectional Study. Global Pediatric Health 7
  • (2019) Effectiveness of non-expert idea creation activities for product development. Development Engineering 39(1):






ページ上部へ戻る