シラバス Syllabus

授業名 SEMINAR 3
Course Title SEMINAR 3
担当教員 Instructor Name 趙 貴花(Guihua Zhao)
コード Couse Code NUC023_N21A
授業形態 Class Type 演習 Practicum
授業形式 Class Format On Campus
単位 Credits 2
言語 Language EN
科目区分 Course Category 共通専門教育科目300系 / Specialized Subject 300
学位 Degree BSc
開講情報 Terms / Location 2021 UG Nisshin Spring

授業の概要 Course Overview


This seminar assists students to foster a "Frontier Spirit", which is the mission of the university. In order to play an active role in the global society and acquire the power to survive in a rapidly changing era, we will know ourselves more deeply and understand the various societies better.
The goal of Seminar 3 is to develop and polish the seminar thesis written in the second year, and prepare the graduation thesis. Beyond writing a well-structured thesis, students will learn how to collect and analyze data through presentations, group discussions, and individual or group advice.
.

本授業の該当ラーニングゴール Learning Goals

*本学の教育ミッションを具現化する形で設定されています。

LG1 Critical Thinking
LG2 Diversity Awareness
LG3 Ethical Decision Making
LG4 Effective Communication
LG7 International Perspectives (BA)

受講後得られる具体的スキルや知識 Learning Outcomes


If students complete the seminar successfully, students will be able to comprehend the methodology of cultural anthropology and obtain a better ability to think logically.

SDGsとの関連性 Relevance to Sustainable Development Goals

Goal 4 質の高い教育をみんなに(Quality Education)

教育手法 Teaching Method

教育手法 Teaching Method % of Course Time
インプット型 Traditional 50 %
参加者中心型 Participant-Centered Learning ケースメソッド Case Method 20 %
フィールドメソッド Field Method 30 %
合計 Total 100 %

学習方法、レポート、課題に対するフィードバック方法 Course Approach, Report, Feedback methods

毎回の授業で紹介される次回授業の文献・資料を熟読し、授業に出席することです。
授業後に授業の内容をまとめたメモを作成してください。
レポートのフィードバックについては、必要に応じて講義内でコメントをつけて返却するかオフィスアワーに研究室で個別に指導します。

授業スケジュール Course Schedule

第1日(Day1)

今年度の内容に関する説明。
2年次のレポート(コメント付き)を返す。

第2日(Day2)

文献を読んで議論する。

第3日(Day3)

文献を読んで議論する。

●使用するケース
ケース:フィールドワークに関して

第4日(Day4)

グループワークを行う。

第5日(Day5)

グループワークを行う。

第6日(Day6)

フィールドワークのレポートの作成。

第7日(Day7)

卒論の執筆。

成績評価方法 Evaluation Criteria

*成績は下記該当項目を基に決定されます。
講師用内規準拠 Method of Assessment Weights
予習レポート Preparation Report 20 %
コールドコール Cold Call 0 %
授業内での挙手発言 Class Contribution 30 %
ケース試験 Case Exam 0 %
参加者による相互評価 Peer Assessment 10 %
シミュレーション成績 Simulation 0 %
小テスト Quizzes / Tests 0 %
最終レポート Final Report 40 %
期末試験 Final Exam 0 %
合計 Total 100 %

評価の留意事項 Notes on Evaluation Criteria

使用ケース一覧 List of Cases

    ケースは使用しません。

教科書 Textbook

  • 佐藤郁哉「フィールドワークの技法:問いを育てる、仮説をきたえる」新曜社(2002)978-4-7885-0788-3

参考文献・資料 Additional Readings and Resource

.

授業調査に対するコメント Comment on Course Evaluation

.

担当教員のプロフィール About the Instructor 

・学位と取得大学
修士(教育学)東京大学
博士(教育学)東京大学
・研究分野
教育人類学、アジア研究、移民研究
・主な著書
『移動する人びとの教育と言語:中国朝鮮族のエスノグラフィー』2016、趙貴花、三元社
・主な論文
「元日本留学生の朝鮮族の国際移動と子どもの教育:転校をめぐる教育戦略と葛藤」『東アジア教育研究』第7巻、
 2019年1月
「高学歴中国朝鮮族の移動:先を見つめる子育てとハイブリッド・アイデンティティ」日本国際文化学会編『イン
ターカルチュラル11』、2013年3月





Refereed Articles

  • (2021) Migrants and Their Languages in East Asia. Annual Review of the Japan Society for Intercultural Studies 19 978-4-86258-119-8
  • (2019) International Migration of Ex- International Students of the Korean Chinese parents and Their Children Education: Educational Strategies and Conflicts on Transfer. The Journal of East Asian Educational Research 7
  • (2013) Education and Language of Migrants: An Ethnography of Korean Chinese. The University of Tokyo






ページ上部へ戻る