シラバス Syllabus

授業名 SEMINAR 4
Course Title SEMINAR 4
担当教員 Instructor Name 鎌田 真弓(Mayumi Kamada)
コード Couse Code NUC020_N21B
授業形態 Class Type 演習 Practicum
授業形式 Class Format On Campus
単位 Credits 2
言語 Language EN
科目区分 Course Category 共通専門教育科目300系 / Specialized Subject 300
学位 Degree BSc
開講情報 Terms / Location 2021 UG Nisshin Fall

授業の概要 Course Overview


It is indispensable for business leaders to have wider scopes in social issues, and to think logically in analyzing present and future problems. It is also important to appreciate diversity in cultures and values. This course fosters students' understanding of global issues, as well as enhances their critical thinking and communication skills.
The objective of the seminar is to make students comprehend various social issues with global perspectives. Students are expected to develop receptive mind towards diversity, to foster critical thinking and ethical attitudes, and to acquire communication skills with people of different cultural backgrounds.
In Seminar 4, students undertake further research on their research questions. They are expected to read critically the literature and write a few chapters of their theses.

本授業の該当ラーニングゴール Learning Goals

*本学の教育ミッションを具現化する形で設定されています。

LG1 Critical Thinking
LG2 Diversity Awareness
LG3 Ethical Decision Making
LG4 Effective Communication
LG7 International Perspectives (BA)

受講後得られる具体的スキルや知識 Learning Outcomes


In Seminar 4, students narrow down their research question and start their projects. They are expected to enhance academic skills, in particular, critical reading and academic writing.

SDGsとの関連性 Relevance to Sustainable Development Goals

Goal 4 質の高い教育をみんなに(Quality Education)

教育手法 Teaching Method

教育手法 Teaching Method % of Course Time
インプット型 Traditional 10 %
参加者中心型 Participant-Centered Learning ケースメソッド Case Method 90 %
フィールドメソッド Field Method 0 %
合計 Total 100 %

学習方法、レポート、課題に対するフィードバック方法 Course Approach, Report, Feedback methods

 セミナーは、自学自習方法を学ぶ場ですから、授業時間以上の自主的な学習が必要です。セミナー4からは卒論作成に本格的に取り組みますので、毎週5時間以上の自主学習が必要になります。
授業は、卒論研究のプレゼンテーションとディスカッションを中心に行います。課外での情報収集など主体的に取り組み、他学生のプレゼンテーションやディスカッションから学ぶ姿勢を大切にしてください。
卒論のドラフトはコメントを付して返却し、修正を指示します。個別の質問に関してはオフィスアワーも活用してください。
図書館には卒論研究に必要な多くの参考図書が所蔵されていますし、また「相互貸借」などを活用して図書館を通して様々なデータや論稿を入手してください。

授業スケジュール Course Schedule

第1日(Day1)

アカデミック・リサーチ、プレゼンテーション
文献サーベイ、アカデミック・プレゼンテーション
1. 卒論研究に必要な基本的な文献の収集をします。CiNiiや学内データベースを使って学術論文なども検索・入手します。
2. 前期に作成したアウトラインを使って、プレゼンテーションを作成します。地図や図表の作成をして、より高度なプレゼンテーション・スキルを習得してください。


第2日(Day2)

クリティカル・リーディング
1. 卒論研究の参考文献を使って、読み方やまとめ方を練習します。
2. 各自の論文テーマに沿った雑誌記事や学術論文を入手し、学術的な視点から読み解く練習をします。


第3日(Day3)

ディスカッション、ディベート
1. それぞれの卒論のテーマでクラス・ディスカッションをします。
2. 各人の提案したテーマでディベートを行います。


●使用するケース
弘さんの留学体験(鎌田作成)

第4日(Day4)

アカデミック・リーディング、ライティング
1. 卒論の参考文献を使って内容をまとめ発表することによって、批判的考察力を養います。
2. 論文の書き方を習得します。作図や作表の方法も習得してください。


第5日(Day5)

アカデミック・プレゼンテーション
1. 各自の研究テーマで研究成果の発表を行います。レジュメの書き方も習得します。
2. 各自の研究テーマで研究成果の発表を行います。


第6日(Day6)

アカデミック・プレゼンテーション
1. 各自の研究テーマで研究成果の発表を行います。
2. 各自の研究テーマで研究成果の発表を行います。


第7日(Day7)

アカデミック・ライティング、プレゼンテーション
1. 各自の研究テーマで研究成果の発表を行います。卒業予備論文提出。論文の書き方や書式を確認します。
2. 研究成果を発表します。


成績評価方法 Evaluation Criteria

*成績は下記該当項目を基に決定されます。
講師用内規準拠 Method of Assessment Weights
予習レポート Preparation Report 20 %
コールドコール Cold Call 0 %
授業内での挙手発言 Class Contribution 40 %
ケース試験 Case Exam 0 %
参加者による相互評価 Peer Assessment 0 %
シミュレーション成績 Simulation 0 %
小テスト Quizzes / Tests 0 %
最終レポート Final Report 40 %
期末試験 Final Exam 0 %
合計 Total 100 %

評価の留意事項 Notes on Evaluation Criteria

卒論研究のプロセスでの提出物が多くあります。提出物は課外での研究成果として評価します。締切は厳守です。
 発表を傾聴することもコミュニケーション能力の1つです。プレゼンテーションや提出物だけでなく、発表への質問・コメント、あるいはディスカッションへも評価の対象となります。

使用ケース一覧 List of Cases

    ケースは使用しません。

教科書 Textbook

  • 世界思想社編集部「大学生学びのハンドブック」世界思想社(2015) 978-4790716471

参考文献・資料 Additional Readings and Resource

佐藤望 編著『アカデミック・スキルズ:大学生のための知的技法入門』慶應義塾大学出版会、2012年、ISBN:978-4-7664-1960-3
戸田山和久『新版論文の教室ーレポートから卒論まで』NHKブックス、2012年、ISBN: 978-4140911945
松野弘『大学生のための知的勉強術』講談社現代新書、2010年、ISBN:978-4-06-288046-6

授業調査に対するコメント Comment on Course Evaluation

特に大きな問題はありませんが、セミナーでは英語の資料やディスカッションも取り入れて、英語力の向上も図りたいと思います。

担当教員のプロフィール About the Instructor 

学位:
修士(国際関係学)津田塾大学
MPhil(Asian Studies) グリフィス大学
PhD(International Relations)オーストラリア国立大学

研究分野:
オーストラリア研究、国際政治学、国際関係論
特にオーストラリアのナショナリズム(先住民問題、戦争の記憶)および境界研究に関心をもつ。

Academic degrees:
MA (International Relations) Tsuda College, Tokyo, Japan
MPhil (Asian Studdies) Griffith University, Brisbane, Australia
PhD (International Relations) Australian National University> Canberra, Australia

Fields of Research
Australian Studies, International Politics, International Relations
In particular she is interested in Nationalism in Australia (including Indigenous issues and memory of wars), and Border Studies.

Refereed Articles

  • (2020) Kaken Final Report:Dynamism of the Marine Frontier: territorialization of Australia's northern waters and subsistence tactics of the people in the border regions. Grants-in-Aid for Scientific Research - JSPS
  • (2020) Jiro Muramats (1878-1943): A Japanese Businessman in Australia. Grants-in-Aid for Scientific Research - JSPS
  • (2019) Records of Japanese in the Internment camps in Australia during the Pacific War. A book funded by the Grants-in-Aid for Scientific Research
  • (2017) Dynamism of Transborder Migration in the Arafura Sea Region: Customary Knowledge Across the National Boundaries. Grants-in-Aid for Scientific Research - JSPS
  • (2017) Memory of the Bombing of Darwin: Remembering the Frontline of National Defence. Sociology of Warfare 1 978-4-585-23281-0






ページ上部へ戻る