シラバス Syllabus

授業名 SEMINAR 3
Course Title SEMINAR 3
担当教員 Instructor Name 池田 美佐子(Misako Ikeda)
コード Couse Code NUC020_N21A
授業形態 Class Type 演習 Practicum
授業形式 Class Format On Campus
単位 Credits 2
言語 Language EN
科目区分 Course Category 共通専門教育科目300系 / Specialized Subject 300
学位 Degree BSc
開講情報 Terms / Location 2021 UG Nisshin Spring

授業の概要 Course Overview


This course intends to develop the ability to understand cultural diversity and to think critically. This ability is essential for the global leaders that the NUCB mission envisions.
Common theme of the seminar: Cultures and Societies in the World

Goals of the seminar:
1. To write a graduation thesis
Students can choose any topic based on their own interest. But It should have a global perspective.
2. To acquire the ability to conduct effective communication and to think matters critically.
Students are encouraged to actively participate in class discussions and to develop leadership.
3. To think of future career and prepare for it.
Students are encouraged to start to think their own future career as early as possible. In the third-year class students learn how to write entry sheets and prepare for interviews and group discussions.
Students will be able to understand diversity in a globalizing society and to acquire the skills of effective communication and critical thinking through class discussions and thesis writing.

本授業の該当ラーニングゴール Learning Goals

*本学の教育ミッションを具現化する形で設定されています。

LG1 Critical Thinking
LG2 Diversity Awareness
LG3 Ethical Decision Making
LG4 Effective Communication
LG7 International Perspectives (BA)

受講後得られる具体的スキルや知識 Learning Outcomes


・発言や討論を通して積極性や思考力が身につく
・プレゼン能力が身につく
・論理的な文章を書くことができる

SDGsとの関連性 Relevance to Sustainable Development Goals

Goal 10 人や国の不平等をなくそう(Reduced Inequality)

教育手法 Teaching Method

教育手法 Teaching Method % of Course Time
インプット型 Traditional 20 %
参加者中心型 Participant-Centered Learning ケースメソッド Case Method 80 %
フィールドメソッド Field Method 0 %
合計 Total 100 %

学習方法、レポート、課題に対するフィードバック方法 Course Approach, Report, Feedback methods

⚫ 準備学習: 事前学習においては、参考文献など関連の本をしっかり読む。事後学習においては、授業中に配布されたプリントなどで復習し、場合によっては授業内容を扱ったインターネット情報やテレビ番組なども積極的に探して観てほしい。わからないことは授業中やメールで質問してほしい。事前および事後学習は各100分とする。
⚫ 課題に対するフィードバック: 論文は丁寧にコメントを付して返却する。
⚫ 中央情報センターの活用: セミナー論文作成のために、情報センターの文献のみならず、新聞、雑誌、データベースを積極的に活用してほしい。

授業スケジュール Course Schedule

第1日(Day1)

第1週 オリエンテーション
第2週 セミナー論文の返却と書き直しのコメント(1)


第2日(Day2)

第3週 セミナー論文の返却と書き直しのコメント(2)
第4週 セミナー論文の返却と書き直しのコメント(3)

第3日(Day3)

第5週 グループワーク説明と準備
第6週 グループワーク発表(1)


第4日(Day4)

第7週 グループワーク発表(2)
第8週 グループワーク発表(3)

第5日(Day5)

第9週 グループワーク発表(4)
第10週 グループワーク発表(5)

第6日(Day6)

第11週 グループワーク発表(6)
第12週 グループワーク発表(7)

第7日(Day7)

第13週 グループワーク発表(8)
第14週 グループワーク発表(9)

成績評価方法 Evaluation Criteria

*成績は下記該当項目を基に決定されます。
講師用内規準拠 Method of Assessment Weights
予習レポート Preparation Report 0 %
コールドコール Cold Call 0 %
授業内での挙手発言 Class Contribution 50 %
ケース試験 Case Exam 0 %
参加者による相互評価 Peer Assessment 50 %
シミュレーション成績 Simulation 0 %
小テスト Quizzes / Tests 0 %
最終レポート Final Report 0 %
期末試験 Final Exam 0 %
合計 Total 100 %

評価の留意事項 Notes on Evaluation Criteria

積極的な発言を重視する

使用ケース一覧 List of Cases

    ケースは使用しません。

教科書 Textbook

  • NA「教科書の代わりに担当者が作成したレジュメおよびワークシートを使用する」NA(NA)

参考文献・資料 Additional Readings and Resource

久米昭元・長谷川典子『ケースで学ぶ異文化コミュニケーション』有斐閣選書、2007年。ISBN 978-4- 641-28108-0
鍋倉健悦『異文化間コミュニケーション入門』丸善ライブラリー、2009年。 ISBN 978-4-621-08096-2
原沢伊都夫『異文化理解入門』研究社、2016年。
八代京子(他)『異文化コミュニケーションワークブック』三修社、2002年。ISBN 4-384-01851-7
八代京子(他)『異文化トレーニング』三修社、2002年。ISBN 4-384-01080-X

授業調査に対するコメント Comment on Course Evaluation

個別に丁寧に指導する。

担当教員のプロフィール About the Instructor 

●学位:
・修士(国際関係学) 津田塾大学
・修士(中東研究) ブランダイス大学
・博士(歴史学/ 中東研究) ハーバード大学

●研究分野 :
中東研究、エジプト近現代史


●Academic Degree:
・MA (International Relations) Tsuda College
・MA (Middle East Studies) Brandeis University
・Ph.D. (History/Middle East Studies) Harvard University

●Research Area:
Middle East Studies、Modern History of Egypt

Refereed Articles

  • (2014) parliamentary records in Monarchical Egypt: their values and database. "Asian Studies for Tomorrow" by Research and Information Center for Asian Studies, Institute for Advanced Studies on Asia, University of Tokyo (31):
  • (2012) Development of Democracy And Parliamentary Records in Egypt. Journal of Oriental Studies 94(2): 0386-9067
  • (2011) The Development of Democratic Institutions in Egypt: Constitutions and Parliaments. Review of Modern Ideas 39(4):
  • (2011) Al-Hayat : Freedom means Dignity in the Battle for Maidan Tahrir. Review of Modern Ideas 39(4):

Refereed Proceedings

  • (2020). Comments and Discussions on Papers by Yakoob Ahmed and Tomonori Sato. Toyo Bunko E-Resource Network Storage .The 8th International Symposium Inter-Asia Research Networks: Structural Changes in Modern Middle East. 1. 2. The Toyo Bunko






ページ上部へ戻る