シラバス Syllabus

授業名 Aligning Strategy & Sales
Course Title Aligning Strategy & Sales
担当教員 Instructor Name 牧田 幸裕(Yukihiro Makita)
コード Couse Code GMP108_G21N
授業形態 Class Type 講義 Regular course
授業形式 Class Format On Campus
単位 Credits 2
言語 Language JP
科目区分 Course Category 応用科目200系 / Applied
学位 Degree EMBA
開講情報 Terms / Location 2021 GSM Nagoya Spring

授業の概要 Course Overview

Mission Statementの「ビジネス界や社会の発展をもたらす知識の創出をすること」を実現することを本講義では目的とする。
経営戦略とは何か。全社戦略とは何か。事業戦略とは何か。競争戦略とは何か。マーケティング戦略とは何か。営業戦略とは何か。MBAで学ぶ「戦略」には様々なものがある。そして、それらの戦略の関係はどうなっているのか。上下関係はあるのか。前後関係はあるのか。本講義では、MBAで学ぶ「戦略」の関係性を明らかにし、どう整合性を担保すればよいのかを検討する。「戦略」とは、バラバラのものではない。一気通貫した整合性により、競争力の優位性を獲得することができる。
受講生は、以下のスキルを獲得できる。

Participants in this class will create the knowledge which contributes the progress of Japanese business market.
In my class, always check the correlation between Management Strategy, Corporate Strategy, Business Strategy, Competitive Strategy, Marketing Strategy and Sales Strategy. If we want to get competitive advantage in business, we need to get the integrity of these strategies. So, in my class, we will make it clear the relation and correlation between Management Strategy, Corporate Strategy, Business Strategy, Competitive Strategy, Marketing Strategy and Sales Strategy.
Participants in this class acquire skills below.

本授業の該当ラーニングゴール Learning Goals

*本学の教育ミッションを具現化する形で設定されています。

LG1 Critical Thinking
LG2 Diversity Awareness
LG3 Ethical Decision Making
LG4 Effective Communication
LG5 Executive Leadership (EMBA)

受講後得られる具体的スキルや知識 Learning Outcomes

・“戦略”間の上下関係、前後関係
・経営戦略で使用される基本コンセプト、フレームワークの理解
・フレームワークの理解をもとにしたケース分析能力の向上

・Understand the relation and correlation between Management Strategy, Corporate Strategy, Business Strategy, Competitive Strategy, Marketing Strategy and Sales Strategy
・Understand how to apply basic concepts and frameworks to business case in business strategy
・Analysis by basic concepts and frameworks of business strategy.

SDGsとの関連性 Relevance to Sustainable Development Goals

Goal 4 質の高い教育をみんなに(Quality Education)

教育手法 Teaching Method

教育手法 Teaching Method % of Course Time
インプット型 Traditional 30 %
参加者中心型 Participant-Centered Learning ケースメソッド Case Method 70 %
フィールドメソッド Field Method 0 %
合計 Total 100 %

学習方法、レポート、課題に対するフィードバック方法 Course Approach, Report, Feedback methods

講義参加までに、すべての教科書を完全にマスターしておくこと。フレームワークの理解なしに、この講義は理解できない。
全てのケースで問いに対する回答をレポートすること。シンプルでロジカルな構成を評価する。冗長で不要な記述は大幅に減点する。レポートはもちろん一生懸命頑張るべきだが、その出来が不十分でもそれほど低くは評価しない。大切なことは、クラスに参加し、9:20と16:40で成長を感じられることである。
・レポート提出方法
10:00までにGoogle Classroomに提出すること。レポートはワードで作成すること。

授業スケジュール Course Schedule

第1日(Day1)

1. 「戦略」の上下関係、前後関係
2. 事業戦略とマーケティング戦略の整合性

●使用するケース
ケース#1:フレッシュネスバーガー 成熟市場における後発企業の参入戦略

第2日(Day2)

3. 競争戦略とマーケティング戦略の整合性(1)
4. 成長戦略とマーケティング戦略の整合性

●使用するケース
ケース#2:トリンプ・インターナショナル/ワコール 女性下着業界の競争戦略
ケース#3:IBMの企業再建

第3日(Day3)

5. 競争戦略とマーケティング戦略の整合性(2)
6. 競争戦略とマーケティング戦略の整合性(3

●使用するケース
ケース#4:マクドナルド
ケース#5:LVMH モエヘネシールイヴィトン

第4日(Day4)

7. 事業戦略とマーケティング戦略、営業戦略の整合性
8. マーケティング戦略と営業戦略の融合

●使用するケース
ケース#6:ユニ・チャーム株式会社 2011
ケース#7:ヤン・力一ルソン & スカンジナビア航空

第5日(Day5)



第6日(Day6)



第7日(Day7)



成績評価方法 Evaluation Criteria

*成績は下記該当項目を基に決定されます。
講師用内規準拠 Method of Assessment Weights
予習レポート Preparation Report 10 %
コールドコール Cold Call 0 %
授業内での挙手発言 Class Contribution 80 %
ケース試験 Case Exam 0 %
参加者による相互評価 Peer Assessment 0 %
シミュレーション成績 Simulation 0 %
小テスト Quizzes / Tests 10 %
最終レポート Final Report 0 %
期末試験 Final Exam 0 %
合計 Total 100 %

評価の留意事項 Notes on Evaluation Criteria

使用ケース一覧 List of Cases

    ケースは使用しません。

教科書 Textbook

  • 牧田幸裕「フレームワークを使いこなすための50問」東洋経済新報社(2009)
  • 牧田幸裕「デジタルマーケティングの教科書」東洋経済新報社(2017)
  • 牧田幸裕「ポーターの『競争の戦略』を使いこなすための23問」東洋経済新報社(2012)

参考文献・資料 Additional Readings and Resource

 

授業調査に対するコメント Comment on Course Evaluation

 

担当教員のプロフィール About the Instructor 

京都大学経済学部卒業、京都大学大学院経済学研究科修了。ハーバード大学経営大学院エグゼクティブ・プログラム(GCPCL)修了。アクセンチュア戦略グループ、サイエント、ICGなど外資系企業のディレクター、ヴァイスプレジデントを歴任。2003年、日本IBM(旧IBMビジネスコンサルティングサービス)へ移籍。インダストリアル事業本部クライアント・パートナー。主にエレクトロニクス業界、消費財業界を担当。IBMでは4期連続最優秀インストラクター。2006年、信州大学大学院 経済・社会政策科学研究科助教授。2007年、信州大学大学院 経済・社会政策科学研究科准教授。2012年、青山学院大学大学院 国際マネジメント研究科 非常勤講師。2016年、長野市産業振興審議会 副会長。2018年7月より現職。

Specialized Field
経営戦略、マーケティング、デジタルマーケティング

Academic Background
M.A. in Economics, Kyoto University

Publications
『教わる力』(2018,ディスカヴァー・トゥエンティワン)
『デジタルマーケティングの教科書』(2017,東洋経済新報社)
『すべての「学び」の前に鍛えるべきは、「教わる力」である。』(2015,ディスカヴァー・トゥエンティワン)
『30秒で「思いが伝わる」技術』(2013,PHP研究所)
『得点力を鍛える』(2012,東洋経済新報社)
『ポーターの『競争の戦略』を使いこなすための23問』(2012,東洋経済新報社)
『ラーメン二郎にまなぶ経営学』(2010,東洋経済新報社)
『フレームワークを使いこなすための50問』(2009,東洋経済新報社)
『ユビキタス革命』(2002,日経BP)

Professor Yukihiro Makita graduated from School of Economics at Kyoto University, and obtained his master's degree in Business Administration at Kyoto University. His main topic of research is the business strategy, corporate strategy, marketing and digital marketing. His most recent research focuses on digital marketing and next generation channel. He has authored number of books, research papers and articles on business strategy and marketing.

Specialized Field
Business Strategy, Marketing and Digital Marketing

Academic Background
M.A. in Economics, Kyoto University

Publications
『教わる力』(2018,ディスカヴァー・トゥエンティワン)
『デジタルマーケティングの教科書』(2017,東洋経済新報社)
『すべての「学び」の前に鍛えるべきは、「教わる力」である。』(2015,ディスカヴァー・トゥエンティワン)
『30秒で「思いが伝わる」技術』(2013,PHP研究所)
『得点力を鍛える』(2012,東洋経済新報社)
『ポーターの『競争の戦略』を使いこなすための23問』(2012,東洋経済新報社)
『ラーメン二郎にまなぶ経営学』(2010,東洋経済新報社)
『フレームワークを使いこなすための50問』(2009,東洋経済新報社)
『ユビキタス革命』(2002,日経BP)







ページ上部へ戻る